<< An Instructive Bishop’s Endgame | main | Tata Steel Wijk aan Zee 2013 >>

Looking for the right rook road -Intensive Analysis-

三阪さんからエンドゲーム分析の寄稿がありました。以前、小島くんが自身のHPで発表したものに、今回、三阪さんがアナライズを加えた形です。今週末はこのテーマを考えてみます。斜体の解説は20111215日の小島くんの解説そのままです。リソースはこちら。

 

http://shinyakojima-blog.blogspot.jp/2011/12/looking-for-right-rook-road.html


WRITTEN BY

Misaka Susumu

 


                       NN
Kojima Shinya

                                Training Game 2011

                                     White to move
 

50.Re6+!?

 

50.Rxh6 d4 51.Kf2 d3 52.Rd6 Rb1 53.h4 g4 54.h5 Ke5 55.Rxd3 Rxb6=



                                ANALYSIS  DIAGRAM

 

50...Kd3 51.Kf2 d4!? 52.Kf3

 

白は実戦的にチャンスの多い変化を選択しました。以下の二つの変化であれば、黒としては問題なくドローに持ち込めます。52.g4 Kc2 53.Rd6 Kc3=, 52.Rxh6 Kd2=

 

52...h5 53.g4 h4 54.g3 hxg3 55.Kxg3 Kd2?!

 


 

黒はやや難しいラインを選んでしまいました。55...Rb3 56.Kf2 Kc3 57.Rc6+ Kd3 58.Rd6 Kc4 59.Rg6 Rb2+ で難なくドローです。

 

56.Kf3?!

 

悪い手ではないですが、黒の応対が簡単になります。黒がより正確に指さなければいけないのは、56.h4! gxh4+ 57.Kxh4 Rd5 58.b7 Rd8 59.g5 Rb8 60.Rb6 d3 61.g6 Kc2 62.Rc6+ Kb2 63.Rd6 Kc2 64.g7 d2 65.Kg5 d1Q 66.Rxd1 Kxd1 67.Kf6 Ke2 68.Ke6 Kd3 69.Kd6 Rg8 70.Ke6 Rb8 71.Kd6 Rg8= という変化でした。最後の形は有名です。

 

56...d3 57.Ke4 Rb4+ 58.Kf5 Rb5+ 59.Re5 Rxb6 60.Kxg5 Rd6=



 

ここまでくればドローです。ルークを切らせた後、ポーンを追いかけます。

 

61.h4 Kc2 62.h5 d2 63.Re2 Kd3 64.Rxd2+ Kxd2 65.h6 Ke3 66.h7 Rd8 67.Kf6 Rh8 ½–½

 



ここまでは Kojima blogの内容そのまま


====================================================
 

 

                       NN Kojima Shinya

                               Training Game 2011

                             White to move


本譜では白は
K-side2つ目のpassed-pawnを作りましたが、黒のd-pawnの反撃が十分でした。より進んでいるb-pawnを白Kがサポートするプランがcriticalです。具体的には

 

50.Re6+(!) Kd3 51.Kf2 d4 52.Kf3 h5 53.g4 h4 54.g3 hxg3 55.Kxg3 Kd2(?)




ここまでが本譜で、分析の
56.h4! gxh4+ 57.Kxh4 Rd5 58.b7 Rd8

 

ここで 59.Rd6! です。




59...Rh8+ 60.Kg3 d3 61.Kf3

 

Ke2を止め、62.Ke4! d3のポーンを狙います。62...Re8+ には63.Kd5 からKc6に入れます。(b7のポーンがなければKe4に対して…Ke2! Rxd3 Re8+ Kd4 Rd8+ Kc3 Rc8+によるドローがあります。)

 

黒は 61...Re8 Ke4を防ぎます。




62.Rd7
には 62...Kc3! でポーンの進む道を開けます。63.Rc7+ Kd4! 64.Rc8には64...d2! が間に合います。64.Rc8の代わりに64.Kf2には64...Re2+! 65.Kg3 Rb2で黒十分です。(66.Kf3 Ke5 or 66...d2 67.Ke2 Ke5=

62.Rb6 Rb8 63.g5 63...Kc3! 64.Rc6+ Kd4 65.Rc7 Rf8+! 66.Kg4 d2で白がRを切ってb7+g7 vs Rで本譜と似た形となります。

 

62.Kf4! zugzwangです。62...Kc3 63.Rc6+ Kd4 64.Rc8 d2d1=QがチェックにならないのがKf4のポイントです。

 

62...Rg8

 

Ke4を止めるリソースが残っています。63.Re6には 63...Rb8! でドローです。

 

63.Ke5!!




Ke4
との違いはg4を取ってもチェックにならないことです。

 

63...Rg5+ 64.Kd4! Rxg4+ 65.Kc5! Rg8 66.Kc4 Rg4+ 67.Rd4 Rg8 68.Rxd3+ and White wins

 

分析の結果としては、55...Kd2 が敗着のようです。元記事の55...Rb3の以外にも、55...Kc2で黒Kがポーンの邪魔をしなければ問題ありません。56.Rc6+ Kd1 57.Rd6 には...Rb3+からd3-d2とポーンを進められます。ポーンがd3d2かは大きな違いです。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM