<< 百傑戦 2017 | main | IV League 2017/6 >>

IV League 2017/4

今回のIVLは、4月初旬にPaulが来日するということで、そのタイミングに合わせて開催されました。昨年5月以来の開催と、少し間が空いたため、首を長くして開催を待っていた多くのトッププレーヤーが表参道に集いました。

 

Paulとの再会は実に8年ぶりで、前回、2009年にPaulが日本にいた時には当たらなかったので、今回のゲームが初めての対戦となりました。私自身、このゲームを非常に楽しみにしていました。

 

Baba,Masahiro (2389)

Iinuma,Paul (2190)

IV League 2017(3)

 

1.e4 d6

[Pirc? 私はSicilianを予測していたので初手から驚きです。]

2.d4 Nf6 3.Nc3 e5

[Philidor! データベースを調べた限り、PaulPhilidorを指したことは無かったはずなので、さらなる驚きです。]

4.Nf3

[4.dxe5 dxe5 5.Qxd8+ Kxd8はさほど問題なく黒はイコアライズできます。]

4...Nbd7 5.Bc4 Be7

Paul1.gif

6.00

[ここは6.Bxf7+の誘惑に駆られますが、6...Kxf7 7.Ng5+ Kg8 8.Ne6 Qe8 9.Nxc7 Qg6は黒の望む展開です。]

6...00 7.h3 c6 8.a4 b6 9.Qe2 Bb7 10.Rd1

Paul2.gif

[Philidorを調べていると、本譜のQe2-Rd1のセットアップは、自然な9.Re1セットアップより攻撃的ということが分かりました。d4をルークで支え、Nh4Nf5を目指します。]

10...Qc7 11.Nh4 Rfe8 12.Nf5 Bf8?

[この自然な1手が白の隠されたタクティクスを成立させるとは、にわかには信じがたいです。]

Paul3.gif

13.Bxf7+!!

[スペクタクルムーブ!私はこのアイディアを知っていましたが、実戦で遂行するとなると、少しの読みと駒を捨てる勇気が必要です。]

13...Kxf7 14.Qc4+ Re6

[14...Kg6? 15.Nh4+ Kh5 16.Qe2+! Kxh4 17.Kh2! は次の手でメイトです。

Paul4.gif

ANALYSIS  DIAGRAM

これは盤上できちんと読み切りました。

また、14...d5 15.exd5 b5 16.Nxb5! (16.axb5? Nb6!) も白勝ちです。]

15.d5 Ree8?!

[おそらく黒は15...Nc5 16.dxe6+ Nxe6 17.Be3±とエクスチェンジダウンで戦うしかなかったと思います。]

16.Nb5!

Paul5.gif

[Paulはこの手を見落としていました。cファイルのピンを最大限に利用します。]

16...Ba6 17.dxc6+ d5 18.Rxd5!

Paul6.gif

[dファイルを食い破ります。18.exd5 Bxb5 19.axb5 Bd6 20.Nxd6+ Qxd6 21.cxd7 Qxd7なら、黒はかろうじて耐えています。]

18...Re6

[18...Nxd5 19.Qxd5++-; 18...Bxb5 19.Rxd7+ Kg6 20.Qf7#]

19.Rxd7+! Nxd7

Paul7.gif

20.Qxe6+!

[白の一連の手はさほど見つけるのが難しいわけではありませんが、正確で勢いがあると思います。]

20...Kxe6 21.Nxc7+ Kf7 22.cxd7

Paul8.gif

[ナイトフォークを残し、最終的には白の2ピースアップとなります。]

22...Rd8 23.Nxa6 Rxd7 24.Be3 10


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM