World Junior Championship 2017

イタリアで開催されたWorld Juniorが終了しました。日本から参戦のHiebert Kenjiくんは5.5P/11Rの好戦績で終了。パフォーマンス2322、レイティングは+154.4!)で、次回発表時には多くの日本トップ勢を追い抜き、2171まで上がります。序盤は2300台に21ドローと良いスタートを切りましたが、中盤で3連敗と後退。そのあとどうなるかなと思って見ていましたが、最後3連勝(!)でフィニッシュ。スタートランク133位の中、最終ランクは82位まで上がりました。

 

個人成績は以下のリンクで確認することができます。

 

http://www.chess-results.com/tnr305835.aspx?lan=1&art=9&fed=JPN&flag=30&wi=821&snr=133

 

最終ラウンド以外のゲームはすでに公開されています。個人的には次のゲームが良かったと思いますので、簡単に紹介します。

 

Favaloro,Andrea (2260,ITA)

Hiebert,Kenji (2017,JPN)

World Junior Open 2017 Tarvisio (10)

 

1.b3 e5 2.Bb2 Nc6 3.Nf3 e4 4.Nd4 Nf6 5.e3 Bc5 6.Nxc6 bxc6 7.d3 d5 8.Nd2 00 9.Be2 Bf5 10.g4 exd3 11.cxd3 Be6 12.Rc1 Bb6 13.g5 Nd7 14.Rg1 c5 15.h4 a5 16.h5 d4 17.e4 f5! 18.Ba3 Qc8 19.Qc2 Qa6 20.f4?! a4 21.b4 cxb4 22.Bxb4 c5 23.Ba3 fxe4 24.dxe4 [24.Nxe4 Rxf4-+] 24...d3! 25.Bxd3 c4 26.Nxc4 Bxg1 27.f5 Bf7 28.g6 Be8 29.Kf1 Bc5 30.Bb2 Qa7 31.Qc3 Nf6 32.Ne5 Rc8 33.Bc4+ Kh8 34.h6 Nxe4! 35.Nf7+ Rxf7 [35...Qxf7? 36.Qxg7+ Qxg7 37.hxg7#] 36.hxg7+ Rxg7 [36...Kg8? 37.gxh7+ Kxh7 38.g8Q+ Kxg8 39.Qh8#] 37.Qh3 Bd4! 38.f6 Bxf6 39.Rc2 [39.Qxc8 Qf2#] 39...Bxb2 40.Qxc8 Qd7 41.Qxd7 Rxd7 42.Bb5 Rd1+ 01

 

この大会では、交通が不便、宿の設備が悪い、オーガナイザーの対応が悪いなど、インドのコーチがchessbase indiaでクレームを公表しています。私はイタリアの片田舎では国際大会のレベルを満たすのはなかなか難しいのでは?と5年前にイタリアのRocca Prioraで開催された小さなオープントーナメントに記憶を重ねました。(運営は全く問題ありませんでしたが)

 

とにかく、アービターとして参加されたYumiさん、プレーヤーとして参加されたKenjiくん、お疲れ様でした。


London Chess Classic 2012 終了



ちょっとこうしない間に
London Chess Classicが終わっていました。すでに報じられているように、Carlsenが勝ち星を重ね単独で優勝。今回の結果をふまえ、CarlsenのレイティングはKasparovの持つレイティング記録を10も上回る2861となり、2位以下を大きく引き離します。Kramnikも本来であれば優勝でおかしくないスコア―を残しました。まだまだ健在ですね。

 

2012年の主要大会が終わりました。BilbaoLondonで優勝したCarlsen2012年もチェスオスカーを獲得することは疑いようがありません。AronianWijk aan Zeeを優勝し、Istanbulオリンピアードでは祖国アルメニアを優勝に導きました。しかし、Carlsenの印象のほうが強いと思います。今年、あまりにパッとしなかったのはAnandでしょう。GelfandとのマッチもAnandらしい華やかなプレーが見られず、あまり盛り上がりませんでした。ランキングも大きく落とし、来年からの動向に注目が集まると思います。

 

日本人の参加したオープンでは、小島くんが6Pでレイティングを伸ばし終了。IMに近づいていることは近づいているので、あとはハンガリーでノームをしっかり残すことだと思います。Cappelleへの参加も表明してくれていますので、そこでの活躍も期待しましょう。森内さんは最後3連敗が痛かったですね。何はともあれ、長いトーナメントで皆さんお疲れ様でした。


London Chess Classic 2012



毎年恒例になりつつあるチェス界のビッグイベント。今年はオープントーナメントに日本から小島くん、森内さん、高橋礼二くんの
3名が参加しています。高橋くんは多忙の中、思い切っての参加だったと思います。国内のトーナメントからはずいぶん遠ざかっているので、なかなか結果を残すのは難しいと思いますが、他2名と同様、彼のプレーにも注目しています。

 

メインイベントではCarlsen2連勝スタートです。今のまま勝ち進めば、Kasparovの持つ2851というマンモスレイティングを更新します。

 

タイトルからは外れますが、いま、インドで池田惇多くんが激闘中です。チェンナイでのCommonwealth Championshipsでは、2500+GM3人と2400+IM3人に当たりながら7.5p/11Rの好戦績。TWICでゲームも確認しましたが、連日、長手数のハード・ファイティングをこなす強さと若さを感じました。次はカルカッタでのトーナメント。こちらも目が離せません。

 

http://chess-results.com/tnr85756.aspx?art=9&lan=1&fed=AUS&turdet=YES&flag=30&snr=50


European Club Cup 2012



表題のチーム選手権が、イスラエルの
Eilatという都市でスタートしました。日本から直接イスラエルに飛んだAlmiraさんはWoman Sectionのトップチームでの参戦です。このチーム、今をときめく3大スター(HouKoneruMuzychuk)を擁し、平均レイティングは2578と、本気モードもいいところです。

 

1 GM Hou Yifan 2605 CHN

2 GM Koneru Humpy 2607 IND

3 GM Muzychuk Anna 2587 SLO

4 GM Cramling Pia 2514 SWE

5 IM Skripchenko Almira 2437 FRA


Portugal & USA & Istanbul

World University Championships 2012

ポルトガルでのユニバーシアードが終了しました。最終ラウンド、早々に1ポーンアップした尚広くんは勝つだろうと見ていましたが、ドローに逃げられました。篠田くんもドローで終了。明日には東京に戻ってくるはずです。帰ってからの報告を待ちましょう。

 

Atlantic Open

佐野くんが単身乗り込んでいるワシントンDCでのAtlantic Openの結果が入ってきました。最も厳しいOpen Sectionへの参加であり、このセクションには酒井響くんも参加しています。

 

http://www.atlanticopen.com/

 

R.1Daniel Aleksandr Minkin2005)にドロー、Srinivas R Moorthy1970)に勝ちで、R.3はなんとJohn P Fedorowicz2500,GM)と対戦です!

 

Istanbul Olympiad

そしてイスタンブール・オリンピアードがいよいよ開幕です。代表メンバーは本日、イスタンブールに向けて出発です。付き人やプレーヤー、観戦者から随時、現地からのレポートも上がってくるとは思いますが、こちらでもできる限りカバーしていきたいと思います。


Dortmund & Amsterdam2012

Dortmund20125人が5Pで並び、今日の最終戦を迎えます。今年もファイティング・ゲームが多く、見ているほうを楽しませてくれています。R.4では、LekoCaruanaに対して、もう少しでcreativeなマスターピースを完成させるところでした。

 

Leko,P (2730)

Caruana,F (2775)

Dortmund 2012(4)

 

1.e4 e6 2.d4 d5 3.Nc3 Bb4 4.e5 c5 5.a3 Bxc3+ 6.bxc3 Ne7 7.Qg4 cxd4 8.Qxg7 Rg8 9.Qxh7 Qc7 10.Ne2 Nbc6 11.f4 dxc3 12.Qd3 d4 13.Nxd4 Nxd4 14.Qxd4 Bd7 15.Rg1 Nf5 16.Qf2 Qc6 17.Bd3 Qd5 18.Rb1 Bc6 19.Rb3 0–0–0 20.Rxc3 Kb8 21.g4 Nd4 22.Rg3 Qh1+ 23.Bf1 b6 24.Bb2 Be4 25.a4 Rd5 26.Ba3 Rc8 27.Bd6+ Kb7 28.Rxc8 Nf3+ 29.Ke2! Rd2+ 30.Ke3!




30...Kxc8

 

ここでクイーンを取ると、黒は思いもよらず、メイトになります。30...Rxf2 31.Rb8+ Kc6 32.Bb5+ Kd5 33.c4#



                                ANALYSIS  DIAGRAM

 

白キングも加担しているところに注目です。このあと、白のミスが続き、Caruanaはドローに逃れました。

 

31.Rg1 Nxg1 32.Kxd2 Nf3+ 33.Kc3 Nxh2 34.Be2 Qa1+ 35.Kd2 Qh1 36.Qg3 Nf1+ 37.Bxf1 Qxf1 38.Qe3 Qg2+ 39.Qe2 Qxe2+ 40.Kxe2 Bxc2 41.a5 bxa5 42.Kd2 Bg6 ½–½

 


Amsterdam
では、Dutch Championshipと並行して、7人のGMによるラウンドロビンが行われています。このトーナメントでは、かつてのチェス界の風習である封じ手が復活。試験的にやってみているだけだと思いますが、結果がつかないボードがあると、現時点で誰がトーナメント・リーダーなのか分かりにくいというデメリットはあります。

 

今回の注目の的はA.Muzychukだと思います。先日、2600の壁を越えた女性のGMは、レイティング最下位にもかかわらずここまで+1の戦績。最終日、Ivanchukに負けても50%ですから、これはかなりセンセーショナルな記録だと思います。Muzychukのゲームもcreativeなものが多いですが、Sutovskyとのゲームはちょっとやりすぎた感があります。

 

Muzychuk,A (2606)

Sutovsky,E (2687)

ACP Golden Classic 2012(5)

 

1.e4 c6 2.d4 d5 3.e5 Bf5 4.h4 h6 5.g4 Be4 6.f3 Bh7 7.e6 Qd6 8.exf7+ Kxf7 9.f4 Nf6 10.Bh3 c5 11.g5 hxg5 12.hxg5 Ne4 13.Bc8 Nc6 14.Bxb7 Qe6 15.Ne2 Rb8 16.Bxc6 Qxc6 17.f5 g6 18.Nf4 Bg7 19.Rxh7 Rxh7 20.fxg6+ Qxg6 21.Qf3 Rf8 22.Nd2 Qxg5 23.Nxe4




23...Qg1+

 

ここでSutovskyがなぜシンプルに23...dxe4とナイトを取り返さなかったのだろうと一時悩みました。23...dxe4には、24.Qb3+! が見えにくい好手で、24...Ke8 25.Qb5+ Kf7 26.Qb3+でパペチュアルになります。ゲームは、違う形でパペチュアルとなり、ドローに落ち着きました。

 

24.Ke2 Rh2+ 25.Nf2 Kg8 26.Qxd5+ Rf7 27.Qa8+ Rf8 28.Qd5+ Rf7 29.Qa8+ Rf8 30.Qd5+ Rf7 31.Qa8+ ½–½


                                 GM Anna Muzychuk


Aeroflot Open 2012

今年のAeroflotはタイブレークの末、ポーランドのGM Bartelが優勝し、Dortmundへの切符を手にしました。賞金額の関係からか、多くのトップGMらはGibraltarに流れ込み、AeroflotGibraltarのオープン大会としての地位が逆転したように思えました。しかし、Aeroflotはいつもビッグ・ファイトが多く、多くの新しいアイディアも出てくる魅力的な大会です。今回は、同大会から印象的だった3ゲームを選びました。

 

Adhiban,Baskaran (2561)

Ragger,Markus (2655)

Aeroflot Open A Moscow 2012(1)

 

1.d4 d5 2.c4 c6 3.Nc3 Nf6 4.e3 e6 5.Nf3 Nbd7 6.Qc2 Bd6 7.g4!? [オーストリアのGM Raggerはシャープなポジションを好むので、この手は挑戦的な選択に見えました。] 7...h6 8.h3 a6 9.c5 Be7 10.Bd2 b6 11.cxb6 c5 12.Na4 Ne4 13.Ba5 Bb7 14.b4 cxd4 15.exd4 Rc8 16.Nc5 Ndxc5 17.bxc5




17...Bxc5!
[黒の狙いの1手です。大きくラインを開き、白キングを直接狙いにいきます。] 18.dxc5 Qf6 19.Qd1 d4! 20.Qa4+ Ke7 21.Bg2 Ng5 22.Nh4 [22.Nxg5 Bxg2 23.Rg1 Qe5+ 24.Kd1 d3は白がつぶれています。] 22...Bxg2 23.Nxg2 Qf3 24.Rh2?! [24.0–0 が安全で、24...Nxh3+ 25.Kh2 なら黒にパペチュアル以上はないと思います。例えば、25...Nf4 26.Nxf4 Qxf4+ 27.Kh1 Qf3+] 24...Qe4+! 25.Kf1 Nf3 26.Ne1 [26.Rh1?? Qd3#があるのがポイント] 26...Nxh2+ 27.Kg1 Nf3+ 28.Nxf3 Qxf3 29.Qxd4




29...Rhd8??
[流れはここまで黒にあったはずが、このブランダーにより、変わります。] 30.b7! Rxd4 31.bxc8Q Qxh3 32.Qb7+ Kf6 33.Bc7! [Ragger missed this?] 33...Qxg4+ 34.Qg2 Qf5 35.c6 e5 36.Re1 e4 37.Bg3 Rc4 38.c7 h5 39.Qf1 Qc5 40.Qh3 Rc3 41.Kh2 Rc2 42.Rxe4 g5 43.Re5 Rxf2+ 44.Kg1 1–0

 

Negi,Parimarjan (2641)

Shomoev,Anton (2570)

Aeroflot Open A Moscow 2012(7)

 

1.e4 c5 2.Nf3 d6 3.d4 cxd4 4.Nxd4 Nf6 5.Nc3 a6 6.Bg5 e6 7.f4 b5 8.e5 dxe5 9.fxe5 Qc7!? 10.exf6 Qe5+ 11.Be2 Qxg5 [Najdorfの中でも特にトリッキーなPolguaevsky Variationは、最近すっかりマスターのゲームから姿を消していました。] 12.0–0 Ra7 13.Qd3 Rd7 14.Ne4 Qe5 15.Nf3 Qxb2 16.Qe3 Bb7 17.Rab1 Qxa2!?




[Negi
にこのラインの試合経験があることを知っていただろうShomoevは、ここで改善案を見せてきました。Negiの過去の試合で黒はc2のほうを取りました。そのゲームはあっさりと白勝ちとなりました。17...Qxc2 18.Nfg5 g6 19.Rbc1 Qa4 20.Nxe6! fxe6 21.f7+ Kd8 (21...Rxf7 22.Rxf7 Kxf7 23.Ng5+) 22.Qg5+ Re7 23.Qe5 1–0 Negi,P (2515)-Hermansson,E (2475)/Malmo 2007] 18.c4 Bxe4 [18...bxc4?? 19.Rxb7! Rxb7 20.fxg7 Bxg7 21.Nd6+] 19.fxg7 Bxg7 20.Qxe4 Rd6!? 21.Ng5?! Rd4! 22.Qb7 0–0 23.Bd3? Qd2! 24.Rxf7 [24.Bxh7+ Kh8 25.Nxf7+ Kxh7 26.Ng5+ Qxg5 27.Rxf8 Qc5!] 24...Qxg5 25.Rxf8+ Kxf8 26.Rf1+ Ke8 27.Bxh7 Nd7 28.Qxa6 Qe3+ 29.Kh1 Ke7 30.cxb5 Rh4 31.Bg8 [ここから7手でメイトです。]




31...Rxh2+! 32.Kxh2 Be5+ 33.Kh1 Qh6+ 34.Kg1 Bh2+ 35.Kf2 Qd2+ 0–1
[36.Kf3 Ne5+ 37.Ke4 Qd3#]

 

Akopian,Vladimir (2685)

Ghaem Maghami,Ehsan (2570)

Aeroflot Open A Moscow 2012(7)

 

1.e4 e5 2.Nf3 Nf6 3.Nxe5 d6 4.Nf3 Nxe4 5.d4 d5 6.Bd3 Be7 7.0–0 Nc6 8.c4 Nf6 9.h3 0–0 10.Nc3 dxc4 11.Bxc4 Bf5 12.Re1 Na5 13.Bf1 Nc6 14.d5 Nb4 15.Re5 Bc2 16.Qd2 Bg6 17.a3 Na6 18.b4 Nb8 19.Bb2 Nbd7 20.Ree1 a6 21.g4 Re8 22.Qd4 Bf8 23.h4 h6 24.g5 hxg5 25.hxg5 Rxe1 26.Rxe1 Nh7 27.Qg4 Nb6 28.Bc1 Qd7 29.Qxd7 Nxd7 30.Nh4 Bc2 31.Bh3 Nb6 [ここまで何の変哲もないペトロフ。ドローっぽく見えますが、次から急展開します。]




32.g6!
[マイナーピースでメイティング・アタックを作り出すための足がかりとなるポーン・サクリファイス] 32...fxg6 33.Be6+ Kh8 34.Ne4 [Nxg6#] 34...Bxe4 35.Rxe4 Nf6 36.Re3 g5 37.Ng6+ Kh7 38.Bf5 Kg8 39.Be6+ Kh7




40.Ne5!
[Rh3+] 40...g4 41.Bf5+ Kg8 42.Nxg4 Nfxd5 43.Be6+ Kh7 44.Rh3+ Kg6 45.Rf3 Kh7 46.Rh3+ Kg6 47.Rf3 Kh7 48.Bf7! [Rh3#] 48...g5 [49.Bb2に対し、49...Nf4でディフェンスするための手です。] 49.Bxg5 Be7 50.Bh6! [Rh3Bf8#!]




50…Rg8 51.Bxg8+ Kxg8 52.Ne3 Nxe3 53.Bxe3 Nd5 54.Bd4 b6 55.Rf5 c6 56.Kg2 1–0


World Youth Championship 2011 @Brazil



http://www.wycc2011.com/

 

今年のWorld Youthは今をときめくブラジルでの開催です。U14で阿部真大くんが、U18で酒井響くんが出場しています。地球の裏側から応援しています。

 


Unive Open R.7 & R.8 & R.9



Unive Open
が終了しました。山田弘平くんは後半、調子を上げてきて、最後IMとドロー。ハーフでフィニッシュ。レイティングも15くらい上がりそうです。

 

Round7

Yamada,K (2093) 1-0 Van Foreest, Jorden (2153)

 

Round8

Meurs, Tom (2217) ½-½ Yamada,K (2093)

 

Round9

Yamada,K (2093) ½-½ Afek, Yochanan (2299,IM) 


Unive Open R.5 & R.6



函館のページで詳しいレポートが出ていますが、一応ここでも結果だけは追いかけておきます。

 

Round5

Yamada,K (2093) 1-0 Van Foreest, Lucas (1918)

 

Round6

Van Weersel, Arlette (2191,WIM) ½-½ Yamada,K (2093)

 

続くR.7もオランダ戦! 


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM