Brugge Masters 2019 -Just a Nightmare? -

IMG_3030.JPG

 

大会を終え、ブルージュから帰ってきました。今回は見せ場がないため、簡単に1回のレポートで終わらせようと思います。

 

8/9(金)の夜、ブルージュに向けて出発しようとした矢先、ちょっとしたトラブルが。北京付近の天候が悪く、大連-北京のフライトがキャンセルになり、予定していた8/10(土)1:40北京発アムステルダム・スキポール空港行きのフライトに乗れなくなりました。(中国では日常茶飯事)

 

急いで別の便に振替えをするも、最短でも丸1日遅れの8/11(土)1:40北京-アムステルダムの便しか取れませんでした。

 

大会は8/11()10:00から1R開始ですが、アムステルダムからブリュッセルを経由してブルージュ入りするため、ブルージュ到着は早くても8/11()14:00頃になります。そのため、1Rには間に合わず1R目をbyeにすることに。その他ホテルとアムステルダム-ブリュッセル間の新幹線の予定を急いで変更しました。

 

この時点でかなり気持ちが折れましたが、次の日は必ず行けると信じて一度家に引き返しました。

 

次の日は予定通り飛びました。長旅の末ブルージュにたどり着いたのは8/11()14:00過ぎ。8/10()12:30に出発したので実に32時間かかったことになります。(中国とベルギーの時差は6時間)

 

ホテルにチェックインし、休むことなく会場に向かい、15:00から次のゲームを指しました。

 

 

Olander, Aleksi (2066,FIN)

Baba,Masahiro (FM,2303,JPN)

Brugge Masters 2019(2)

 

1. d4 Nf6 2. c4 g6 3. Nc3 d5 4. cxd5 Nxd5 5. e4 Nxc3 6. bxc3 Bg7 7. Be3 c5 8. Nf3 Qa5 9. Qd2 O-O 10. Rc1 Rd8 11. d5 e6 12. c4 Qxd2+ 13. Nxd2

bru01.gif

[ここは好みの問題で、13. Kxd213. Bxd2も考えられます。]

13... Na6 14. Be2 b6 15. O-O Nb4! 16. a3 Na2 17. Rc2 Nc3 18. Bf3 exd5! 19. cxd5

[19. exd5なら19... Bf5と気持ちよくビショップを展開できます。]

19... Ba6 20. Rfc1 Ne2+ 21. Bxe2 Bxe2

bru02.gif

[ダブルビショップとbetterポーンストラクチャーで、黒圧倒的に有利です。白のセンターポーンはf7-f5から崩せます。]

22. Ra2 Bd3 23. f3 Rac8?!

[ルークはこの位置にセットしてcポーンを突いていく予定でしたが、c2までは進めるものの、最終マスはカバーされていてたどり着けないため、良いプランではありませんでした。]

24. Kf2 f5 25. Bg5 Bd4+ 26. Kg3

bru03.gif

[26. Be3 Bf6なら黒が1テンポ得をするので、白はややリスキーな位置にキングを上げてきました。]

26... Rd7 27. a4 Re8 28. a5 fxe4 29. fxe4 b5 30. Nb3 Bc4 31. Nxd4 cxd4!

[次に安全にe4のポーンを落とせるのでエクスチェンジを取りにいかず、ここは直感を信じてピースを取り返しました。実際、31... Bxa2?! 32. Nxb5! はアンクリアーです。(32... Rxe4? 33. Nc3!)]

32. Rf2! Rxe4 33. Bh6 Rf7?

bru04.gif

[反射的にfファイルでメイトスレットに対抗しましたが、次の一連の手が見えていれば33... Rd8! しかなかったはずです。]

34. d6!

[このプッシュが強力でした。34... Rxf2? 35. d7! はプロモーションが止まりません。]

34...Be6?

[34... Re8も候補手でしたが、35. Re1! Rd8 36. Re7と来られるのが嫌で悪いほうの手を選んでしましました。実際、36... Rxf2 37. Kxf2 Rxd6 38. Rg7+ Kh8 39. Rxa7も黒は厳しいです。対して34... Re6! ならばまだわずかにチャンスありです。35. Re1 Rxf2 36. Kxf2 Rf6+ 37. Kg3 Rxd6 38. Re7 d3 39. Rg7+ Kh8 40. Rb7 g5 41. Rb8+ (41. Bxg5 d2-+) 41... Bg8 42. Bf8 Rd7 43. Bb4 h6 44. Bd2 Kh7 45. Rxb5 Re7など。]

35. Rxf7 Kxf7 36. Rc7+ Ke8 37. Rxa7+-

bru05.gif

[白のaポーンが早くてポーンレースは勝負になりません。]

37... Bc8 38. Rc7 Bd7 39. a6 Re2 40. a7 Ra2 41. Rb7 Rxg2+ 42. Kf4 Rg4+ 43. Ke5 Re4+ 44. Kf6 1-0

 

 

このゲームを落としたのは単に長旅の疲れが原因だとこの時は思っていましたが...

 

この後、勝ちとドローを繰り返し、最終日を迎えました。最終ラウンドは経験豊富なルーマニアのWIMと。黒ですが、ここは何としてでも勝って終わらせたいところでした。

 

IMG_3066.JPG

オレンジジュースとチョコレートの差し入れ

 

Jicman Ligia, Letitia (WIM,2078,ROU)

Baba,Masahiro (FM,2303,JPN)

Brugge Masters 2019(9)

 

1. e4 c5 2. Nf3

[いきなりプリパレーションを外されます。2.c3しか対策していませんでした。]

2... d6 3. Bb5+ Nc6 4. c3 d5?

bru06.gif

[今大会の噛み合わないぶりを象徴するかのような1手。4... Nf6! と指す予定でしたが、突如5. d4を嫌い、5.exd5 Qxd5ならアラピンに戻るような気がしたので、手を変えてしまいました。]

5. e5?!

[5. Qa4! dxe4 6. Bxc6+ bxc6 7. Qxc6+ Bd7 8. Qxe4 Nf6 9. Qe2で黒に1ポーンの代償はありません。]

5... Bf5 6. d4 e6 7. O-O Nh6 8. dxc5 Bxc5 9. Nd4 Qb6 10. Qa4 Bxd4 11. Bxc6+ bxc6 12. cxd4 Bxb1 13. Rxb1 Nf5 14. Be3 O-O 15. Rfc1 Rac8 16. Rc3 Nxe3 17. fxe3 c5 18. Qb3 Qa6?!

bru07.gif

[18... c4 19. Qxb6 axb6=とするのが通常の指し方ですが、e2に入り込む狙いを見せながらfファイルを開いてカウンターを作ろうと欲が出ました。]

19. dxc5 f6 20. e4

[相手はこの手に時間を費やしました。予想外のセンターでのブレークが来て対処に失敗します。]

20... d4?! 21. Qc4! Qa5?!

[21... Qxc4 22. Rxc4 fxe5 23. b4のエンドゲームを嫌ってクイーンを残しましたが、白のアドバンテージ拡大を助長するだけでした。]

22. Qxe6+ Kh8 23. b4!

bru08.gif

[恥ずかしながらこの手も読み抜けでした。]

23... Qa4 24. Qb3 Qc6 25. Rf3 Qxe4 26. exf6 Rxf6 27. Qd3 Qe5 28. Rbf1 Rxf3 29. Qxf3 h6 30. h3 Rb8 31. a3 a5 32. c6 axb4 33. axb4 Qd6 34. Qf4?

bru09.gif

[単なる見落としだと思いますが、ありがたくポーンを取らせてもらいます。34. b5! d3 (34... Rxb5 35. Qf8+ Qxf8 36. Rxf8+ Kh7 37. c7 +-) 35. Qf5 d2 36. Rd1 Qe7 37. Kh2 Rf8は依然、黒厳しいですが、ドローチャンスがないわけではありません。]

34... Qxb4 35. c7 Rc8

[一難去り、ドロー模様になりました。]

36. Qf5?! Rxc7 37. Rb1 Rf7!

[相手はバックランクメイトを期待してQf5-Rb1と指してきましたが、このディフェンスの1手があります。]

38. Qe4?

[38. Rxb4 Rxf5 39. Rxd438. Qc8+ Rf8 39. Rxb4 Rxc8 40. Rxd4で平和にドローのはずでした。]

38... Qd6

bru10.gif

[b8をカバーし、d4のポーンも落ちません。突如、黒にチャンスが訪れました。]

39. Rd1 Rd7 40. Qe8+ Kh7 41. Qe4+ g6 42. Rd3 Kg7 43. Qg4 Rd8 44. Qe4 h5 45. Qb7+ Rd7 46. Qe4 Qd5 47. Qf4 Qf5 48. Rxd4??

[ちょっと期待はしていましたが、衝撃のブランダーです。48. Qxf5 gxf5 49. Kf2 Kf6 50. Kf3 Ke5のルークエンディングは勝ちを目指して指せると思っていました。白はクイーンを換えないで48.Qd2のように指すのがベストだと思いますが、これには48... Qe4でクイーンの位置を少し改善する予定でした。]

48... Qc5-+ 49. Kh1 Qxd4 50. Qf3 Qd1+ 0-1

 

 

最終的には413ドロー1bye6Pでしたが、レイティング下に複数ポイントを落としたので、レイティングは大きくマイナスです。当然、納得できる結果ではありませんが、長く続けていればこういうトーナメントもあります。ここはじっと我慢して次の機会をうかがいます...

 

 

IMG_2995.JPG

今大会から試合会場がブルージュ歴史地区内に移りました。やはりこちらの会場のほうが何かと便利です。

 

IMG_2996.JPG

 

IMG_3022.JPG

 

IMG_3025.JPG


众弈杯 -Chinese Chess League 2019-

30-1Z409153A0-51.jpg!t800x600.jpg

 

30-1Z409153A1.jpg!t800x600.jpg

 

中国のリーグ戦「众弈杯」が4/9Shenyang(瀋陽)で開幕しました。

 

各チーム5名で構成され、全12チームのダブルラウンドロビン(全22ゲーム)で争われます。試合日は4/9125/75/97/247/278/208/2311/2111/2312/412/76期間に分けられ、それぞれ別々の都市で開催されます。

 

中国のプレーヤーのみでなく、海外からAndreikin2721Jakovenko2719Vidit Santosh2717Fedoseev2702Naiditsch2695Inarkiev2692Cheparinov2679Malakhov2667)といったワールドクラスのGMもチームに交じって参戦しているのが特徴的です。

 

4Rが終了しましたが、すでにFedoseevNaiditschMalakhov2敗、AndreikinInarkievCheparinov1敗と、普段はほとんど負けないようなGMがポイントを落としています。こう見ると、いかに中国国内のレベルが高いか分かります。

 

注目するゲームは多いですが、中でもZeng ChongshengCheparinovを打ち破ったゲームが目を引きました。Zeng ChongshengはここまでZhao JunNaiditschCheparinov3連勝と1つドローでパフォーマンス2963!)。昨年のBruges Mastersに参戦していましたが、海外のトーナメントに頻繁に出ているわけはないのでそんなに有名ではないと思いますが、非常にポテンシャルの高いプレーヤーだと思います。

 

Cheparinov, Ivan (GM,2679)

Zeng, Chongsheng (GM,2539)

TCh-CHN 2019(3)

 

1. e4 c5 2. Nf3 Nc6 3. Bb5 e6 4. Bxc6 bxc6 5. d3 Ne7 6. h4 f6 7. h5 e5 8. Nc3 d5 9. b3 Be6 10. Qe2 Qa5 11. Bd2 Qc7 12. Nh4 c4

ZC1.gif

13. dxc4 dxc4 14. O-O Nc8 15. Nf5 g6 16. Ne3 Nb6 17. Ng4 Be7 18. Rad1 O-O-O 19. h6 Rd4 20. Be3

ZC2.gif

20... Rhd8 21. Bxd4 exd4 22. Na4 Nxa4 23. bxa4 Qf4 24. Nh2 Bb4 25. Rb1 Bc3 26. Rfd1 Qxh6 27. Qf3 Qh4 28. a5 f5 29. exf5 Bd5 30. Qe2 Qe4 31. Qf1 gxf5 32. a6 Rg8

ZC3.gif

33. f3 Qxc2 34. Rb7 d3 35. Rdb1 Be5 36. Kh1 Bd4 37. Rb8+ Kd7 38. Rxg8 Bxg8 39. Qe1 Be6 40. Nf1 Qf2 41. Rb7+ Kd6 0-1

ZC4.gif


建行杯@Suzhou -Day4-

 

大会最終日です。午前のゲームはいつも8:30スタートで朝早いです。

 

最終ラウンドはまたしても中学生女子と。今回だけはあらかじめ相手を調べておきました。今年のAeroflot Open Cグループに出ていて、そこでレイティング+120なので、伸び盛りです。

 

Baba, Masahiro (2303)

Wang, Xuwen (1837)

Suzhou 2019(9)

 

1. e4 d5 2. exd5 Qxd5 3. Nc3 Qa5 4. d4 Nf6 5. Bc4 Nc6 6. Nf3?!

[5...Nc6に対しては、6. d56. Nge2が有効です。本譜だとdポーンを守るのにトラブります。]

6... Bg4 7. h3 Bxf3

[7... Bh5 8. g4 Bg6 9. Bb5は白良しです。]

8. Qxf3 O-O-O

SZ41.gif

[8... Nxd4? 9. Qxb7 Rd8 (9... Nxc2+? 10. Kd1 Rd8+ 11. Kxc2 Qf5+ 12. Kb3! は攻めが続かず、ピースも足りていません。) 10. O-O! は展開の差とキングへの直接的なアタックのある白が圧倒的に優位です。]

9. d5 Nb4

[9... Ne5! 10. Qf5+ Ned75thランクのピンを利用してe7-e6の狙いが強力です。実際、このポジションは2008Cappelle la GrandeIM Tomczak(今はポーランド代表GM)とのゲームで経験していました。白は11. Qf3 Ne5で手を繰り返すしかありません。11. Qf3 Nb6なら12. Bb3 Nbxd5 13.Bd2で白にコンペンセーションありでしょう。]

10. O-O g6

[10... Nxc2?? 11. Qf5+があるので、c2のポーンは取れません。本譜はf5のマスをカバーするのと同時に、ビショップをフィアンケットで展開するロジカルな1手です。黒に不満は無さそうですが、f7のポーンの守りがないため、f6のナイトが動けないという問題が残っています。]

11. Bg5 Bg7 12. Rfd1

SZ42.gif

[これでdポーンの守りは一安心です。]

12 ...h6 13. Bxf6 Bxf6 14. a3 Nxc2

[14... Na6には、15. Ne4 Bxb2 16. Rab1で白のキングサイドアタックが決まりそうです。ナイトをa6に引いているようでは勝負をあきらめていますが、cファイルを開けるのはそれはそれでややリスキーです。]

15. Rac1 Bxc3

[15... Nd4? 16. Rxd4! Bxd4 17. Qg4+の両取りがあるため、本譜の1択です。]

16. Rxc2 Bf6 17. d6!!

SZ43.gif

[このポーンプッシュが狙いの1手で、ラインピースの全てのラインを開きます。黒はこのポーンを取ることができません。(17... Rxd6? 18. Rxd6 cxd6 19. Ba6+/17... cxd6? 18. Ba6+/17... exd6? 18. Qxf6) この手は13.Bxf6の時点で頭にありました。]

17...Qf5??

[おそらく予期していなかったであろう17.d6に動揺し、ここで相手が崩れました。17... c6がオンリームーブで、これに対し18. Rcd2で白にアドバンテージがあります。(18. Bxf7?! Rxd6 19. Rxd6 Qe1+はだいたいイコール。)]

18. Be6+!

SZ44.gif

[18... Qxe6 19. Rxc7+ Kb8 20. Qxb7#があるので、黒、万事休すです。]

18... Kb8 19. dxc7+ Ka8 20. Rxd8+ Rxd8 21. cxd8=R# 1-0

SZ45.gif

[テーブルにはエキストラクイーンがなかったため、相手の取ったルークでアンダープロモーション。]

 

これで4勝(うち1不戦勝)11ドローの4.5P/6Rで終了。はじめの3戦が不戦敗だったのが響きましたが、1R2Rの相手は私よりレイティングの高い相手だったので、bye制度があったにせよ、果たして初めの3戦で1.5P取れていたかは不明です。

 

 

 

優勝はリストトップのGM Lu Shangleiでした。優勝賞金は27000元(約43万円)で、こちらの人の46ヵ月分の月収にあたります。閉会式の時間にはほとんどの参加者が帰宅していたため、少人数での閉会式でした。

 

最後に、いい加減だったスターティングリストを自分なりに修正したので、載せておきます。本来はほとんどのプレーヤーがFIDEレイティング持ちでした。

 

1. 尚磊 Lu Shanglei (GM 2625)

2. 徐英 Xu Yinglun (GM 2532)

3. 刘言 Liu Yan (GM 2502)

4. 房宇翔 Fang Yuxiang (GM 2472)

5. 朱锦尔 Zhu Jiner (WIM 2439)

6. 李炎 Li Yankai (2432)

7. 房岩 Fang Yan (IM 2424)

8.  Chen Qi (2424)

9. 麒麟 Bao Qilin (IM 2412)

10. 王仕戌 Wang Shixu (2392)

11. 刘 Liu Zhaoqi (2386)

12. 徐铭辉 Xu Minghui (2374)

13. 徐洋 Xu Yang (FM 2359)

14. 彭 Peng Hongchi (2347)

15. 黄仁杰 Huang Renjie (2338)

16. 姚 Yao Lan (WIM 2330)

17. 李弘 Li Hong  (2328)

18. 李博 Li Bo (IM 2324)

19. 马场雅裕 Baba Masahiro (FM 2303)

20. 邵文彬 Shao Wenbin (2236)

21. 奚奇 Xi Qi (2222)

22. 张潇 Zhang Xiao (2141)

23. 杜春 Du Chunhui (2137)

24.  Ma Lin (2122)

25. 白雪 Bai Xue (2103)

26. 家宝 Zhang Jiabao (2101)

27. 刘 Liu Zexu (2098)

28.  Sun Chao (2063)

29. 刘泓言 Liu Hongyan (2058)

30. 朱恒佚 Zhu Hengyi (2015)

31. 蔡悠 Cai Youyang (1951)

32. 王笑 Wang Xiaoyan (1899)

33. 江茗榕 Jiang Mingrong (1845)

34. 王 Wang Xuwen (1837)

35. 李亿 Li Yihao (1823)

36. 龚孙乐 Gong Sunle (1697)

37. 哈易含 Ha Yihan (1560)

38. 孙际 Sun Jihan (1497)

39. 孟 Meng Wei (1472)

40. 博雯 Yang Bowen (UR)

41. 睿一 Ma Ruiyi (UR)

42. Josh Gillon Josh Gillon (UR)

 

今回、初めて外国人として外国の国内大会に参加し、少し中国のチェス状況が見えた感じがします。

 

特に、参加者のほとんどは子供で、オープンセクション以外では成人のプレーヤーがほとんどいませんでした。親は熱心で、子供が小さいときは教育の一環ということで大会に連れて行きますが、10代である程度のレベルに達しないと、それ以降はチェスから遠ざかってしまう傾向にあるようです。チェスは好きだけど、同年代の参加者がどんどんいなくなるので、大会に出づらくなるというのもあるでしょう。

 

いずれにせよ、今回は良い経験でした。これからもう少し時間をかけて中国のチェスを探っていきたいと思います。

 


建行杯@Suzhou -Day3-

 

3日目の午前のラウンドはまたしても中学生女子と。オープンセクションの参加者42名中、12名が女性のプレーヤーです。女子世界チャンピオンを数多く輩出している中国では、女性のプレーヤーの比率が高いです。

 

Baba, Masahiro (2303)

Wang, Xiaoyan (1899)

Suzhou 2019(7)

 

1. e4 c5 2. Nf3 d6 3. d4 cxd4 4. Nxd4 Nf6 5. Nc3 a6 6. Bg5 e6 7. f4 Be7 8. Qf3 Qc7 9. O-O-O Nbd7 10. Bd3 h6 11. Bh4 b5?!

SZ21.gif

[黒は10...h6のラインと10...b5のラインをミックスさせてしまっています。しかし、どう咎めてよいかは分かりませんでした。]

12. Rhe1

[IM Goh Wei Mingの本によれば、12. Nxe6! fxe6 13. e5 Bb7 14. Bg6+ Kd8 15. Qh3 dxe5 16. Qxe6で黒にディフェンス無しとし、これが11...b5を咎める手だとしています。10...h6のデメリットは、g6に穴ができるところです。]

12... Bb7 13. Qh3 g5?

[これはおそらく単なるブランダーでしょう。hファイルのピンがあるので、fxg5と取れませんが、よく考えてみると逆にこちらがピンを利用し、g5のポーンがタダなのに気付きました。ただし、これで黒が戦えなくなるほど悪くなるわけではないのが、ナイドルフの怖いところです。]

14. Bxg5 b4 15. e5!

SZ22.gif

[c3のナイトが狙われている今、ここが勝負どころだと読んで攻めにいきます。]

15... bxc3

[15... dxe5 16. Nxe6 fxe6 17. Bg6+ Kd8 18. Bxf6 Bxf6 19. Qxe6は白の攻めが強烈です。e5を突いて白マスビショップのラインを開け、Nxe6-Bg6+はよくある手筋です。]

16. exf6 Nxf6 17. Nf5

SZ23.gif

[初めに考えていたのは、17. Nxe6ですが、17...fxe6 18. Bg6+ Kd8 19. Bxf6 Bxf6 20. Qxe6 Be7でこれ以上続かないと判断し、断念しました。しかし、18.Bg6+が余計なチェックで、18. Bxf6 Bxf6 19. Rxe6+なら白の攻めが決定的でした。ポイントは、キングがe8にいる場合、19...Be7には20.Rde1があるところです。本譜は黒がf5のナイトを取れないのを利用し、d6e7にプレッシャーをかけます。]

17... Kd7!

[しかし、これが素晴らしい1手でした。17... O-O-Oなら18. Nxe7+ Qxe7 19. Bh4でピンが強力ですが、本譜だとNxe7がチェックにならないので、18. Nxe7 hxg5! g5のビショップを取れます。センターのキングは一見危険に見えますが、(ましてdeに白ルークがいる中!)キング前のポーンが十分なガードをしてくれ、さらに必要であればd5にビショップを置けばガードはさらに固くなります。]

18. Bh4!

[ビショップはキープします。18... exf5 19. Qxf5+があるので、ピースはすぐに取り返せます。]

18... cxb2+ 19. Kb1 Nd5! 20. Bxe7

SZ24.gif

20...Nxe7?!

[ここは、思い切って20... Nc3+! で勝負です。21. Kxb2 Rhb8 22. Kc1 Bd5!

SZ25.gif

ANALYSIS  DIAGRAM

ならナイドルフ特有の複雑なポジションになり、どちらが良いのか判断がつきにくいポジションです。]

21. Nxe7 Kxe7 22. Qh4+ Kd7

[22... f6? 23. Bf5]

23. Qf6

[主導権は白にあります。]

23...Rhf8 24. f5 e5?

SZ26.gif

[白マスを弱くする悪手です。24... Rae8なら黒は十分戦えます。]

25. Bc4!

[25... Qxc4? 26. Qxd6+でメイトになることを利用し、ビショップを最もアクティブなダイアゴナルへ。必要であればb3に引いてc2を守ります。]

25...Bxg2 26. Rxe5 Rae8 27. Rxe8 Rxe8 28. Qxf7+ Re7 29. Be6+ Kc6

[29... Kd8 30. Qf8+ Re8 31. Rxd6+]

30. Bd5+ Bxd5 31. Qxd5+ Kd7

SZ27.gif

[31... Kb6 32. Qxd6+ Qxd6 33. Rxd6+ Kb5 34. Rxh6は簡単な白勝ちエンディングです。]

32. f6 Re6 33. Qf5 Qc8 34. Re1 Qg8 35. f7 1-0

SZ28.gif

 

続く午後のラウンドはShao Wenbin2236)に黒。序盤で手順を間違え、1ポーンダウンになり、そのまま押し切られました。レイティングは2200台ですが、相手にチャンスを作らせない差し回しはマスターレベルです。

 

本トーナメントはGMIMなどが順当に勝つわけではなく、混戦です。そんな中、Lu Shangleiがレイティング通り、6.5Pで一歩抜け出しました。

 

残すところ1ゲームです。白なので勝って終わらせます!


建行杯@Suzhou -Day2-

 

この日からオープンセクション以外の大会がスタートするため、試合前に開会式がありました。来賓にかつての中国代表で今はナショナルチームのコーチであるGM Xu Junの姿がありました。(蘇州はXu Junのホームタウンです。)

 

開会の挨拶等が長引き、定刻の8:30を少し過ぎてからの試合開始となりました。私の相手は中学に入ったばかりくらいの少女。試合中は知りませんでしたが、あとでFIDEレイティングを調べたら1497というとんでもないunderrateぶり。少なくとも2100はあると感じました。

 

Baba, Masahiro (2303)

Sun, Jihan (1497)

Suzhou 2019(5)

 

1. e4 c5 2. Nf3 Nc6 3. Bb5 g6 4. O-O Bg7 5. Re1 Nf6 6. e5 Nd5 7. Nc3 Nc7 8. Bxc6 dxc6 9. Ne4 Ne6

SZ11.gif

[Mamedov-Dubov戦のライン(9... b6 10. Nf6+ Kf8 11. Ne4 Bg4 12. d3 Bxe5 13. Nxe5!? Bxd1 14. Bh6+ Kg8)に飛び込まず、ソリッドな変化を選んできました。]

10. d3 O-O 11. h3 b6 12. a4 Nd4

[私は12... a5を予想していました。]

13. a5 Bf5 14. Bg5

SZ12.gif

[e7のポーンを狙います。すぐのスレットはaxb6 axb6 Rxa8 Qxa8からのBxe7。同時に、Re8に対してのNd6の飛び込みなどの手を作ります。]

14...Nxf3+ 15. Qxf3 h6 16. Bh4 Qd7 17. Nd2 g5 18. Bg3 Be6 19. h4 g4 20. Qe2 Rae8

SZ13.gif

[自然な手ではありませんが、黒が何らかのカウンターを模索しているのは分かります。]

21. Nf1 f5 22. exf6 exf6 23. Qd2 Kh7 24. axb6 axb6 25. Bf4

[ゆっくりピースの位置を改善します。]

25...Ra8 26. Ng3 f5 27. Nh5 Bd5

SZ14.gif

[ここでちょっと見えにくい一連のコンビネーションを見つけました。]

28. Rxa8! Rxa8 29. Bxh6!!

SZ15.gif

29...Bxh6 30. Nf6+ Kg6 31. h5+! Kg7

[31... Kxf6? には32. Qxh6+ Kf7 33. Qh7+

SZ16.gif

ANALYSIS  DIAGRAM

で黒クイーンを引き抜いて勝ち。aファイルのルークを交換してeファイルにルークを残した意味がここにあります。]

32. Qc3!

SZ17.gif

[これがコンビネーションのポイント。クイーンへの当たりが残っているため、黒はピースを返さざるをえません。]

32...Qf7 33. Nxd5+ Kg8 34. Nxb6

[これでポーンアップの上、cのダブルポーンもすぐに落ちます。]

34...Re8 35. Rxe8+ Qxe8 36. Qxc5?

[しかし、これは端折りすぎで、黒にチャンスを与えます。]

36... Qxh5?!

[私は36... Qe1+ 37. Kh2 Bf4+ 38. g3 Bxg3+ 39. Kxg3 Qg1+ 40. Kf4 +-しか考えていませんでしたが、ここで36... g3! という強力なカウンターがあります。]

37. Qxc6?

SZ18.gif

[またもや欲張りすぎです。37.g3と突くべきでした。]

37... g3! 38. Qa8+ Kh7 39. Qf3

[一度a8でチェックを入れ、Qxf5がチェックになるような位置にキングを逃げさせ、あとは39... Qh2+ 40. Kf1 Qh1+ 41. Ke2 gxf2 42. Qxf2 Qh5+ 43. Qf3で勝ちだと思っていましたが、とんでもない手が来ました。]

39...Qg5!!

SZ19.gif

[これが黒の強力な1手でした。バックランクでメイトが狙われていますが、白はg3のポーンをクイーンでもポーンでも取りづらい状況です。]

40. Qb7+

[まず、40. Qxg3?? には40...Qc1+ 41. Kh2 Bf4! があります。さらに、40. fxg3には40...Qe3+ 41. Qxe3 Bxe3+ 42. Kf1 Bxb6でナイトを取られます。ただし、本当はこのエンディングはポーンの多い白勝ちです。しかし、まずはナイトを取られないラインを探すのが人間の思考です。]

40... Kg8 41. Qb8+ Kh7 42. Qc7+ Kh8 43. Qe5+ Kh7 44. f4??

SZ20.gif

[パニック!! 44. fxg3が勝ちにいくオンリームーブです。]

44... Qg4?!

[彼女が44...Qh5! を見つけなかったのはラッキーでした。h2d1でのチェックを同時に防ぐことはできず、黒勝勢となります。]

45. Kf1 Qd1+ 46. Qe1 Qxc2 47. Qe7+ Kg6 48. Qe8+ Kg7 49. Qd7+ Kg6 50. Qe8+ Kg7 51. Qd7+ Kg6

[黒には多くのスレット(Qf2# or Qd1# or Qxd3+)があるため、ドローにするのが正しい判断だと考え、ここでドローオファーしました。]

52. Qe8+ ½–½

 

駒得して勝勢になるまでは会心の出来でしたが、最後に崩れてしまい、残念です。しかし、なかなか緊迫感のあるファイティングゲームでした。

 

つづく午後のゲームですが、会場に行き、試合の準備をしていてもなかなか相手が現れず、試合開始時間になっても来なかったため、アービターが来て時計を止め、不戦勝となりました。(大会ではzero toleranceのルールが採用されている) 聞くと、相手がそれまで負けすぎ、残りのゲームを放棄し、トーナメントから去ったということです。試合できないのは心残りですが、おそらく試合をしていても結果は変わらなかったでしょう。

 

これで2.5P/6R。やはり最初の3戦連続0ポイントが影響して、なかなか上に上がっていけません。

 

試合会場の写真がないのは、会場に一切の電子機器を持ち込み不可になっているためです。会場に入る前にボディーチェックを受けます。写真はオーガナイザー側でいっぱい撮っているので、そのうちどこかで上がってくるでしょう。

 

IMG_2247.JPG

食事会場も飽和状態で、中に入り切れません。中国はどこに行っても人、人、人!


建行杯@Suzhou -Day1-

 

蘇州でのオープントーナメントに来ています。2日目の午後のラウンドからの参戦です。

 

http://chess-results.com/tnr426566.aspx?lan=22

 

会場はPullman Changshu Leemanホテルで、大会会場も食事会場も部屋もすべて立派で、とてもよくオーガナイズされています。

 

IMG_2244.JPG

 

IMG_2245.JPG

 

IMG_2221.JPG

 

IMG_2219.JPG

 

IMG_2220.JPG

 

IMG_2227.JPG

 

にもかかわらず、今回のトーナメントはInternationalではなく、National Tournamentなので、すでにある程度の不便さ、不具合は感じています。

 

・英語での大会詳細情報がない

WeChatが無いとオーガナイザーにコンタクトが取れない(はじめはメールを出したが返信無し)

WeChat Payか中国の銀行口座を持っていないと参加費を支払えない

・スターティングリストがいい加減。2400+のプレーヤーもレイティング0で登録されている

byeの制度がない

 

特に最後のbyeについて、私は13Rbyeと伝えたものの、ペアリングを見るたびに組まれていてオーガナイザーにどうなっているのか問い合わせていました。どうもbyeの制度がなく、不戦敗扱いになるということ。ポイントはともかく、試合ができなかった相手には申し訳ないので、その旨は説明しておいてとオーガナイザーに伝えると、「No Problem」だと。オーガナイザーにとっては「No Problem」かもしれませんが、相手にとっては、「Problem」では?...

 

そういうわけで、中国国内での初戦は最下位ボードからのスタートです。

 

Ma, Ruiyi (UR)

Baba, Masahiro (2303)

Suzhou 2019(4)

 

1. c4 e5 2. Nc3 Nc6 3. Nf3 Bc5 4. g3 a6 5. Bg2 d6 6. O-O Nf6 7. a3 O-O 8. d3 h6 9. Nd2?!

[ここからの白のセットアップはやや疑問です。 9. e39. b4が自然に見えます。]

9...Ba7 10. h3 Ne7

[d5のマスをカバーしつつ、白のロングダイアゴナルの威力を緩和します。]

11. Kh2 c6 12. f4?

SZ1.gif

[自身のキングまわりを極端に弱めるので悪手です。]

12...exf4

[はじめは12... Nf5を考えましたが、13. Nde4で、exf4に対して白はビショップでポーンを取り返せると問題ありません。]

13. Rxf4 Nh5 14. Rf1
[14. Rh4? Nxg3 15. Kxg3 Nf5+]

14... d5

[h2-b8ダイアゴナルを開きます。]

15. cxd5

SZ2.gif

[相手はここで時間を使わずにポーンを取ってきましたが、私の頭の中には次の1ショットがありました。]

15...Nxg3! 16. Rf3

[16. Kxg3 Qc7+ 17. Rf4 (17. Kf3 Nf5 18. Qe1 Be3) 17... g5 18. Nde4 Nf5+ 19. Kh2 gxf4 20. Nf6+ Kh8が私の考えていた変化の1つです。]

16... Ngf5 17. Nde4 cxd5

SZ3.gif

18. Ng3 Nxg3 19. Kxg3 Nf5+ 20. Kh2 Nh4 21. Rf1

[21. Rg3? Bb8]

21... Be6

SZ4.gif

[安全に1ポーンを守ります。]

22. Bf4 Nxg2 23. Kxg2 Qh4 24. Rf3 Bxh3+!

SZ5.gif

[小さなタクティクス]

25. Rxh3 Qxf4 26. Rf3

[26. Nxd5? Qg5+]

26... Qe5 27. Qf1 Bb8!

SZ6.gif

[1手メイトを狙い、同時にRf5を防ぎます。]

28. Kf2 Bc7 29. Ke1 Ba5 30. Kd1 Bxc3 31. Rf5 Qc7 32. bxc3

[32. Rc1 d4]

32... Qxc3 33. Rc1

[33. Rxd5? Qb3+]

33... Qb3+ 34. Kd2 Rac8! 35. Rxc8 Rxc8 36. Qf4

[36. Rxf7? Rc2+ 37. Ke3 d4+! で白はルークを失います。]

36... Qb2+ 37. Ke3?! Re8+ 38. Kf3 Qxe2+ 39. Kg3 Re3+ 40. Kh4 g5+

SZ9.gif

[パペチュアルチェックはありません。]

41. Rxg5+ hxg5+ 42. Qxg5+ Kf8 43. Qh6+

[43. Qd8+ Re8 44. Qd6+ Qe7+]

43...Ke8 44. Qh8+ Kd7 45. Qf8 Qf2+ 46. Kh5 Rh3+ 47. Kg5 Rg3+ 48. Kh6 Qh2# 0-1

SZ10.gif

[小さなタクティクスを重ねて中国国内初戦勝利。]

 

 

IMG_2223.JPG

 

IMG_2224.JPG

 

IMG_2225.JPG

 

IMG_2226.JPG

 

スイートルーム!長江の見える部屋!

 

しかし、これにはちょっと訳がありました。

 

とりあえずホテルに到着してチェックインを済ませて部屋に入ると、そこには人が!(あとで分かりましたが、彼はIM Li Boでした。)

 

どうやら、参加費として支払った2460元はホテル宿泊費も含まれていたようでしたが、この破格の価格の裏には他の参加者と相部屋となることが条件にあったようです。

 

私は他の予約サイトでホテルは取ってあったのでダブルブッキングになっていました。(オーガナイザーと会話したとき、「部屋が少なくなってきたから急いだほうがいい」と言われ、「ホテルは抑えたよ!」と返したのでホテルは自分でとるものだと疑っていませんでした。)

 

返金不可のプランで予約していたので、当然1人部屋に移動とするわけですが、そこで問題発生。

 

ホテル側が部屋はもうないと説明。(これからの3連休は約300人のプレーヤーとその家族でホテルの部屋がほとんど埋まる)

 

慌てて予約サイトに電話してホテルのフロントに確認するよう言うと、いろいろ調整したようで、スイートルームが1つあるということ。1日あたり+200元でトータル600元(10,000円くらい)上乗せになるが、そのプランはどうかと言われたので、承諾。

 

とりあえず1人部屋に移れたので結果オーライです!


Aoshima Mirai -LEAP (HK) International Open Champion-

 

青嶋君は7R終了時点で単独トップに立ったあと、R.8IM Li Bo戦で苦しいながらも粘ってドロー、最終戦は勝ち、8P/9Rで見事、優勝しました。

 

昨日、8R終了時点でフィリピンのFM Causo Denielがポイントで青嶋君に追いつきました。本日、Causo Deniel1BLi Boとの対戦で、隣の2Bで青嶋君のゲームが進行する中、先にLi Boを下しました。優勝するためには、青嶋君は絶対勝たなければならない状況でしたが、しっかりと最後まで指し切って勝ちをものにしました。最終的に8Pで青嶋君とCauso Denielが並びましたが、タイブレークで勝った青嶋君の優勝となりました。

 

プレッシャーをかけられながらもしっかり優勝するところが彼の強さでありますが、同時に、タイトルを確定させるようなトーナメントは、運も勢いも全て味方してくれます。

 

Congratulations!!

 

 

最終結果は以下の通りです。

http://chess-results.com/tnr397066.aspx?lan=22&art=1&rd=9&turdet=YES&flag=30

 

 

ゲームはChess-results.comで全て見ることができます。その中で最も勢いを感じたFM Causo Denielとのゲームを。

 

Aoshima, Mirai (2280,JPN)

Causo, Deniel (FM,2285,PHI)

Hong Kong 2018(5)

 

1.d4 d5 2.Nf3 c6 3.c4 Nf6 4.Nc3 a6 5.c5 Bf5 6.Qb3 Ra7 7.Nh4 Bc8 8.Bf4 Nbd7 9.Nf3 g6 10.h3 Bg7 11.e3 O-O 12.Bd3 Nh5 13.Bh2 e5?! [Premature?] 14.Nxe5 Bxe5 15.Bxe5 Nxe5 16.dxe5 d4 17.Ne4 Qa5+ 18.Ke2 dxe3 19.Kxe3! [Brave!] 19...b5 20.g4 [Push!] 20...Ng7 21.f4 [Push!] 21...Qd8 22.Nf6+ Kh8 23.Be4 Ne8 24.Rad1 Qe7 25.Qc3 b4 26.Qd4 [Centralization!] 26...Nxf6 27.exf6 Qe6 28.f5! [Push!!] 28...gxf5 29.gxf5 Qe8 30.Kf4! [Go ahead!] 30...Rd7 31.Qe5 [Centralization!] 31...Qd8 32.Rxd7 Qxd7 33.Qd6 [Exchange!] 33...Qxd6+ 34.cxd6 Rd8 35.Bxc6 Rxd6 36.Re1 [Back Rank!] 36...Rd8 37.Re7 Kg8 38.Bd5 Rf8 39.Rc7 [Domination!] 39...a5 40.Bxf7+! [liquidation!] 40...Rxf7 41.Rxc8+ Rf8 42.Rxf8+ Kxf8 43.Ke5 Kf7 44.Kd5 Kxf6 45.Kc4 Kxf5 46.Kb5 1-0


FM-elect Aoshima Mirai

 

HKIO.jpg

photo : Hong Kong Chess Federation

 

現在進行中の香港でのオープントーナメントで、青嶋君が6R終了時点で5.5Pとなり、レイティング+21.42300を超え、FMタイトルを確定させました。

 

これまで何度か2300を超えるチャンスはあったものの、大事なところで一歩後退していました。そういった意味で今回の結果は大きな成果です。今日は1225日、日本チェス界への最高のクリスマスプレゼントでしょう。

 

そして青嶋君がFMタイトルを登録すれば、FIDE日本籍でFM保持者は9人になります。登録料は70€(+銀行送金手数料)と、日本の段位登録料に比べると割安です。

 

現在、7Rが終了し、6.5Pで青嶋君は単独トップを走っています。タイトルも確定させたので、あとは優勝を目指すのみです! Fight!!

 

http://chess-results.com/tnr397066.aspx?lan=22&art=9&fed=JPN&turdet=YES&flag=30&snr=5

 


Brugge Masters 2018 Report5

最終ラウンドは2043のプレーヤーに黒番。ポイント的にもレイティング的にも勝って終わりたいところです。ボードには主催者側からベルギーチョコレートとオレンジジュースの差し入れがありました。

 

Round9

Babaoglu, Cumhur (2043,TUR)

Baba,Masahiro (FM,2306,JPN)

Brugge Masters 2018(9)

 

1. e4 c5 2. Nf3 d6 3. d4 cxd4 4. Nxd4 Nf6 5. Nc3 a6 6. Be3 e5 7. Nb3 Be7 8. f3 Be6 9. Qd2 O-O 10. g4? d5!

Brugge21.gif

[相手のムーブ・オーダーのミスを突いて、オープニングで早くも優勢に。このd5の突きを防ぐためにも10.0-0-0が正解です。このあとはあっという間に勝勢となります。]

11. Bc5 d4 12. Bxe7 Qxe7 13. Ne2 Nc6 14. Ng3 Rac8 15. Nf5 Bxf5 16. gxf5 Nb4 17. Bd3 Nh5 18. h4 Nf4 19. f6 Nbxd3+ 20. cxd3 Qxf6 21. Rc1 Rxc1+ 22. Nxc1 Rc8 23. Ne2 Ng2+ 24. Kf2 Ne3 25. Qb4 h5 26. Qxb7 Rc2 27. f4 exf4?

Brugge22.gif

[ここでなぜ27...Qxf4+が見えていなかったのは謎ですが、直前の27.f4に少なからず動揺したからだと思います。28.Ke1 Ng2+ 29.Kd1 Qd2#でメイトです。]

28. Qb8+ Kh7 29. Kf3 Ng4 30. Nxf4 Ne5+ 31. Kg3 g5 32. Qxe5 Qxe5 33. hxg5 0-1

 

これで6Pとなり、220人中20位で終了。スタート順位は21位だったので、だいたい順当です。レイティングは-3と少し落としましたが、2300はキープすることができました。

 

大会後は気になっていたBrugge旧市街の日本レストランで昼食をとった後、Bruggeから30分ほどで行ける中世の街並みを残したGentまで足を延ばしました。

 

DSC_0246.JPG

 

DSC_0245.JPG

 

DSC_0243.JPG

 

DSC_0252.JPG

 

 

翌日、港町のOostendで海を眺めたあと、帰路へ。

 

DSC_0276.JPG

 

DSC_0282.JPG

 

DSC_0284.JPG

 

久しぶりの海外大会は十分楽しめた、満足のいくものとなりました。Brugge Mastersはおすすめの大会です。

 

 

Chessbase Newsでの記事

https://en.chessbase.com/post/bruges-masters-2018

 

最終結果

http://chess-results.com/tnr371497.aspx?lan=22&art=1&rd=9

 

 


Brugge Masters 2018 Report4

DSC_0114.JPG

 

DSC_0158.JPG

 

大会4日目は黒で2041のプレーヤーと。黒番ですが、レイティングを取り戻す必要もありますし、ここは勝つしかありません。

 

Round7

Quinones Maletti, Julio Guillerm (2041,DEN)

Baba,Masahiro (FM,2306,JPN)

Brugge Masters 2018(7)

 

1. e4 c5 2. Nf3 d6 3. d4 cxd4 4. Nxd4 Nf6 5. Nc3 a6 6. Be3 e5 7. Nb3 Be7 8. Bc4

Brugge14.gif

[これまで数多くのNajdorfのラインを経験してきましたが、English attackSozin attackをミックスしたようなこのラインは初めてです。プリパレーション内でしたが、まだまだ手はあるんだなと思わされました。]

8...O-O 9. f3 Be6 10. Nd5 Nbd7 11. Qd2 Rc8 12. Na5 Bxd5 13. exd5 Qc7 14. O-O Nb6 15. Bb3 Bd8 16. c3 Nbxd5 17. Bxd5 Qxa5 18. Bxb7 Rb8 19. Be4 d5 20. b4 Qa3 21. Bxd5 Nxd5 22. Qxd5 Qxc3 23. Bc5 Bb6 24. Rac1 Qxb4 25. Qxe5 Rfe8 26. Qd6 Qb2 27. Bxb6 Rxb6 28. Rce1 Rc8 29. Qd7 Rbb8

Brugge15.gif

[メジャーピース以外の駒交換が終わり、ドロー模様に。しかしすぐにはドローを受けず、白にプレシャーを与え続けるようなセットアップを考えます。]

30. Rf2 Qb6 31. Qd2 h6 32. g3 Rd8 33. Qc2 Rbc8 34. Qb2 Qc6 35. Qb3 Qf6 36. Qe3 Rc3 37. Qe4 Rcd3 38. Kg2 Qc3 39. Qe5 Qc6 40. Qe4 Qb6 41. Qa4 Kh7 42. Qe4+ g6 43. Qc4 R8d7 44. Qf4 Kg7 45. Qe5+ Qf6 46. Qc5

[白はクイーン交換せず、クイーンを残してディフェンスすることに。ドローを狙うなら、クイーンは交換したほうがドローにしやすいと思います。]

46...R7d5 47. Qc2 Rc3 48. Qe4 Rcd3 49. Qe2 h5!

Brugge16.gif

[h5-h4を見せ、白にh4を突かせ、白キング前を弱めます。]

50. h4 Qc3 51. Qe4 Rf5 52. Ref1 a5!

[端ポーンをa3まで進めておくのはあとあと有効です。]

53. Qe2 Kh7 54. Rd1 Re3 55. Qf1 a4 56. Rc1 Qa3 57. Re1 Rc3 58. Qe2 Qc5 59. Qd2 a3 60. Qe2 Qc6 61. Rb1 Qc7

[少し時間を使って61... Rfxf3を考えましたが、62. Rxf3 Rc2 63. Re1 Kg7 64. Qf2 Rxf2+ 65. Kxf2では黒は勝てません。]

62. Re1 Kg7 63. Qe4 Qc5 64. Qe2 Qd4 65. Rd1 Qc5 66. Re1 Rc4 67. Qe3 Qd6 68. Rd2 Qc6 69. Rf2 Rc3 70. Qd4+ Qf6 71. Qe4

[2度目のクイーン交換のチャンスでしたが、ここも換えてきませんでした。]

71...Kh7 72. Qe2 Rfc5 73. Qd2 Qf5

Brugge17.gif

[f3を狙うのはあきらめ、c2から2ndランクへのルーク侵入への方針転換をします。]

74. Qd1 Rd3 75. Qa4 Re5 76. Qb4 Rxe1 77. Qxe1 Qd5

[ルークを1つ交換し、バックランクを弱めました。お互いに時間切迫の時は、いろいろと状況を変えると相手が新しい状況に十分に対処できず、ミスが出やすくなるので、戦術的に効果的です。]

78. Qe2 Rd1 79. Qe7 Ra1 80. Qe2 Rb1 81. Qe3?? Qd1 0-1

[最後の最後に相手にミスが出て勝利。]

 

4時間半のゲームの後、まったく休みなしに次のラウンドがスタート。Brugge Mastersでただ1つ問題を挙げるとすれば、午前のゲームと午後のゲームのインターバルが短すぎること。午前のラウンドが10:00にスタートして午後のラウンドが15:00スタートだと、ちょっとでも午前のゲームが長引くと昼食をとる時間さえありません。

 

続いては中国の女子プレーヤーとでした。過去、中国の女子プレーヤーとの対戦は33ドローと勝ちがありません。(とはいっても皆、タイトルホルダーですが…)

 

Round8

Baba,Masahiro (FM,2306,JPN)

Du, Yuxin (2064,CHN)

Brugge Masters 2018(8)

 

1. e4 c6 2. Nf3 d5 3. exd5 cxd5 4. Ne5 Nc6 5. d4

[疲れていたのでCaro-Kannのメインラインには飛び込みません。相手もこのラインの経験がないことは明らかで、序盤から時間を使ってきます。]

5...Qb6 6. c3 Nf6 7. Bd3 g6 8. O-O Bf5

Brugge18.gif

[このストラクチャーではよくあるアイディアですが、ポーンの形を崩しておいて白が悪いはずはないと考え、ピース交換を受けます。]

9. Bxf5 gxf5 10. Qd3 e6 11. Nxc6 Qxc6 12. Re1 Ne4 13. f3 Nd6 14. Bf4 Be7 15. Nd2 Rc8 16. Rac1 Nc4 17. Nxc4 Qxc4 18. Qd2 Bf6 19. b3 Qa6 20. Bg5 Bg7 21. Bh6 Bxh6 22. Qxh6 Rg8 23. Qf6 Rg6 24. Qh8+ Kd7 25. Qxh7 Rcg8 26. Qxf7+ Kd8!

Brugge19.gif

[白のチェックが途切れ、黒にチャンス到来です。この大事な局面でg2の守り方を間違えます。]

27. g3? Qxa2

[ここにきてRxg3+がかなり受けにくいスレットであることに気づきます。28. Kh1には28...Rh8 29. h4 Rxh4+! で終わりです。]

28. Kf1 Qxh2 29. Qxb7 Rxg3 30. Qb8+ Ke7 31. Rxe6+

[ダメもとでもこう指してパペチュアルを狙うしかありません。]

31...Kxe6 32. Re1+ Kf6 33. Qd6+ Kg5 34. Qe7+ Kh6 35. Re6+ R3g6 36. Rxg6+ Rxg6 37. Qf8+ Kh7 38. Qf7+ Rg7 39. Qxf5+ Kh8?!

Brugge20.gif

[ここは39...Kg8! でチェックが途切れます。相手がパペチュアルを受け入れてくれたのはありがたかったです。]

40. Qf8+ Kh7 41. Qf5+ Rg6 42. Qf7+ Rg7 43. Qf5+ Kh8 44. Qf8+ ½–½

 

DSC_0178.JPG

 

DSC_0181.JPG

 

つづく

 

½–½


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM