ローマの休日 (7) -6日目・帰国-

オリンピアードやCheck Mate at Tokyoなどのイベントが挟まり、だいぶ日にちは経ちましたが、Rocca Prioraのトーナメントのレポートは、まだ最終日を残していました。今回、「ローマの休日」最終章です。

 

8/10(金) 現地到着

8/11(土) 15:30 R.1

8/12(日) 15:30 R.2

8/13(月) 9:30 R.3  15:30 R.4

8/14(火) 9:30 R.5  15:30 R.6

8/15(水) 9:30 R.7

8/16(木) 帰国

 

最終日のゲームは以下のところですでに書いたとおりです。私は5P/7Rで終了。

 

http://chessplayer.jugem.jp/?cid=15

 




黒の
IM Vuelban2325)はフィリピンのプレーヤーで、8年ほど前からイタリアに来て、チェスで生計を立てているとのことです。私のような日本人がわざわざこの地に来てプレーするのがよっぽど珍しかったのか、または私のゲームを見て私に興味を持ったのかは分かりませんが、大会中、色々と話しかけられました。

 



 

 

 

表彰式の様子。ちなみに5位入賞のPulito2252)は、7戦のうち2戦はarranged drawで、5ゲームしかしていません。このタイブレークはおかしい...

 

優勝はFM Napoli2位はFM Caprioで、私に勝った2人がワンツーフィニッシュを決めました。タイブレークの結果、私は結局8位だったようです。スタート順位が7位だったことからも、順当な成績です。ちなみにレイティングは+2と微増。

 

閉会式が終わり、本大会はお開き。皆に別れを告げ、足早にローマに向かいました... が、ガイドブックを見て分かったのですが、この日(8/15)は聖母被昇天祭で、イタリアの祝日。バスも列車もほとんど動いておらず、Rocca Prioraでバスを1時間待ち、Frascatiで列車を1.5時間待ち、夕方5時過ぎにようやくローマ市内に到着したのでした。



再び観光!





高級ホテル通りの道脇にはホテルのレストランがすごい形で増設されていました。


 

旅の最後に、ローマ市民憩いの地であるボルゲーゼ公園を訪ねました。

 

帰りは23:00頃ローマ・フィウミチーノ空港を出る便で、今度は乗り換えなしでインチョンまで直行。そのまま成田まで飛び、帰国。

 

とても良い夏休みでした。今年の目標の1つであった「海外大会への参加」を果たし、満足です。なかなか情報が入ってこないだけで、イタリアでも多くの(比較的短めの!)トーナメントが随時開催されています。雰囲気も良かったので、海外大会を探す時はイタリアも候補に入れてみても良いと思います。

 

それでは皆さん、Ciao!!


ローマの休日 (6) -5日目-

8/14()

 

8/10(金) 現地到着

8/11(土) 15:30 R.1

8/12(日) 15:30 R.2

8/13(月) 9:30 R.3  15:30 R.4

8/14(火) 9:30 R.5  15:30 R.6

8/15(水) 9:30 R.7

8/16(木) 帰国

 

R.4で負けたにもかかわらず、次のラウンドは今大会のトップシードのFM Caprioと。

 


 

Caprio,Guido (2427) - Baba,Masahiro (2233)

Rocca Priora 2012 (5)

 

1.e4 c5 2.Nf3 d6 3.d4 cxd4 4.Nxd4 Nf6 5.Nc3 a6 6.Be2 e5 7.Nb3 Be7 8.0–0 0–0 9.Qd3 Nc6?! [9...Be6 10.Nd5 Bxd5 11.exd5 Nbd7] 10.Bg5 [10.Nd5 Nxd5 11.exd5 Caprio] 10...Be6 11.Rfd1 [11.Bxf6 Bxf6 12.Rfd1 Be7 13.Nd5 Bxd5 14.Qxd5±] 11...Ne8 12.Be3 Bg5 13.Nd5 f5 14.Bf3 f4?! [14...Bxe3] 15.Bb6 Qd7 16.c4




[
オープニングの指し廻しが悪く、すでに大きく劣勢に。このc4-c5の突きを軽視していました。] 16...Bd8 17.c5 Qf7 18.cxd6 Bxb6 [18...Bxd5 19.exd5 Nb4 20.Qd2 Bxb6 21.Qxb4±; 18...Nxd6? 19.Bc5] 19.Nxb6 Rd8 20.d7 Nf6 21.Nc5 Nd4 22.Nxb7 Rxd7 23.Nxd7 Bxd7 24.Nd6 Qg6 25.Nf5 Nxf5 26.exf5 Bxf5 27.Qc4+ Kh8 28.Qc5 Re8 29.Bc6 Be4 30.Bxe4?! [30.f3! なら本譜のようなチャンスは生まれなかったはずです。] 30...Nxe4 31.Qc7 f3 32.g3




32…Nxf2!
[ベストチャンス。しっかり解析すればおそらく白にはディフェンスがありますが、時間がない中、2400+のマスターでも正答を見つけるのは困難なものです。チェスエンジンでチェスを勉強してはいけない1つの理由としては、こういう実戦的なチャンスを作り出せるようにならないことが挙げられます。] 33.Kxf2 [Caprioは溜息とともにこのナイトを取りました。しかし、33.Rd8 Nh3+ 34.Kf1 h6は黒に分があるので、このナイトは取らざるを得ません。] 33...Qh5 [ここは本譜と33...e4で迷ったところですが、3人のマスター達(CaprioNpoliVuelban)は33...e4を支持しました。33...e4! のポジションはあとで詳しく解析したいと思うので、ここではスキップします。] 34.Rd8 [黒ルークをピンにしておけば、黒のフリーな駒はクイーンのみなので、白が負けることはありません。黒はパペチュアルでドローを狙います。] 34...Qxh2+ 35.Kxf3 Qh5+ 36.Kf2 Qh2+




[
ここで私からドローオファーをしました。当然、ドローになると思っていたのですが...] 37.Ke1! [意外な方向に逃げられたので、焦ります。] 37...Qxg3+ 38.Kd1 Qf3+ 39.Ke1 Qg3+ 40.Kd1 Qf3+ 41.Kc2 Qe2+? [こういう時、クイーンによるチェックはできるだけ遠くからしたほうが良いことは分かっていましたが、具体的なラインが見えませんでした。あとで指摘されたのですが、黒のベストチャンスは41...Qg2+! 42.Rd2 (42.Kb3 Qh3+ 43.Ka4?? Qh4+! 白キングを4段目以上に上げさせないこの手がポイント!!) 42...Qg6+ 43.Kc1 e4で形勢不明] 42.Kb3 Qf3+ 43.Ka4 Qf4+ 44.Ka5 1–0 [ワンチャンスは作ったものの、終わってみれば完敗でした。]

 

R.61661の相手とで一瞬で終了したため、ゲームは割愛します。


ローマの休日 (5) -4日目-

8/13()

 

8/10(金) 現地到着

8/11(土) 15:30 R.1

8/12(日) 15:30 R.2

8/13(月) 9:30 R.3  15:30 R.4

8/14(火) 9:30 R.5  15:30 R.6

8/15(水) 9:30 R.7

8/16(木) 帰国

 

この日と次の日は12Rのハードスケジュール。当たりも厳しくなってきます。まずはR.3のゲーム。

 

Palermo,Stefano (2094) - Baba,Masahiro (2233)

Rocca Priora 2012 (3)

 

1.e4 c5 2.Nf3 d6 3.d4 cxd4 4.Nxd4 Nf6 5.Nc3 a6 6.g3!? e5 7.Nde2 Be7 8.Bg2 0–0 9.0–0 Nbd7 10.h3 b5 11.g4 b4 12.Nd5 Nxd5 13.exd5 a5 14.Ng3 Nc5 15.Be3 Qc7 16.a3! Rb8 17.axb4 axb4 18.Ne4 Nxe4 19.Bxe4 f5 20.gxf5 Bxf5 [白は開いたaファイルを、黒は崩れた白キング前を利用した戦いになります。] 21.Qd3 Qc8 22.Kh2 Rb7 23.Ra4 Bh4 24.Bxf5 Qxf5 25.Qc4?




[25.Qxf5 Rxf5=] 25...e4! 26.f4? exf3 27.Bf2 [27.Qxh4 Qxc2+–+] 27...Qe5+ [27...Qg6 28.Rg1 Qe8] 28.Kg1 [28.Kh1 Qe2!] 28...Bxf2+ 29.Rxf2 Qg3+ 30.Kf1 Qxh3+ 31.Ke1 Re7+ 0–1

 

相手のミスもありましたが、思ったより簡単に勝てました。ホテルに帰って前日に買ったパンとチーズで昼食を済ませ、恒例の昼寝タイム。12Rある日はこれがないともちません。

 

定刻になり、会場に行ってペアリングを見ると、1B!)での対戦。相手は今大会の優勝者FM Napoli2314)でした。彼はローマ在住で、毎日会場まで車で40分かけて通っているとのことでした。ちなみに他の多くの参加者もそんな感じで、ほとんどRocca Prioraに宿泊しているプレーヤーはいませんでした。Napoliはコーチング、プレー等、かなり熱心にチェス活動をしているようで、立派なHPも持っています。

 

http://www.xadrez.it/

 


 

Baba,Masahiro (2233) - Napoli,Nicolo (2314)

Rocca Priora 2012 (4)

 

1.e4 c6 2.d4 d5 3.e5 c5 4.dxc5 e6 [もうここで私の知識外になりました。] 5.Be3 Nd7 6.Nf3 Ne7 7.c3 Qc7 8.Bd4 Nc6 9.Bb5 Nxc5 10.0–0 Be7 11.Re1 a6 12.Bd3 [12.Bf1!?とする手もあるとは思いますが、それだと展開がバランスよくいきません。b1のナイトはd2-f1-g3の経路で展開するのが自然に見えました。そのため、f1のマスは空けておかなければいけません。もし、次にこのビショップを取ってこなければ、13.Bc2とひいてしまえばOKです。] 12...Nxd3 13.Qxd3 Bd7 14.Nbd2 Rc8?! [これは私の見解ですが、黒がカウンタープレーを作るにはここで14...g5!?と突くしかなかったと思います。リスキーではありますが、黒はロングキャスリングも視野に入れておかなければいけません。] 15.Nf1 Na5 16.N3d2! Nc4 17.Nxc4 dxc4 18.Qg3 0–0 19.Nd2




[
これではっきり白が良くなりました。キングサイドのスペースを使ってアタックを作りにいきます。] 19…Ba4 [Bc2-Bg6でキング前をディフェンスしにいく手] 20.Rac1 Kh8 21.Re4 Rg8 22.Rg4 Qd7 [これは私にとってかなり面倒な手でした。Qd7-Qb5で白陣の数少ない弱点であるb2を狙いにきます。] 23.Qf4 Rgf8 24.Ne4 [ここで24.Qg3 Rg8 25.Qg3ならドローですが、このポジションでドローにするようだったらチェスプレーヤーを辞めたほうがいいかもしれません。] 24...Rg8 [24...Qb5に対して25.Qd2と一度仕切りなおすのが私のアイディアでした。しかし、本譜の予想だにしていなかった手に驚きました。相手の手が滑ったのか、それとも何か狙いを持っているのかはっきりしませんでしたが、ここは有り難くポーンを頂きました。] 25.Qxf7 Rcf8




26.Ng5! h6 27.Qg6 Bxg5 28.Rxg5 Rf4
[28...hxg5?? 29.Qh5# ここら辺のタクティクスはあらかじめ良く読んでおきました。白は単にワンポーンアップです!] 29.Rh5 Rgf8 [29...Qf7? 30.Rxh6+ gxh6 31.Qxh6+ Qh7 32.Qxf4] 30.Be3? [なぜ30.Re1と指さない? 時間もなくなってきたこともあり、ここからボロボロとミスが続き、崩れ落ちるように白のポジションが崩壊しました。] 30…R4f5 31.Rxf5? [31.Rh4!] 31...Rxf5 32.Qg4? [32.Bd4] 32...Qb5 33.f4?? Qxb2 34.Qg6 Qe2 35.Qg3 Qxa2 36.Qf2 Qa3 37.Qd2 Bc6 38.Rd1 Rf7 39.Qd8+ Kh7 40.Qd2 Qb3 41.Ra1 Rd7 42.Bd4 Be4 43.Qa2 b5 44.Qxa6 b4 45.Qa2 Rxd4 46.cxd4 Qxa2 47.Rxa2 c3 0–1

 

まさか負けると思っていなかったので、このゲームを落としたのはショックでした。

 

この日はいつも利用していたレストランが閉まっていました。しかし、朝まで何も食べないわけにはいかないので、その旨をオーガナイザーのRemoさんに話したところ、ちょうど会場を出て近くに食べに行くプレーヤーの男の子とそのお母さんがいたので、彼らについていきなさいと言われました。はたから見ればなんだか不思議な組み合わせでしたが、結局この日は3人で食事。レストラン側も大会オーガナイザー側と提携しているのか、無料で白ワイン、サラダ、エビとイカのフライ、マルゲリータ・ピザを出してくれました。皆さんの親切さに感謝。


 

              エビとイカのフライ。量が半端ありません。


ローマの休日 (4) -3日目-

8/12()

 

8/10(金) 現地到着

8/11(土) 15:30 R.1

8/12(日) 15:30 R.2

8/13(月) 9:30 R.3  15:30 R.4

8/14(火) 9:30 R.5  15:30 R.6

8/15(水) 9:30 R.7

8/16(木) 帰国

 

良く考えたら、前回は初日と書きながら2日目まで書いたんですね。なので、今回は3日目ということになります。

 

この日は日曜日で、だいたいの人は午前中は教会へ行きます。そのため、試合は午後から1ゲームのみです。とりあえず、ホテルにいてもインターネットはつながらないし、昼に食べるものもないので、隣町のFrascatiまで行ってみることにしました。ただし、徒歩で。

 

Googleで打ち出した地図では、大した距離はなかったはずなのですが、いざ歩いてみると全く町にたどり着く気配がありません。不安になりつつ地図を見てみると、通り名と方向はあっているようだったので、そのまま我慢強く歩いてみました。歩くこと1時間半。ようやくFrascatiに到着しました。

 

このFrascatiという町がイタリアらしくのどかで綺麗な街で、今回の旅の大当たりでした。特に観光スポットはありませんが、しばしこの町で時間をつぶしました。


 

                                    Frascatiの中心地。

 


                                                ミサ中の教会



                                                    路地裏



         Frascati
からローマ市内の方向を眺める。この町もまだ高台です。

 

スーパーでパン、チーズ、ハム、ジュース、ビールを勝ったら今度はさすがに歩いて帰るわけにはいかず、バスでRocca Prioraへ戻りました。

 

15:30からのR.2は次のようなゲームで勝利。

 

Baba,Masahiro (2233) - Taurisano,Vinconzo (1889)

Rocca Priora 2012 (2)

 

1.e4 d6 2.d4 Nf6 3.Nc3 g6 4.Bg5 Nbd7?! 5.Qd2 Bg7 6.0–0–0 0–0 7.e5! Ne8 8.h4 Nb6 9.Qe3 d5 10.h5 Bf5 11.hxg6 Bxg6 12.Nf3 f6 13.Bh6 e6 14.Nh4 f5 [14...Bf7 15.Bd3 f5 16.g4] 15.Nxg6 hxg6 16.Bxg7 Nxg7




17.Qh6?
[17.Rh6! Kf7 18.Qg3+-] 17...Kf7 18.Be2 Rh8 19.Qe3 Qe7 20.Nb1 Nd7 21.Nd2 g5 22.g4 c5 23.Nf3 f4 24.Qd3 c4 25.Qc3 b5? This is too careless. [25...b6] 26.Qa5+- b4 27.Rxh8 Rxh8 28.Qxa7 Kg6 29.b3 cxb3 [29...Rc8 30.bxc4 dxc4 31.d5+-] 30.axb3 Qd8 31.Bb5 Nb6 32.Bd3+ 1–0

 

 

                    2日目からはネームプレートが用意されました。
               これがあると相手の名前のスペルを間違えないので便利です。


ローマの休日 (3) -初日-

8/10()8/11()


8/10(金) 現地到着

8/11(土) 15:30 R.1

8/12(日) 15:30 R.2

8/13(月) 9:30 R.3  15:30 R.4

8/14(火) 9:30 R.5  15:30 R.6

8/15(水) 9:30 R.7

8/16(木) 帰国

日本出発です。

今回はソウルとミラノで2回乗り換える長いフライトでした。

 

9:25ソウル、インチョン空港行きの便に乗るのに成田に到着したのは8:00頃。いつもなら十分間に合う時間ですが、この日は夏休み休暇を海外で過ごす人でごった返し。Korean Airのチェックインカウンターにはすでに長蛇の列が… 9:00になってようやくチェックインでき、荷物検査と出国手続きを猛ダッシュで済ませ、飛行機に乗り込んだのは9:17でした。ただ、この時は全体的に遅れていたため、わりかし余裕でした。

 

ローマ、フィウミチーノ空港に到着したのは現地時間の21:00頃。そこから列車でローマ、テルミニ駅に向かいますが、ここでアクシデントが! 空港からは2本列車が出ており、間違ったほうに乗ってしまいました。各駅停車で何やら様子がおかしいので、あわててガイドブックを開いてみると、「この列車はテルミニ駅には入線しません」だと。列車を降りて急いで空港に引き返しましたが、夜も遅く、なかなか空港行きの列車が来なく、最終的にはここで1時間ロスしました。なんとかテルミニに到着したのは23:30を過ぎていました。駅近くのホテルにチェックインし、シャワーを軽く浴びて就寝。

 

翌朝、6:00に目覚め、6:30からの朝食に向かいましたが、もうすでに多くの人で溢れており、びっくりしました。




やはり観光都市だとみんな早くから行動するのですね。特に日本人!

ローマ市内が暑くなる前に観光を済ませるため、朝7:00から町に繰り出しました。


                                    ローマで最も有名な建造物

 


           スペイン広場もさすがにガラガラです。スリもまだ寝ている時間です!


 

                                                   テヴェレ川

 

観光を一通り終えホテルに戻ってくると少し小腹がすいていたので、もう一度朝食会場へ(w



                                                  テルミニ駅

 

午後からはトーナメントが開始するため、12:00頃にRocca Prioraへ向かいました。Frascatiという町までテルミニから電車で30分ほど行って、そこからバスで20分ほど、の予定でしたが... ここでもアクシデントが! 切符は自動販売機で難なく買えましたが、Frascati行きの列車乗り場が分かりません。というか、掲示板に標示されていませんでした。人にも聞きましたが、結局分からずしまいで、さらにFrascati行きの列車は1時間に1本ということから、列車で行くのをあきらめ、タクシーに乗り込みました。ローマではタクシーは割高ですが、きちんと目的地に着くことを考えれば便利です。まあけっこう迷いましたが、何とか1時間くらいでRocca Prioraの滞在ホテルに到着。



                                       ホテル、
Costa del Monte

 

Rocca Prioraは小高い丘、というよりはちょっとした山の山頂にあります。ホテルから会場までは900mでしたが、それは平面上の距離で、実際は延々と上り坂です。Rocca PrioraCenterに着くと、会場を探しました。住所通りの場所にたどり着きましたが、会場らしきものが見えません。付近を血眼になって探しますが、なかなか見つかりません。ふとした拍子に案内表示が見え、何とか見つけましたが、オーガナイザーの”very easy to find”は全く当てにならないことを再認識しました!


 

                                       会場はこの通りにあります


 

                                                      下か!

 

会場に着くとチェスセットが並べられていました。ようやく一安心。オーガナイザーのRemoさんには何事もなかったかのように挨拶をしますが、ここまでの道のりは決して平坦ではありませんでした...

 

さて、じょじょに人が集まり、R.1開始です。私は参加者62人中スタートランキング8位。初戦の相手はBernardini少年(1756)でした。オープニング・ラウンドに弱い私にとっては非常に重要なゲーム。

 

Bernardini,Tommaso (1756) - Baba,Masahiro (2233)

Rocca Priora 2012 (1)

 

1.d4 Nf6 2.Nc3 e6 3.e4 d5 4.exd5 exd5 5.Nf3 Be7 6.Bd3 Bg4 7.Be3 0–0 8.Qd2 Nc6 9.h3 Bh5 10.g4 Bg6 11.0–0–0 [11.a3 Na5 12.0–0–0 c5 13.Ne5 b5!?] 11...Bb4 12.Bg5 [12.Bxg6 fxg6 13.Ng5 Qd7 and next h7-h6 is decisive.]




12...Qd6! 13.Kb1
[13.Bxf6 Qxf6 14.Bxg6 (14.Be2 Be4) 14...fxg6] 13...Ne4 14.Bxe4 Bxe4 15.Nxe4 [15.Qe3 Bxc3 16.Qxc3 f5!] 15...dxe4 16.c3 exf3 17.cxb4 Rfe8!? [17...Nxb4] 18.Be3 [18.a3 Re2 19.Qd3 Qd5 20.Be3 Rd8] 18...Nxb4 19.Ka1 a5 20.Rc1 [I calculated 20.a3 Qd5! 21.axb4 axb4+ 22.Kb1 Re6–+] 20...Qe6 21.b3 Nd5 22.Rhe1 a4 23.b4 a3 24.Rb1 Qd6 25.Rec1 Re7 26.h4 Rae8 27.Re1 Qh2 28.Qd3? [28.Rh1 Qd6 29.Rhe1] 28...Nxe3 29.Rxe3 Rxe3 30.fxe3 Qxh4 31.Qxa3 Qxg4 32.Qd3 Qg2 33.Rf1 Ra8 0–1


 

                                       R.1の様子

  

R.1を勝ちで終え、検討戦を済ませ、オーガナイザーに勧められてレストランへ向かいました。お腹を満たし、満足してホテルへ戻り、就寝。


 

                                シンプルだけどなかなかおいしい!


ローマの休日 (2) -帰国-


                                    Rocca Prioraからの眺め

先ほど、無事にイタリアから帰国しました。向こうはインターネットのイの字もないような場所だったので、明日以降からゆっくりと旅を振り返ってみたいと思います。


ローマの休日 (1) -List of registered players-



8
10日から16日まで予定通りイタリア、ローマに行ってきます。今は旅の準備をぼちぼち進めています。

 

トーナメントが開催されるRocca Prioraへの行き方、トーナメントホール、ホテルの場所等を確認したところで大会のエントリーリストを確認。

 

http://www.scacchiroccapriora.it/

 

現在のエントリー人数は48名、内2200台が7名、2100台が3名、2000台が5名です。エントリーの締め切りは8日なので、これからもう少し増えて60名くらいのトーナメントになると見ています。

 

ハンガリー以来の海外トーナメントで楽しみです!


Rocca Prioraのトーナメントの1コマ


                         http://www.scacchiroccapriora.it/


2009
年のRocca Prioraのトーナメントの様子。写真右下のボードの黒のプレーヤーがこの年の優勝者、GM Epishin2592)です。


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM