Istanbul Olympiad 2012 -R.11 Results-



Nightmare

 

最終ラウンド、Openチームは南條くんのIMノームにかけ、小島くんを下げて戦いました。しかし、南條くんは負け、チームも負け。チームは最後4連敗で、最終的に150チーム中123位と、スタート順位の92位から30位も順位を下げてのフィニッシュ。何とも言えぬ、とても悲しい結果です。エジプト戦とモナコ戦、小島くんを外して戦った結果がこうなりました。チームとして結果を残すためにはどうしなければいけないか、考える材料になったと思います。この経験を次回以降のオリンピアードに生かせると良いですね。

 

一方、女子チームは最後、ボツワナに完勝で、127チーム中99位。スタート順位の103位より少し上でフィニッシュできたので、まずまずの結果だと思います。今回、ゲームを見ていて、若い人は強くなると感じました。

 

Open R.11

Japan(1½) vs Monaco(2½)

 

1B Nanjo Ryosuke (2316,CM) 0-1 Efimov, Igor (2416,GM)

2B Watanabe Akira (2278,FM) ½-½ Villegas, Pierre (2249)

3B Averbukh, Alexander (2211) 1-0 Van Hoolandt, Patrick (2171,FM)

4B Iwasaki Yudai (2137,CM) 0-1 Nelis, Jean-Francoise (2207)

 

Women R.11

Japan(4) vs Botswana(0)

 

1B Ishizuka, Mirai (1839) 1-0 Modongo, Boikhutso (1862,WIM)

2B Nakagawa, Emiko (1798,WCM) 1-0 Lopang, Tshepiso (1838,WFM)

3B Kikuchi, Arisa (UR) 1-0 Sabure, Ontiretse (1682,WCM)

4B Hoshino, Karen (1640) 1-0 Leso, Gorata Brandy (1631)


Istanbul Olympiad 2012 -R.10 Results-



Open
はマレーシアに1-3で負け。応援しながらも、内心では勝つのは難しいとは思っていました。それでも、2-2のドローくらいにはなるのではないかと思ってゲームを見ていたら、この日もまさかのシャットアウトの可能性があることが分かり、冷や冷やものでした。結局は南條くんがご慈悲のドロー、暁さんが奇跡のドローで何とか1Pをもぎ取りました。

 

女子チームは完敗。オープニングはMishaと一緒に準備できるので、オープニングはうまくいっています。しかし、オープニングが終わった瞬間、崩れています。

 

本日はレストデー。チームの流れが悪いので、今日くらいは街にお土産を買いにいくなり、おいしいものを食べに行くなり、観光をするなりリフレッシュして過ごしてほしいと思います。

 

Open R.10

Japan(1) vs Malaysia(3)

 

1B Kojima Shinya (2282,FM) 0-1 Mok, Tze-meng (2354,IM)

2B Nanjo Ryosuke (2316,CM) ½-½ Lim, Yee Weng (2287,FM)

3B Watanabe Akira (2278,FM) ½-½ Yeoh, Li Tian (2258)

4B Averbukh, Alexander (2211) 0-1 Liew, Chee-meng (2297,IM)

 

Women R.10

Japan(0) vs FYROM(4)

 

1B Ishizuka, Mirai (1839) 0-1 Koskoska, Gabriela (2094,IM)

2B Nakagawa, Emiko (1798,WCM) 0-1 Bejatovic, Bojana (1978)

3B Kikuchi, Arisa (UR) 0-1 Stojkovska, Monika (1939)

4B Hoshino, Karen (1640) 0-1 Nikolovska, Dragana (1828)


Istanbul Olympiad 2012 -R.9 Results-




良い勝負になるかと思われていたボリビア戦は、前ラウンドに引き続き悪夢。危うくシャットアウトされかけたところで
2Bの南條くんの相手がドローで妥協。かろうじて0.5Pを取りました。1Bの相手がこのオリンピアードで調子のよいことは分かっていたので、3B4Bでポイントを取らなければいけなかったと思いますが...

 

女子はパキスタンに勝ち!

 

Open R.9

Japan(½) vs Bolivia(3½)

 

1B Kojima Shinya (2282,FM) 0-1 Zambrana, Osvaldo R (2471,GM)

2B Nanjo Ryosuke (2316,CM) ½-½ Gemy, Jose Daniel (2345,FM)

3B Watanabe Akira (2278,FM) 0-1 Cueto, Jonny (2282,IM)

4B Iwasaki Yudai (2137,CM) 0-1 Ferrufino, Boris (2171,CM)

 

Women R.9

Japan(2½) vs Pakistan(1½)

 

1B Ishizuka, Mirai (1839) ½-½ Wasif, Zenubia (UR)

2B Nakagawa, Emiko (1798,WCM) 0-1 Siddiqui, Nida Mishraz (1670)

3B Hasegawa, Emi (UR) 1-0 Khuaja, Ghazala Shabbir (1638)

4B Hoshino, Karen (1640) 1-0 Mehak, Gul (UR)

 

本日のR.10Openはマレーシアと。ここで当たりましたか。因縁の相手ですね。このオリンピアードでMok Tze MengVan WelyAmin Bassemを、Lim Yee WengAhmed Adlyをそれぞれ打ち破っています。また、Yeoh, Li Tianはマレーシア初のGMとなることを期待されている少年で警戒すべき相手です。あと、このラウンドは出てきませんが、5Bのプレーヤーのパフォーマンスが2474ですか... MasZi Jing不在のマレーシアも、新たな成長株を加え、今回は絶好調です。

 

女子はマケドニアと。厳しいラウンドになると思いますが、「駒のタダ落ちをなくす」、「自分から相手の駒を呼び込むような真似はしない」ということに注意すれば結果も変わってくるはずです。

 

今日も日本から応援しています。


                          暁さん著の本を手に取り談笑するブラジルの女子チーム


Istanbul Olympiad 2012 -R.8 Results-



注目の
R.8は、危うく8敗するところでした。Openのエジプト戦は力負け。sweepされました。

女子はタイ戦でした。そんなに強いはずはないチームのはずだったのですが、
4Bともすぐさま悪くなり、こちらもsweepされるところ、1Bで石塚さんが奇跡の逆転。ここまで色々と災難に悩まされ、運のなかった彼女も、ようやくここで負のスパイラルから抜け出せました。残りのラウンドにも期待しています。

 

本日、Openはボリビア戦。1BGM Zambrana, Osvaldo RR.1Movsesianを打ち破っています。24Bも相手がやや上。正念場のラウンドになりそうです。

 

Open R.8

Japan(0) vs Egypt(4)

 

1B Nanjo Ryosuke (2316,CM) 0-1 Amin, Bassem (2643,GM)

2B Watanabe Akira (2278,FM) 0-1 Adly, Ahmed (2602,GM)

3B Averbukh, Alexander (2211) 0-1 Ezat, Mohamed (2453,IM)

4B Iwasaki Yudai (2137,CM) 0-1 Abdel Razik, Khale (2448,IM)

 

Women R.8

Japan(1) vs Thailand(3)

 

1B Ishizuka, Mirai (1839) 1-0 Vongvatthana, Chananchida (UR)

2B Hasegawa, Emi (UR) 0-1 Srijomtong, Isawan (UR)

3B Kikuchi Arisa (UR) 0-1 Atthaworadej, Worasuda (1638)

4B Hoshino, Karen (1640) 0-1 Pratuengsukpong, Chitaporn (UR)


Istanbul Olympiad 2012 -R.7 Results-



Fine day for Japan

 

R.7はどちらのセクションも勝利。初めて両セクションともに勝利となりました。

 

Openは序盤から皆良くて、これは楽勝だろうと思って見ていました。特に小島くんはあっという間に1ポーンアップで、十分勝ちにいける局面でした。しかし、安全策に出てドロー。他のボードでポイントが取れると読んだのでしょう。チームとしては悪くない結果でした。結局、岩崎さんの初勝利がチームを勝利に導く形になりました。意外に僅差。欲を言えば、南條くんか暁さんのどちらかに勝ってほしかったです。

 

女子は3-1での勝利ですから文句はないでしょう。

 

Open R.7

Japan(2½) vs Algeria(1½)

 

1B Kojima Shinya (2282,FM) ½-½ Haddouche, Mohamed (2429,IM)

2B Nanjo Ryosuke (2316,CM) ½-½ Oussedik, Mahfoud (2242,CM)

3B Watanabe Akira (2278,FM) ½-½ Dekar, Lies (2155,IM)

4B Iwasaki Yudai (2137,CM) 1-0 Medjkouh, Said (2081)

 

Women R.7

Japan(3) vs Iraq(1)

 

1B Ishizuka, Mirai (1839) 0-1 Al-rufaye, Iman (2171,WIM)

2B Nakagawa, Emiko (1798,WCM) 1-0 Al-fayyadh, Zainab Asif Abdulah (1635)

3B Hasegawa, Emi (UR) 1-0 Al-khalidi, Aisha Ali Ahmed (1597)

4B Hoshino, Karen (1640) 1-0 Abdulzahra, Sali (1638)

 

 

Do you really need a holiday?

 

さて、調子上向きのOpenチームですが、R.8はエジプトという厳しい当たり。エジプトは、2トップに加え、2400台を擁する強いチームです。当然、日本はベストの布陣で臨むと思われましたが、小島くんが抜けるというチーム編成。

 

小島くん自ら休みたいと申し出たためです。これには、Twitter上で炎上とまではいきませんが、かなりシビアな意見が多く出てきました。疲れているとは言うものの、1戦不戦に1日レストデーあり。さらに言えば、休み明けのR.6Wales戦では短手数のドロー、R.7では早々に駒得ですから、疲れる要素が見当たりません。社会人はそんなに休めないのですよ!本業なんだから、もっと頑張ってください。ぶっ続けでロングファイトをしている南條くんのほうがよっぽど疲れていると思います。

 

あと、個人的には、格上のエジプトに対して敬意を見せなければいけないところだったと思います。せっかくいいところなのですから、迷走せずにベストな布陣でベストな結果を残すようにしてください。


Al-Khalidi,Aisha Ali Ahmed (1597) - Hasegawa,Emi

Istanbul Olympiad 2012 (7)

 

1.e4 c6 2.d4 d5 3.e5 Bf5 4.g4 Bg6 5.h4 h6 6.h5 Bh7 7.e6! fxe6 8.Bd3 Nf6 9.Bxh7 Nxh7 10.Qd3 Qd6 11.Qg6+ Kd7 12.Nf3 Ng5 13.Bxg5 hxg5 14.Ne5+ Kc7 15.Nf7 Qb4+ 16.Nd2 Rh6 17.Nxh6 gxh6 18.c3 Qxb2 19.Rb1 Qxc3 20.Qe8 Qxd4 21.Qxf8 Qe5+ 22.Kf1 Qf6 23.Qxf6?! exf6 [Now things get interesting.]




24.Kg2 Nd7 25.Rhe1 e5 26.Nf1 b6 27.Ng3 d4 28.Nf5 Rh8 29.a4 c5 30.Rbc1 Kc6 31.Kf3 Kd5 32.Ne7+ Ke6 33.Nf5 Nb8 34.a5 Nc6 35.axb6 axb6 36.Rb1 Nb4 37.Ke4 Rh7 38.Red1 Nd5 39.Kd3 Kd7 40.Ra1 Kc6 41.Ra8 Nb4+ 42.Kc4 b5+ 43.Kb3 Nd5 44.Rda1 c4+ 45.Kb2 Kc5 46.R1a7 Rxa7 47.Rxa7




47...d3 48.Nxh6 c3+ 49.Kc1 Kc4 50.Rd7 Nb4 51.Nf5 Na2+ 52.Kb1 Nb4 53.Ne3+ Kb3 54.Rc7 d2 55.h6 Nd5! 56.Rxc3+ Nxc3+ 57.Ka1 Nd5 58.Nd1 Kc2 59.h7 Kxd1 60.h8Q Kc1 61.Qc8+ Kd1 62.Qa6 Nc3 63.Qb6 Kc2 64.f3 0–1


Istanbul Olympiad 2012 -R.6 Results-



Road to an international master

 

後半戦、第1ラウンド、Walesに勝利。とにかく南條くんが強いです。小島くんは早々にドローにしましたが、結果的にこれはチームにとって正しい判断となりました。暁さんもAlexもポイントを取り、皆good Job!!

 

「南條くんはハンガリーに留学中の彼より先にIMノームを取るかも...」という話を当の小島くんに話したら、「彼はGMノームを目指している」とのことです。まずはIMノーム、きっちり取って来て下さい。

 

女子チームは内容も良くなく、敗戦。私もハンガリーのFirst Saturdayで初めの5試合戦って0.5Pしか取れなかった時、暁さんからメールで優しい言葉を頂きました。その時の言葉を皆さんに。「後半勝負で行きましょう!」

 

Open R.6

Japan(3) vs Wales(1)

 

1B Kojima Shinya (2282,FM) ½-½ Jones, Richard (2393,IM)

2B Nanjo Ryosuke (2316,CM) 1-0 Kett, Tim (2237)

3B Watanabe Akira (2278,FM) ½-½ Dineley, Richard (2259)

4B Averbukh, Alexander (2211) 1-0 Brown, Thomas (2104)

 

Women R.6

Japan(1) vs Mozambique(3)

 

1B Ishizuka, Mirai (1839) 0-1 Vilhete, Vania Fausta (1816)

2B Nakagawa, Emiko (1798,WCM) 0-1 Castro, Neusa Aridas De (UR)

3B Hasegawa, Emi (UR) ½-½ Malenda, Ana (UR)

4B Kikuchi Arisa (UR) ½-½ Da Silva, Jesse Mitchel (1512)


Kett,Tim (2237) - Nanjo,Ryosuke (2316)

Istanbul Olympiad 2012 (6)

 

1.d4 f5 2.Nf3 e6 3.g3 Nf6 4.Bg2 Be7 5.0–0 0–0 6.c4 d6 7.Nc3 a5 8.b3 Ne4 9.Bb2 Nxc3 10.Bxc3 Qe8 11.Qd2 a4 12.Qc2 Nd7 13.b4 Nf6 14.Rab1 Ne4 15.c5 Bd7 16.Nd2 Nxc3 17.Qxc3 d5 18.Nf3 Bb5 19.Qe3 Bf6 20.Ne5 Rc8 21.h3 Qe7 22.Kh2 Bxe5 23.Qxe5 Bc4 24.Rb2




24...f4! 25.gxf4 Rf5 26.Qe3 Rcf8 27.Bf3 Rxf4 28.Rg1 Qf6 29.Rd2 c6 30.Rg3 Kh8 31.a3 Rf5 32.Rg2 e5 33.dxe5 Rxe5 34.Qd4 Rfe8 35.Qg4 R5e7 36.e3 Qc3 37.Rd4 Bd3 38.Qg5 Rf7 39.Bh5 g6 40.Bd1 Be4 41.f3 Bxf3 42.Bxf3 Rxf3 43.Rh4 Qe5+ 44.Qxe5+ Rxe5 45.Rxg6 Rexe3 46.Rgh6 Rf7 47.Rd6 Kg7 48.Rg4+ Kf8 49.Rd8+ Ke7 50.Rgg8 Rxa3 51.Rde8+ Kf6 52.Rg2 Rf3 53.Rd2 Rf4 54.b5 cxb5 55.Rxd5 b4 56.Kg3 Rf5 57.Rd4 Rxc5 58.Rxb4 b5 59.Rf4+ Rf5 60.Rb8 Rxf4 61.Kxf4 Kg6+ 62.Ke4 Rf5 63.Rb6+ Kg5 64.h4+ Kg4 65.Rb7 Rf4+ 66.Ke3 Rb4 67.Rxh7 a3 68.Ra7 Rb3+ 69.Kd4 b4 70.Rg7+ Kxh4 71.Rg1 a2 72.Ra1 Rb2 0–1
[A great technical game by Japan’s Champion!]


Istanbul Olympiad 2012 -R.5 Results-



Other King’s Indians

 

休日前のラウンドです。

 

Openは格上のポルトガルと。ベストメンバーで臨み、どこも均衡したゲームになりましたが、最後に小島くんが負けてチームも負け。南條くんはGMに初勝利! GMといっても2300台であり、彼にとっては十分勝負できる相手です。内容があまりにも圧倒的すぎたため、チームメイトの岩崎さんですら白黒逆に見てしまっていました() 暁さんはKIDでまたしても面白いゲームに。結果もドローで、良いゲームだったと思います。Alexは中盤早々、ピースサクリファイスで勝負に出ましたが、十分なディフェンスがあり、そのまま負け。

 

女子セクションでは長谷川さんが初勝利を挙げました! KIDで圧倒的優勢を築いたあと、勝ち筋を模索しながら、最後には決定打に結び付けたゲームでした。星野さんも勝ってチームはドロー。

 

今日は休日です。各々、1日かけて調整し、後半戦も頑張ってください。

Open R.5

Japan(1½) vs Portugal(2½)

 

1B Kojima Shinya (2282,FM) 0-1 Galego, Luis (2495,GM)

2B Nanjo Ryosuke (2316,CM) 1-0 Fernandes, Antonio (2395,GM)

3B Watanabe Akira (2278,FM) ½-½ Pereira, Ruben (2417,IM)

4B Averbukh, Alexander (2211) 0-1 Padeiro, Jose (2354,FM)

 

Women R.5

Japan(2) vs Zambia(2)

 

1B Ishizuka, Mirai (1839) 0-1 Tembo, Epah (1927)

2B Hasegawa, Emi (UR) 1-0 Mtine, Joy Jottie (2050)

3B Kikuchi Arisa (UR) 0-1 Mwango, Makumba Lorita (1806)

4B Hoshino, Karen (1640) 1-0 Hamoonga, Banti Linda (UR)


Nanjo,Ryosuke (2316) - Fernandes,Antonio (2395,GM)

Istanbul Olympiad 2012 (5)

 

1.e4 c5 2.Nf3 d6 3.d4 cxd4 4.Nxd4 Nf6 5.Nc3 a6 6.Be3 Bd7!? [珍しい手。他の自然な手に比べて、メリットが見えません。] 7.f3 Nc6 8.g4 h6?! [この手は白の攻めを加速させるだけのように思います。8...Nxd4 9.Bxd4 Bc6で、g4-g5に対してNd7と引くくらいがせいぜい良いところでしょうか。] 9.Qd2 e6 10.h4 Nxd4 11.Bxd4 Bc6 12.0–0–0 b5 13.Bh3 Ng8? [もうすでに黒が相当おかしくなっていることを示すような手。]




14.g5 Ne7 15.Kb1 hxg5 16.hxg5 Rg8 17.Rhe1 b4 18.Ne2 a5 19.Ng3 Ng6 20.f4 Be7 21.Qf2 Nxf4?
[もともと白のピースのほうがアクティブなところ、ピースのプレゼントと局面をオープンにしてくれ、ご馳走様。] 22.Qxf4 Bxg5 23.Qf3 Qc7 24.Qh5 Qe7 25.Bxe6 Bf4 26.Bd5 Qb7 27.Nf5 g6 28.Qg4 Bh2 29.e5 Kf8 30.Nxd6 1–0


Istanbul Olympiad 2012 -R.4 Results-



朝起きると、暁さんが負けに
...

 

1ポーンダウンのルークエンディングで、セオレティカルにはドローだったのですが、ワンチャンスをものにされました。小島くんは完勝。ほっとしたことでしょう。南條くんは完勝だったはずが、40手目付近でちょっとまずくなりました。Twitter上でも次のような会話が...

 

馬場「38.Bc4!だったらやばくない?」

弘平「やばそうですね(´Д)

晋作「やばいですね」

 

しかし、相手のブランダーにより、再び勝勢に。今度はそのまま勝ちました。

1B2Bが結果を出し、2-2のドロー。勝利まであと一息!

 

女子チームは完敗でした。耐える力が欲しいですね。

 

Open R.4

Japan(2) vs IBCA(2)

 

1B Kojima Shinya (2282,FM) 1-0 Meshkov, Yuri A. (2390,IM)

2B Nanjo Ryosuke (2316,CM) 1-0 Dukaczewski, Pjotr (2228,IM)

3B Watanabe Akira (2278,FM) 0-1 Mueller, Oliver Christian (2265,FM)

4B Iwasaki Yudai (2137,CM) 0-1 Ross, Christopher (2231)

 

Women R.4

Japan(0) vs El Salvador(4)


1B
Nakagawa, Emiko (1798,WCM) 0-1 Zepeda Cortes, Lorena Marisela (2139,WIM)

2B Hasegawa, Emi (UR) 0-1 Sanchez Oliva, Ingrid Lizeth (1992,WCM)

3B Kikuchi Arisa (UR) 0-1 Avelar Bonilla, Gabriela Maria (1939,WFM)

4B Hoshino, Karen (1640) 0-1 Garcia Mendez, Alcira Guadalupe (1782)


Istanbul Olympiad 2012 -R.3 Results-



Super! Super!

 

R.3は両セクションともに白熱した展開になりました。

 

Openではまず、暁さんがKIDのアタックを決め、華麗に勝利。続いて終始優勢だった南條くんがドローで妥協。チームにとって、これは正しい判断だったと思います。次にAlexがドロー。途中、ちょっと危ない場面もあったように見えたので、これもOKでしょう。最後に残ったのは1Bでした。残念ながら負けはしましたが、内容はそんなに悪くはなかったと思います。次はぜひ勝って、チームの皆さん(+日本の皆さん)を安心させてあげてください。何はともあれ、上のチームから価値あるドローです!

 

女子セクションは初のチーム勝利! アップ&ダウンの多いゲームもありましたが、結果オーライです。

 

Open R.3

Japan(2) vs Finland(2)

 

1B Kojima Shinya (2282,FM) 0-1 Nyback, Tomi (2638,GM)

2B Nanjo Ryosuke (2316,CM) ½-½ Agopov, Mikael (2429,IM)

3B Watanabe Akira (2278,FM) 1-0 Sipila, Vilka (2431,FM)

4B Averbukh, Alexander (2211) ½-½ Ebeling, Daniel (2350,FM)

 

Women R.3

Japan(3) vs Barbados(1)

 

1B Ishizuka, Mirai (1839) 0-1 Howard, Corrine (1720)

2B Nakagawa, Emiko (1798,WCM) 1-0 Ramsay, Sheena (1631,WCM)

3B Kikuchi Arisa (UR) 1-0 Murray, Donna (UR)

4B Hoshino, Karen (1640) 1-0 Mason, O'Shara (UR)


Sipila,Vilka (2431,FM) - Watanabe,Akira (2278,FM)

Istanbul Olympiad 2012 (3)

 

1.Nf3 Nf6 2.c4 g6 3.Nc3 Bg7 4.e4 d6 5.d4 0–0 6.Be2 e5 7.0–0 Nc6 8.d5 Ne7 9.Ne1 Nd7 10.Nd3 f5 11.f3 Kh8 12.Bd2 f4 13.Rc1 g5 14.c5 Nxc5 15.Nxc5 dxc5 16.Na4 b6 17.b4 cxb4 18.Bxb4 Ng6




[
私はおそらくここがこのゲームのクリティカルポジションだと思います。18...Ng6は勝負手ですが、客観的に見れば良くなく、19.Bxf8 Bxf8 20.Nc3なら明らかに白優勢です。しかし…]

19.Bb5? Rf6 20.Qc2 c5! [21.dxc6? Qd4+のタクティクスを利用した好手。クイーンサイドを閉じることに成功し、ここからはKID特有の黒の猛攻です。] 21.Be1 g4 22.fxg4 Bxg4 23.Be2 Qd7 24.Nc3 Rg8 25.Qd1 h5 26.h3 Bxh3 27.Bxh5 Bh6 28.Rc2 f3! 29.Rxf3 Nf4

 



[
ここで私は暁さんの勝ちを確信。フィニッシュまでミスのない美しいアタックで日本に大きな1勝をプレゼント。] 30.Rg3 Rxg3 31.Bxg3 Bxg2! 32.Bxf4 Qh3 33.Rxg2 Bxf4 34.Re2 Be3+ 35.Rxe3 Qxe3+ 36.Kh1 Qh3+ 37.Kg1 Qg3+ 38.Kh1 Rf2 39.Qg4 Rf1# 0–1 [これでまた日本でKIDが流行り出す予感。私も...]


Istanbul Olympiad 2012 -R.2 Results-



Not Brunei , it’s ... Burundi!

 

試合が始まるまで、ずっとOpenの相手はブルネイだと勘違いしていました。Live gameで相手の顔写真を見てようやく気付く始末。正しくはブルンジで、アフリカの国のようです。1B4Bがいないような国であり、完勝。女子チームはマレーシアに完敗。次こそはポイントが取れると信じています。

 

Open R.2

Japan(4) vs Burundi(0)

 

1B Kojima Shinya (2282,FM) 1F-0 Ndikumana, Yves (2088)

2B Nanjo Ryosuke (2316,CM) 1-0 Ntagasigumwami, Deo (UR)

3B Watanabe Akira (2278,FM) 1-0 Rwamavubi, Alexis (UR)

4B Iwasaki Yudai (2137,CM) 1F-0 Kigari, Daniel (UR,CM)

 

Women R.2

Japan(0) vs Malaysia(4)

 

1B Ishizuka, Mirai (1839) 0-1 Azman Hisham, Nur Najiha (1882,WFM)

2B Nakagawa, Emiko (1798,WCM) 0-1 Azman Hisham, Nur Nabila (1910,WCM)

3B Hasegawa, Emi (UR) 0-1 Mi Yen, Fong (1885,WCM)

4B Hoshino, Karen (1640) 0-1 Johari, Camilia (1778)


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM