<< Closed Training Vol.2 -Round9- | main | Slav Defenceの世界-part14- by 小島慎也 >>

全日本選手権2010 Review(5) -Opening Preparation 後篇-

Baba Masahiro (2221)

Inoue Sho (2038)

Japan Championship 2010(5)

 

1.e4 c5 2.Nf3 e6 3.d4 cxd4 4.Nxd4 a6 5.Bd3 Bc5 6.Nb3 Be7 7.Qg4 g6 8.Qe2 d6 9.00 Nd7 10.Na3



 

ここまで完全にプリパレーション通りになりました。

 

10...Ne5?!

 

この手はやや疑問です。黒はキングサイドを展開できないため、まずクイーンサイドの展開を完了させるのが良いプランだと思います。例えば、Qc7-b6-Bb7など。

EpishinMotylevとのゲームで10...Kf8!? という面白い手を指しました。g7までキングを持っていこうというアイディアです。ゲームは11.Nc4 Kg7 12.Bd2 Ngf6 13.Bc3 Re8 14.f4と続きましたが、やはり白の展開が速いのとピースがアクティブなため、私は白良しだと思います。ここはQc7-b6-Bb7のほうがキングの位置をすぐに決めずに相手の出方をうかがえるため、柔軟な1手と言えます。

 

11.f4 Nxd3 12.cxd3

 

f4を突いたので、もうBh6のアイディアはありませんが、あまり将来性のない白の白マスビショップを黒の唯一アクティブなピースであるナイトと交換できて白満足です。

 

12...Nf6 13.Be3 00 14.Rac1±

 


 

黒はキングサイドの展開は終えましたが、クイーンサイドの展開が遅れています。白はb6c7のマスが弱いのを利用して、クイーンサイドで手を作りにいきます。

 

15...d5?!

 

15...Bd7には16.Nc4からb6へピースの侵入が止まりません。そこでNc4を防ぐ本譜はロジカルですが、このあとのストラクチャーでは黒は勝負するところがありません。15...e5!? のほうがチャンスはあると私は考えています。

 

15.e5 Nd7 16.Nc2!

 

白のピースにとって重要なマスであるd4に向かいます。e5のポーンを補強したり黒のピースがc5に跳んでこないようにd3-d4と突いてd4のマスを潰してしまうのは大きな間違いです。

 

16...b6 17.Ncd4 Bb7 18.Nc6 Bxc6 19.Rxc6 Rc8 20.Rxc8 Qxc8 21.Rc1 Qb7 22.Qc2




22...Rb8 23.Nd4 Bc5 24.Bf2

 

はじめ考えたのは24.b4 Bxb4 25.Nc6ですが、25...Bc5! 26.Bxc5 Qxc6があることに気づき、e3のビショップに守りをつけました。

 

24...Re8 25.a3 Rb8 26.b4 Bxd4 27.Bxd4

 

d4はビショップにとっても居心地の良いマスです。

 

27...b5 28.Qc7




28...Kg7 29.Kf2 h6 30.Ke3 Kh7 31.Rc6 a5 32.bxa5 Kg7 33.a6 Qxc7 34.Rxc7 10


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM