<< クラブ選手権 2015 | main | 2015総括 >>

IV League 2015/12

先週、今年最後のIVLが開催されました。おそらく今年の最後の試合となる最終ラウンドは、シャープなナイドルフのゲームになりました。
 
Habu,Yoshiharu (2415,FM)
Baba,Masahiro (2305)

IV League 2015(5)
 
1.e4 c5 2.Nf3 d6 3.d4 cxd4 4.Nxd4 Nf6 5.Nc3 a6 6.Be3 e5 7.Nb3 Be7 8.f3 Be6 9.Qd2 00 10.000 Nbd7 11.g4 b5 12.g5 b4 13.Ne2 Ne8 14.f4 a5 15.f5

15...Bxb3 16.cxb3 a4 17.bxa4 Rxa4 18.Kb1 Rxa2! 19.Nc1! Ra8 20.Nb3 Qb8 21.Bc4 Nb6

[ここまで全て2012年のRocca PrioraでのCarnicelliとのゲームと同じであり、セオリー通りです。18...Rxa2に対して19.Kxa2と取るとどうなるかなど、オープニングの詳しい解説は、http://chessplayer.jugem.jp/?eid=792にあります。次の手で上記ゲームの継続手から外れ、どう指していくか、自分の頭で考えることになります。] 22.Qxb4 Nxc4 23.Qxc4 Qb7 [e4を狙いつつ、bファイルからに大駒を重ねてのアタックを見据えて、b8のマスを空けることにしました。] 24.Rhg1 d5!

[白はキングサイドからのアタックの準備を整え、次のf5-f6がスレットになっています。ここは急ぐ必要があると感じ、ポーンを捨て、黒の悩みの種であるe8のナイトをプレーに参加させます。このd6-d5のサクリファイスは、このラインでしばしばカギになる手で、突くタイミングをずっとうかがっていました。] 25.Rxd5 [25.exd5? Nd6 26.Qd3 Rfb8は一瞬で黒が勝ちます。また、25.Qxd5 Qa6aファイルのチェックから攻めが続く予感がしていました。] 25...Nd6 26.Qd3 Rfc8 [26...Nxe4?! 27.Qxe4 Qxb3ですぐにポーンを取り返しにいく手がありますが、白はすぐにナイトを取る必要はありません。代わりに27.Rxe5!で白良しです。] 27.f6 [27.Rxd6 Bxd6 28.Qxd6 Qxe4+があるので、白はd6のナイトを取れません。] 27...Bf8? [27...Nxe4! 28.fxe7 Nc3+! 29.Qxc3 Qxd5

ANALYSIS  DIAGRAM
これで形勢不明の良く分からないポジションにするというのが黒のベストだということですが、とても読み切れません。] 28.Rc1?! [ここが白のチャンスで、28.fxg7! Be7 29.Rc1±]

28...Rcb8! [b2でのメイトがあるので、b3のナイトはどこにも行けません。しかし、白はナイトを守らなければいけなくなり、トラブルに陥ります。] 29.fxg7 Kxg7 30.Rc3 Nb5 31.Rc2? [ここは31.Rxb5として駒損覚悟で黒ナイトを消しにいかなかなければいけないところでした。しかし、31...Qxb5 32.Qxb5 Rxb5で、白ポーンも弱いので、じわじわとやっておそらく黒が勝つ局面です。]

31...Na3+!+ 32.bxa3 Rxa3 33.Rc3 Rxb3+ 34.Kc1 Rxc3+ 35.Qxc3 Qb1+ 01

[2015年という素晴らしい1年を締めくくるのにふさわしいゲームでした!]

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM