<< Behind the Scene 10周年 | main | FM-elect Aoshima Mirai >>

Liquidation on the Chess Board

GM Joel Benjaminによるこの本は、タイトルだけ見ると内容が分かりにくいかもしれません。

 

liquidationは「清算」という意味で、駒交換を指します。エンドゲーム一歩手前のところでピースを交換するべきかしないべきか、どのように交換するべきか?

 

駒を交換した後のポーンエンディングが勝ちなのか、負けなのか、ドローなのか、ここに焦点が当てられているので、実体はポーンエンディングの本です。ポーンエンディングは1手でも見落としたり読み間違いしたりすると結果が180度変わってしまうので、特に正確なcalculationの力が必要です。

 

私も実戦でいくらか経験があります。例えば、次の例。

 

liq1.gif

          Tang T. (1885) - Baba M. (2232)

                                   松戸Ch. 2007

                      position after 68. Qe4+

 

このクイーンエンディングは普通に指せばドローですが、まだ勝ちを目指していた私はドローを嫌い、ここで大きなミスをしました。

 

69...Kd8?? 70. Qd4!

 

liq2.gif

 

正しいクイーン交換です。交換後のポーンエンディングは白勝ちです

 

70…Kc7 71. Qxd7+ Kxd7

 

liq3.gif

 

白は数的優位なクイーンサイドでパスポーンを作ることができるのに対し、黒は数的優位なキングサイドでパスポーンを作ることができません。

 

72. Kf4 Kd6 73. Kf5 Ke7 74. Kg6 Kf8 75. c4! 1-0

 

liq4.gif

 

b4-c5と伸ばしてcポーンをパスポーンにすれば白勝ちです。

 

 

もう1例を。

 

liq5.gif

     Baba M. (2355) – Kobayashi A. (2213)

                                      松戸 2016

                        position after 54. Rf5

 

ポーンストラクチャーで白良しですが、白キングは遠くにいますし白が勝てるかどうかは定かではありません。厚彦くんはルーク交換できると読んで交換にのぞみますが、これは私の仕掛けた罠でした。もし、最後の手が見えていたら、54...Ra3+とルーク交換を避けていたでしょう。

 

54…Re5+?! 55. Kxa6 Rxf5? 56. gxf5

 

liq6.gif

 

白のポーンはバラバラで、さらにキングで守りにいけません。黒はこれらのポーンを全て回収してfのダブルポーンだけ残るように見えますが

 

56...Ke5 57. h5 Kxf5 58. f4! 1-0

 

liq7.gif

 

Zugzwang. 58...Kxf4 59. h6でパスポーンが止まりません。美しい最終図だと思います。

 

 

本書の構成ですが、ポーンエンディングに移行する前の駒割りによって、12chapterに分かれています。

 

Chapter1 - Queen Endings

Chapter2 - Rook Endings

Chapter3 - Bishop Endings

Chapter4 - Knight Endings

Chapter5 – Bishop versus Knight Endings

Chapter6 – Rook & Minor Piece Endings

Chapter7 – Two minor Piece Endings

Chapter8 – Major Piece Endings

Chapter9 – Queen & Minor Piece Endings

Chapter10 – Three or More Piece Endings

Chapter11 – Unbalanced Material Endings

 

残っているピースの種類によって、少しずつポーンストラクチャーが違ってくるので、そういう見方で各chapterの特色をとらえてみるのも面白いと思います。

 

また、それぞれのchapterにはexerciseがついています。当然、ピースを交換するのは分かっているので、交換後のポーンエンディングがどうなのか、そこのトレーニングがメインとなります。

 

 

Joel Benjaminはベテランのプレーヤー・トレーナーであり、さすがとも言うべきか、1冊にポーンエンディングのエッセンス(zugzwangbreakthroughrace etc)を良くまとめています。Chess Journalists of America2015年のBest Book Awardも受賞している著作であり、特にポーンエンディングが苦手な方におススメの1冊です。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM