<< どうしたらチェスできみのパパに勝てるか | main | 吉祥寺五拾傑戦2011(2、3日目) -勝ち点方式の適用- >>

吉祥寺五拾傑戦2011(1日目) -byeという制度-

本日から3日間の日程で開催中です。参加者も最終的には20名を超え、小規模ではありますが、きちんとした大会となっています。吉祥寺CCのエントリーリストをよくチェックされている方は「ん?」と思われたかもしれませんが、私も大会に急遽出場することしました。出場を決めたのは昨日の夜のことですから、当然締め切り(2/6)は過ぎていました。さらに、締め切りを過ぎて申し込んでいた中で一番申し込みが遅かったせいで、1Rbyeになりました。「締め切りまでに申し込みがない場合、1Rbyeになる可能性がある」とは確かにルールに明記されていましたが、最終的に誰をbyeにするかまでは明確には書かれていませんでした。

 

まあ、ルールに書いてあるor書いてないということはどうでも良いことなのですが、今回あらためてこのチェス特有のbyeという制度について考えさせられました。

 

大会の参加者は、試合ができると思っているので1R開始に間に合うように会場に向かっています。しかし、参加人数が奇数の場合、仕方なく誰かが試合をできず、たいていはレイティング最下位の人がbyeを食らいます。そして、試合が組まれなければ自動的に次のラウンド(だいたい午後)まで時間を潰さなければいけなくなります。言い方は悪いかもしれませんが、参加者はお金を払って1試合1試合を買っているのです。日々仕事をして、ようやく休みと大会が重なり、大会に出場できることになって気合を入れて行ってみたらいきなりbye。当然、テンションは下がります。今回、byeになったのが私だったから良かったかもしれませんが、これが初めて大会に出る人で、チェスの大会のことがよく分からない人だった場合を想像してみてください。byeになる理由が「レイティングが低い」「申し込みが遅い」などいかなるものであるにせよ、行ってみていきなり「試合をする」という目的が叶わなかった場合、その人はどう感じるのでしょうか?きっとその人は次の大会には来ないと思います。行っても試合ができないということが分かってしまったので。

 

byeは海外大会でも起こりえます。日本の大会でも日常茶飯事です。しかし、ここで一番問題なのは、byeになってつまらなそうに時間が過ぎるのを待っている人を、運営側が気にかけていないということだと思います。今の日本チェス界では考えにくいですが、例えば「人数合わせのスタッフを一人か二人置いて、必ずbyeを出さないようにする」、「byeになった人に対してそのラウンドの間、レッスンプロがマンツーマンで指導する」などのサービスがあってもよいのではないでしょうか?そういうふうに一人一人の参加者を大事にできなければ、この先チェスがサービス業として発展していかないと思います。

 

今回、皆さんがこのbyeという制度についてちょっとでも考えていただければ幸いです。

 

だいぶ長く書いてしまいましたが、最後に簡単に自分の結果を出して1日目のレポートを終えたいと思います!

 

1R bye 

2R 渡辺(敬)君(1495 0-1 馬場(2234 French Tarrasch

3R 馬場(2234 1-0 内田さん(1837 Ruy Lopez Flohr Zaitsev


コメント
今回はスイス式でしかも勝ち点方式のため、強制バイは厳しいですね。今回の大会だけに限って言えば、1Rは運営側で調整できた気がします。
  • higapon
  • 2011/02/11 11:57 PM
組合せbyeについては、
(1)大会参加者間の公平性
(2)該当者の納得感
の2つのバランスをいかにとるかということではないかと思います。
「ダミーの参加者を用意する」というのは私もアメリカの大会で経験がありますが、(1)の観点では問題が残ると思います。「レッスンプロの指導」は将棋の職団戦ではノックアウトトーナメントで負けたチームに対し、プロの駒落ち対局の機会が設けられており、似たような配慮かと思います。
スイス式トーナメントにおいては、「組合せ最下位者(1Rではレーティング最下位者)をbyeとした上で、1ポイントを与える」というのが、上記(1)(2)を両立させる最善策ではないかと考えています。USCFで採用されている方式です。
  • manabe
  • 2011/02/13 12:35 AM
今回は参加者の申請byeが多いこともあり、本来は強制byeにならない人までも試合ができないラウンドがありました。

強制byeには1ポイント、というのは海外大会では主流です。ただ、果たして1ポイントをもらえたことで該当者が納得するかどうかは甚だ疑問です。これは、チェスの大会に出る目的は何なのかという本質を突く問題だと思います。

何はともあれ、byeや不戦勝をなくす方向で運営が改善されれば、と思います。
  • bmasahiro
  • 2011/02/17 10:13 PM
今回Hさんが1-3Rしか参加されてなかったので、それなら運営側の人間として、1Rもバイにまわってもよかったんじゃないかなあ、と。
  • higapon
  • 2011/02/18 11:38 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM