<< Khanty-Mansiysk Olympiad Review (11) | main | Khanty-Mansiysk Olympiad Review (12) >>

松戸チェスクラブチャンピオン2011 -野口 恒治-

1/9-10は松戸クラブチャンピオンシップでした。私は32ドロー1bye4ポイント。結婚式2次会への出席のため、初日の3R目をbyeにしていました。本当は時間的に2R目もbyeにしなければいけなかったのですが、「2R目以降のbye0ポイント」というルールが痛く、無理やり試合をしました。結果、0.5Pは取れたので良かったと思います。

 

こういうこともあり、私は初めから優勝する気はなく、優勝は2000+の野口さんか真鍋さんだと思っていました。しかし、上位陣の皆さんが初日からポイントを続々と落とされ、トーナメントの行方は全く分からなくなりました。結果詳細は松戸のページでご確認ください。
 

さて、色々あったわけですが、5R終了時点で野口さんが4Pで単独リード。優勝決戦は最終ラウンドの真鍋-野口戦となりました。

 

Manabe Hiroshi (2049)

Noguchi Koji (2067)

Matsudo CC Championship 2011(6)

 

1.d4 Nf6 2.c4 c5 3.d5 e6 4.Nc3 exd5 5.cxd5 g6 6.e4 d6 7.Nf3 Bg7 8.h3 0–0 9.Bd3 Nbd7 10.0–0 Nh5 11.Bg5 Bf6 12.Be3 Re8 13.Nd2 Bd4! 14.Bxd4 cxd4 15.Ne2 Nc5 16.Qb1 Bxh3! 17.Nf3 [17.gxh3 Qg5+ 18.Kh2 Qxd2] 17...Qf6! 18.b4 Nd7 19.Nexd4 Ne5 20.Nxe5 Qg5! 21.g3 Nxg3 22.f4 Ne2+ 23.Kf2 Qg2+ 24.Ke3 Nxd4 25.Kxd4 dxe5+ 26.fxe5 Qg5 27.Rf2 Qxe5+ 28.Ke3 Qxd5 29.Qh1 Rad8 30.Rd1 Bg4 31.Be2 Qg5+ 32.Rf4 Bxe2 33.Rxd8 Rxd8 34.Qh2 Bc4 0–1

 

単独優勝のためには黒で勝ちにいかなければいけない状況で勝ちにいくチェスの指し廻しをし、勝利をものにした野口さんの快勝譜だと思います。ちなみに野口さんのお気に入りの手は13…Bd4! 17…Qf6! だということです。

 

何はともあれ、野口さんの単独優勝。おめでとうございます!


コメント
高校生なのに飲みに誘って頂いてありがとうございました。あのときから感謝して応援してました。ほんとうにおめでとうございます。
  • 匿名希望
  • 2011/01/11 11:05 PM
野口さんは私が尊敬するプレーヤーです。
さらにご活躍されることを期待しています。
  • kamiyakumo
  • 2011/01/12 1:15 PM
人違いのような正反対のお言葉ありがとうございます。感極まりました。
新成人の方にはオリジナリティを身に付けていただきたいです。
  • 元祖匿名
  • 2011/01/12 4:23 PM
第5R終了時の状況ですが、野口さん単独トップではなく、星野さんと4ポイント同率だったですね。もちろんなおさら「黒で勝ちにいかなければならない」わけです。私も観ていましたが、強敵前王者真鍋さんに対し圧勝した野口さんの指し回しに感動しました。中段でポーンに囲まれた白Kの珍しい形はベノニからなんですね。
  • kathmanz
  • 2011/01/12 6:19 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM