<< Closed Training Vol.3 ペアリング(Aグループ) | main | FIDE会長選 Karpov vs Ilyumzhinov >>

Closed Training補足

7/28のみとじんさんのコメントを見て、一つ捕捉すべき事項があると思ったので、ここに書きます。

 

参加者一覧表がレーティング順になった

 

ラウンドロビントーナメントでは、リスト(No)で全てのゲームの色と対戦ラウンドが決定します。たとえば、R.1No.1が白番でNo.10と対戦します。

R1  1-10  2-9  3-8  4-7  5-6

R2  10-6  7-5  8-4  9-3  1-2

R3  2-10  3-1  4-9  5-8  6-7

R4  10-7  8-6  9-5  1-4  2-3

R5  3-10  4-2  5-1  6-9  7-8

R6  10-8  9-7  1-6  2-5  3-4

R7  4-10  5-3  6-2  7-1  8-9

R8  10-9  1-8  2-7  3-6  4-5

R9  5-10  6-4  7-3  8-2  9-1


10人のラウンドロビンであれば、基本的にNo.1No.5が白を一回多く持つことになるので、クロステーブルでプレーヤーをレイティング順に並べると、レイティング上位のプレーヤーが圧倒的に優遇されます。そのため、本来ならばNoを決めるくじ引きを行わなければいけません。海外のラウンドロビントーナメントでは必ずやられているので、皆さん、Chessbase Newsなどで見られたことはあるかと思います。

 

さて、今回はこのくじ引きを行っていないですし、それに代わることも行っていません。従って、リストを遵守してペアリングを決めると、上に書いたようにNo.1No.5が白を一つ多く持つことになります。それもどうかと思い、今回はAグループとCグループではNo.6No.10が白を一つ多く持つよう、作為を加えてあります。簡単に言うと、R.1No.1が白番でNo.10と対戦するところ、色を逆にしてNo.10が白番でNo.1と対戦するようにしたということです。

R1  10-1  9-2  8-3  7-4  6-5

R2  6-10  5-7  4-8  3-9  2-1

R3  10-2  1-3  9-4  8-5  7-6

R4  7-10  6-8  5-9  4-1  3-2

R5  10-3  2-4  1-5  9-6  8-7

R6  8-10  7-9  6-1  5-2  4-3

R7  10-4  3-5  2-6  1-7  9-8

R8  9-10  8-1  7-2  6-3  5-4

R9  10-5  4-6  3-7  2-8  1-9


ちなみにBグループはそのような作為を加えていません。全てのグループでNo.6No.10が白を一つ多く持つのもどうかと考えたからです。

 

公表したペアリングの裏には、このようなことがあったということをまず、プレーヤーの皆さんにはご理解いただきたいと思います。その上で、色はそれほど気にせず戦ってもらえたらよいと思っています。大切なのは、「このトレーニングで何を得るか」ですから。


コメント
 なるほど、そうだったのか!
 これから大会を開こうという人にはとても役に立つ情報ですし、運営者の見えない努力を垣間見られて、参加者の視野が広がります。情報を共有することが大切ですね。
  • みとじん
  • 2010/07/30 12:28 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM