BCC Thailand Open 2011 -閉幕-

                     

最終ラウンドの結果です。

 

Round9

Norris Damian C (2072) 0-1 KOJIMA Shinya (2329,FM)

TAKAHASHI Reiji (2099) 0-1 Swathi Ghate (2307,WGM)

SHINODA Taro (1861) 0-1 Dotsenko Viacheslav (2069)

 

小島くんが31/141人、高橋くんが71位、篠田くんが108位でした。詳細は以下のリンクから。

 

http://chess-results.com/tnr48109.aspx?art=1&lan=1&wi=1000


BCC Thailand Open 2011 -Poisoned Swiss Cheese-

                     


日本の
e4プレーヤーは海外大会で2…e6シシリアン(Kan,Taimanov,Paulsen)に必ず一度は苦戦します。なぜ苦戦するかと言うと、国内で試合経験を十分に積めないオープニングだからです。2…e6シシリアンは非常に柔軟なオープニングで、相手の出方によって組み方を自在に変えられます。どこにピースを配置するか、どのポーンをどこまで突くかetc.. 逆に、DragonNajdorfのように決まり切った攻めがないので、上級者が扱うシシリアンになります。Thailand Openでは小島くんが上級者の2…e6シシリアン・ハンドリングを見せつけられました。

 

Kojima Shinya (2329,FM)

Kunte Abhijit (2526,GM)

BCC Thailand Open 2011(4)

 

1.e4 c5 2.Nf3 e6 3.d4 cxd4 4.Nxd4 a6 5.Bd3 g6




黒は全てのポーンを白マスに配置しました。それゆえ、黒マスが穴だらけになります。

6.0–0 Bg7 7.Nb3 d6 8.Qe2 Nf6 9.c4 Qc7 10.Nc3 0–0 11.Bf4 Nh5!




“They Live on the Edge”
Secrets of Modern Chess Strategy, John Watson

一時的に端に跳ぶ、モダンなナイトです。

 

12.Bd2 Nd7 13.Rac1 b6 14.f4 Bb7 15.Kh1 Rae8 [f5] 16.Be3 Rc8!? 17.Qf2 Rfe8 18.Nd2 f5!




e4
に圧力をかけ、b7のフィアンケットビショップの道を開きにいきます。黒のストラクチャーが非常に美しい

 

19.Rfe1 Nhf6 20.h3 Nc5 21.Bb1 fxe4 22.b4 Nd3 23.Bxd3 exd3 24.Bxb6 Qd7 25.Bd4 e5! 26.fxe5 dxe5 27.Rxe5 Ng4! 0–1

 

日本のライオンも、海外ではうっかり毒入りチーズをかじってしまうネズミちゃん?!


BCC Thailand Open 2011 -ラス1前-

                     

R.6
からR.8の結果です。

 

Round6

KOJIMA Shinya (2329,FM) ½-½ Mariano Nelson III (2197)

Lee Say Siong John (1801) 0-1 TAKAHASHI Reiji (2099)

Czarnach Anton (1572) 0-1 SHINODA Taro (1861)

 

Round7

Tuomala Timo (2231) ½-½ KOJIMA Shinya (2329,FM)

TAKAHASHI Reiji (2099) 0-1 Reilly Tim (2271,FM)

SHINODA Taro (1861) ½-½ Nihal Manjunath (2016)

 

Round8

KOJIMA Shinya (2329,FM) 0-1 Hansen Sune Berg (2603,GM)

Sivara Poompat (1972) 0-1 TAKAHASHI Reiji (2099)

Wee Chun Jie Eugene (2015) ½-½ SHINODA Taro (1861)

 

ここまで3人とも下に大きく落としておらず、順調と言えば順調と言ってよいかもしれません。この前はあまりにも適当にまとめてしまいましたが、少しずつゲームが出てきて、彼らがどのようなプレーをしているのかだんだんと分かってきました。まずは次のゲームを紹介します。

 

Kojima Shinya (2329,FM)

Takahashi Reiji (2099)

BCC Thailand Open 2011(2)

 

1.e4 c6 2.d4 d5 3.exd5 cxd5 4.c4 Nf6 5.Nc3 Nc6 6.Nf3 Bg4 7.cxd5 Nxd5 8.Qb3 Bxf3 9.gxf3 e6 10.Qxb7 Nxd4 11.Bb5+ Nxb5 12.Qc6+ Ke7 13.Qxb5 Qd7 14.Nxd5+ Qxd5 15.Bg5+ f6 16.Qxd5 exd5 17.Be3




17…Ke6
[全ては定跡通り] 18.0–0–0 Bb4?! 19.a3 Rhc8+ 20.Kb1 Bc5 21.Rhe1 Bxe3 [21...Kd6 22.Bf4+ Kc6 23.Re6+ Kd7 24.Ra6 Bxf2 (24...d4 25.Be3) 25.Rxd5+] 22.Rxe3+ Kd6 23.Rde1 Rc4 24.Re7 Rf4 25.R1e6+ Kc5 26.Rc7+ Kd4 27.Rc3! [×Kd4] 27…Rh4 [ここからフィニッシュまでの白のメイティングネットの仕掛け方に注目です]




28.Kc2! Rxh2 29.Rd3+ Kc5 30.Kc3! a5
[30...Rxf2? 31.b4+ Kb5 32.Rxd5+ Ka4 33.Ra6#] 31.b4+ axb4+ 32.axb4+ Kb5 33.Kb3! [Rxd5#,33.Rxd5+? Ka4] 33...Rh5 [33...Rd8 34.Rc3] 34.Rc3 [Rc5#] 34…d4 35.Rcc6! [Rb6#,35...Rb8 36.Ra6! (△Ra5#] 1–0




 

泣いても笑っても明日が最終ラウンドです。

 

Round9

Norris Damian C (2072) - KOJIMA Shinya (2329,FM)

TAKAHASHI Reiji (2099) - Swathi Ghate (2307,WGM)

SHINODA Taro (1861) - Dotsenko Viacheslav (2069)


BCC Thailand Open 2011 -前半戦終了-

                     


R.2
からR.5までの結果です。

 

Round2

KOJIMA Shinya (2329,FM) 1-0 TAKAHASHI Reiji (2099)

SHINODA Taro (1861) ½-½ Hirt Markus (2056)

 

Round3

Murshed Niaz (2455,GM) ½-½ KOJIMA Shinya (2329,FM)

TAKAHASHI Reiji (2099) 1-0 Akharaboollasez Akharin (1911)

SHINODA Taro (1861) ½-½ Arpijuntarangkoon Jaradpong (1977)

 

Round4

KOJIMA Shinya (2329,FM) 0-1 Kunte Abhijit (2526,GM)

Shetty Rahul (2279,IM) ½-½ TAKAHASHI Reiji (2099)

Wee Chu En Kelvin (2037) 1-0 SHINODA Taro (1861)

 

Round5

Mohammad Nubaitshah S. (2197) 0-1 KOJIMA Shinya (2329,FM)

TAKAHASHI Reiji (2099) 0-1 Neubronner Jarred (2262)

SHINODA Taro (1861) ½-½ Pashkov Vladimir M. (UR)

 

小島くんは「今回こそはGMに勝つ!」と意気込んでタイに乗り込んだものの、R.3GM戦ではわずか16手でドローオファー。高橋くんはR.4IM2200台)から初ポイント。篠田くんはここまで勝ちがありません。さらっとまとめるとこんな感じです。

 

明日から後半戦。まずはR.6のペアリングです。

 

Round6

KOJIMA Shinya (2329,FM) - Mariano Nelson III (2197)

Lee Say Siong John (1801) - TAKAHASHI Reiji (2099)

Czarnach Anton (1572) - SHINODA Taro (1861)


BCC Thailand Open 2011 -Kojima vs Takahashi in Tailand-

                     


タイランドオープンがスタートしましました。参加者は
140人とまずまずの規模のオープンです。まず、R.1の結果です。

 

Round1

LEE T H Bryan (1964) 0-1 KOJIMA Shinya (2329,FM)

TAKAHASHI Reiji (2099) 1-0 PASHKOV Vladimir M. (UR)

STEINBRECHT Ralf (2222) 1-0 SHINODA Taro (1861)

 

ここで、注目すべきは、高橋くんが初戦を70番ボードで戦ったということです。つまり相手は一番リスト下。つまり高橋くんは上のグループの一番下(タイランドオープンは完全スイス)つまり、あとリストが1違えば1番ボードで戦っていたかもしれなかった..... ちなみに1番ボードはスペインのGM Vallejo Pons2707)です。残念!!

 

高橋くんは運がいいのか悪いのか、R.2で早速話のネタになる対戦相手を引き当てました。

 

Round2

KOJIMA Shinya (2329,FM) - TAKAHASHI Reiji (2099)

SHINODA Taro (1861) - HIRT Markus (2056)

 

今夜は篠田くんが気まずいであろうルームメイトの緩衝材になってくれることでしょう。


BCC Thailand Open 2010 終了

            

騒乱のバンコクでの
Thailand Open Chess Championshiop 2010は何事もなく、無事終了しました。最終的には2人とも5Pと勝ち越し、さらにレイティングも上がり、何よりです。本大会の締めくくりとして、最終ラウンドに野口さんが上のプレーヤーに快勝したゲームを紹介します。

 

Pornariyasombat Atippat (2171,THA)

Noguchi Koji (2021,JPN)

Bangkok 2010 (9)

 

1.e4 g6

 

野口さんお得意の初手です。

 

2.d4 Bg7 3.Nc3 d6 4.Bc4 Nf6 5.f3 0–0 6.Be3 a6 7.a4 Nc6 8.Qd2 e5 9.Nge2 Bd7 10.0–0–0?




これはリスキーです。白は、
Sicilian Dragonのようなキングサイドアタックを思い描いていたと思いますが、a2-a4を突いているため、黒から簡単に攻められてしまいます。10.0-0でポジショナルに戦うのが白のベストでしょう。

 

10…exd4 11.Nxd4 Ne5 12.Ba2 b5

 

この時点で黒のアタックが先に決まりそうです。

 

13.Bg5 Qb8 14.h4 Nc4?!

 

ここは14...b414…bxa4が自然だと思います。本譜だと、15.Bxc4 bxc4 bファイルは開くものの、16.h5から白のカウンターが入ります。

 

15.Qe2?

 

チャンスを逃しました。これ以降は黒のワンサイド・ゲームです。

 

15…c5 16.Nb3 Be6 17.Nd2 Nxb2!

 



18.Kxb2 b4 19.Rb1 bxc3+ 20.Ka3 Qc7 21.Nc4 Rfb8 22.Bf4 Rb4! 23.Rhd1

 

23.Nxd6には23…Qa523.Bxd6には23…Bxc4 24.Bxc7 Bxe2でいずれも黒の簡単な勝ちです。

 

23…Bxc4 24.Bxc4 Qa5 25.Bb3 c4 -+ 26.Bxd6 Bf8! 27.Bxf8

 

27.Bxb4? Qxb4+ 28.Ka2 Qa3#があるのがポイントです。

 

27...Rxf8 28.e5 cxb3 29.cxb3 Nh5 30.e6 Qc5!

 

とどめの1発です。白は数多くの黒のスレットを同時には防げません。

 

31.exf7+ Kg7 32.Qc2



 

32…Rxa4+! 33.Kxa4 Qb5+ 0-1

 

最後は34.Ka3 Qa5#と華麗にメイトとなります。


BCC Thailand Open 2010 -Round5 to 8-

           
    
5R
から8Rです。

 

Momeni E. (2255,IRI)

Kojima Shinya (2312,JPN,FM)

Bangkok 2010 (5)

 

1.d4 d5 2.c4 c6 3.e3 Nf6 4.Bd3 e5 5.cxd5 e4 6.Bc2 cxd5 7.Nc3 Bd6 8.f4 Nc6 9.Bd2 Be6 10.Nge2 Rc8 11.Rc1 a6 12.O-O Ne7 13.Be1 Nf5 14.Qd2 h5 15.Bb3 h4 16.a3 h3 17.g3 g6 18.Bf2 Kf8 19.Na4 Kg7 20.Rxc8 Qxc8 21.Rc1 Qd8 22.Nc5 Bc8 23.Nc3 b6 24.N5a4 Bb7 25.Na2 Nd7 26.Nb4 Qa8 27.Nc3 Nf6 28.Qe2 Ne7 29.Be1 b5 30.Nba2 Bc8 31.Nb1 Bg4 32.Qd2 Rc8 33.a4 Qb7 34.Rxc8 Bxc8 35.axb5 Qxb5 36.Qc2 Be6 37.Nbc3 Qb7 38.Bd2 Nf5 39.Na4 Ng4




40.Nc5 Qb5 41.Nc3 Qb6 42.Nxd5 Bxd5 43.Bxd5 Nfxe3 44.Bxe3 Nxe3 45.Qxe4 Bxc5 46.dxc5 Qxc5 47.Qe5+ f6 48.Qc3 Qxc3 0-1

 

「何事もなく勝ちました。」(小島)

 

Kojima Shinya (2312,JPN,FM)

Ashwin Jayaram (2446,IND,IM)

Bangkok 2010 (6)

 

1.e4 c5 2.c3 Nf6 3.e5 Nd5 4.d4 cxd4 5.Nf3 Nc6 6.cxd4 d6 7.Bc4 Nb6 8.Bb3 d5 9.Nh4 e6 10.Nf3 Nc4 11.Nc3 Rb8 12.h4 b5 13.h5 h6 14.Rh3 a5 15.Rg3 a4 16.Bxc4 dxc4 17.a3 Ne7 18.Nh4 Nd5 19.Nf3 Ne7 20.Nh4 Nd5 21.Nf3 Bb7 22.Nxb5 Qa5+ 23.Nc3 Nxc3 24.Qd2 Be4 25.Qxc3 Qd5 26.Be3 Rb3 27.Qc1 Bd3 28.Nd2 Rb7 29.Qc3 Qb5 30.Rc1 Qxb2 31.Qxb2 Rxb2 32.Nxc4 Rb3 33.Bd2 Kd7?




34.Nb6+?!
[見えにくいですが、34.Rxd3!でピースアップでした。34…Rxd3には35.Nb6+で次のRc8#が防げません。] Rxb6 35.Rxd3 Be7 36.Ba5 Rb7 37.Rdc3 Ra8 38.Rc7+ Rxc7 39.Rxc7+ Ke8 40.Bb4 Bxb4+ 41.axb4 a3 42.Rc1 Ra4 43.Ra1 Kd7 44.Kd2 Kc6 45.Kc3 a2 46.Kb3 Kb5 47.Rxa2 Rxa2 48.Kxa2 Kxb4 49.d5 exd5 50.Kb2 Kc4 51.Kc2 Kd4 52.f4 Ke4 53.g3 d4 54.Kd2 d3 55.Kd1 Kf5 56.Kd2 Ke4 57.Kd1 ½-½

 

Lahiri Atanu (2368,IND,IM)

Kojima Shinya (2312,JPN,FM)

Bangkok 2010 (7)

 

1.d4 d5 2.c4 c6 3.Nf3 Nf6 4.cxd5 cxd5 5.Nc3 Nc6 6.Bf4 Bf5 7.e3 e6 8.Bb5 Nd7 9.O-O Be7 10.Qb3 g5 11.Bg3 h5 12.Ba4 Na5 13.Qb5 a6 14.Qxd7+ Qxd7 15.Bxd7+ Kxd7 16.Na4 Rag8 17.Rac1 Nc6 18.Ne5+ Nxe5 19.Nb6+ Ke8 20.Rc8+ Bd8 21.Bxe5 Rh6 22.Rfc1 f6




23.Rxd8+ Kxd8 24.Rc8+ Ke7 25.Rxg8 fxe5 26.dxe5 1-0

 

「ほぼ相手の準備手順だったようです。私からまずい手が連続で出て、あっさり負けてしまいました。」(小島)

 

Kojima Shinya (2312,JPN,FM)

Yap Kim Steven (2416,PHI,IM)

Bangkok 2010 (8)

 

1.e4 g6 2.d4 Bg7 3.c3 d6 4.Nf3 Nf6 5.Bd3 O-O 6.O-O c5 7.dxc5 dxc5 8.Qe2 Qc7 9.h3 Nc6 10.a4 Nh5 11.Na3 Nf4 12.Bxf4 Qxf4 13.Nc4 Be6 14.Qe3 Qxe3 15.Nxe3 Na5 16.Bc2 Nc4 17.Nxc4 Bxc4 18.Rfe1 Rfd8 19.Rad1 Kf8 20.Nd2 Be6 21.Nf1 Bh6 22.f3 Bc4 23.Kf2 e5 24.Ne3 Bxe3+ 25.Kxe3 Ke7 26.h4 h6 27.g3 g5 28.Rh1 Rxd1 29.Bxd1 Rd8 30.Be2 Be6 31.hxg5 hxg5 32.a5 c4 33.Ra1 Kd6 34.Rd1+ Kc7 35.Rxd8 Kxd8 36.Kd2 Kc7 37.Kc1 Kc6 38.Kb1 Kc5 39.Ka2 f5 40.exf5 Bxf5 41.Bd1 Bd3 0-1



 

8Rが終了して、小島4.5P、野口4Pで、2人とも勝ち越しをかけて最終ラウンドに臨みます。野口さんファイト!


BCC Thailand Open 2010 -Round1 to 4-

                     

 

http://bangkokchess.com/

 

日本から二人が参加するThailand Open Chess Championshiop 2010は、昨日からスタートしています。早速、小島君からゲームが届いているのでアップします。なお、小島君は1R、不戦勝だったようです。

 

参加者リストと結果は以下のページで確認することができます。

 

http://www.chess-results.com/tnr32758.aspx?lan=1

 

やはり、バンコクが一連の騒動でゴタゴタのせいか、参加者は予定より減ったように見えます。

 

 

Kojima Shinya (2312,JPN,FM)

Pornariyasombat Atippat (2171,THA)

Bangkok 2010 (2)

 

1.e4 c5 2.c3 g6 3.d4 cxd4 4.cxd4 d5 5.e5 Nc6 6.Nc3 Bg7 7.h3 h6 8.Nf3 g5 9.Bd3 Rb8 10.Be3 e6 11.h4 g4 12.Ng1 h5 13.Nge2 a6 14.Nf4 Kf8 15.g3 Nge7 16.O-O b5 17.f3 Qb6 18.fxg4 Nxe5 19.Nxh5 Rxh5 20.gxh5 Nxd3 21.Qxd3 Nf5 22.Rxf5 exf5 23.Nxd5 Qd6 24.Nf4 Bb7 25.d5 Re8 26.Rc1 Kg8 27.Bc5 Qe5 28.b4 Qb2 29.Rf1 Re4 30.Qb3 Bd4+ 31.Bxd4 Qxd4+ 32.Kh2 Qd2+ 33.Kh3 Re3 34.Qb1 Qc3 35.Rg1 Re4 36.Qc1 Qf3 37.Qc7 Bxd5 38.Qd8+ Kh7 39.Qxd5 Rxf4 40.Qxf7+ Kh8 41.Qf6+ Kh7 42.Qg6+ Kh8 43.Qh6+ 1-0

 

Macak Stefan (2470,SVK,IM)

Kojima Shinya (2312,JPN,FM)

Bangkok 2010 (3)

 

1.Nc3 c5 2.e4 Nc6 3.f4 e6 4.Nf3 d5 5.e5 Nh6 6.g3 Nf5 7.Bg2 h5 8.O-O b6 9.Ne2 Ba6 10.d3 b5 11.Bd2 Qb6 12.c3 b4 13.Ne1 Rb8 14.h3 Be7 15.Kh2 g6 16.Bc1 Kf8 17.Ng1 Bb5 18.Ngf3 a5 19.Qe2 a4 20.Bd2 1/2-1/2

 

「対戦相手は起きたら9時(試合開始時刻)だったそうです。最後は明らかに黒良しですが、得意のチキンアグリーが出ました。」(小島)

 

Kojima Shinya (2312,JPN,FM)

Shen Siyuan (2386,CHN)

Bangkok 2010 (4)

 

1.e4 c6 2.d4 d5 3.exd5 cxd5 4.c4 Nf6 5.Nc3 g6 6.cxd5 Nxd5 7.Bc4 Nb6 8.Bb3 Bg7 9.Nf3 Nc6 10.d5 Na5 11.Be3 O-O 12.O-O Bg4 13.h3 Bxf3 14.Qxf3 Nbc4 15.Rfe1 Nxe3 16.Qxe3 Nxb3 17.axb3 Bxc3 18.bxc3 Qxd5 1/2-1/2

 

Shen Siyuanとは3回目の対戦です。もはやギャグです。」(小島)

 

 

また、野口さんのゲームです。

 

Noguchi Koji (2021,JPN)

Ashwin Jayaram (2446,IND,IM)

Bangkok 2010 (1)

 

1.c4 Nf6 2.Nc3 g6 3.g3 Bg7 4.Bg2 O-O 5.e4 d6 6.Nge2 c5 7.O-O Nc6 8.d3 a6 9.h3 Ne8 10.Be3 Nd4 11.Rb1 Rb8 12.a4 Nc7 13.b4 Bd7 14.b5 Nce6 15.Nd5 axb5 16.axb5 Nxe2+ 17.Qxe2 Nd4 18.Qd1 e6 19.Nf4 Ra8 20.Ne2 Nxe2+ 21.Qxe2 Qb6 22.Rfd1 Ra4 23.Rd2 Rfa8 24.Rbd1 Bc3 25.Rc2 Ba1 26.Rcd2 Bc3 27.Rc2 Ba1 28.Rcd2 e5 29.Kh2 Kg7 30.h4 h5 31.Rc2 Qa7 32.Bh3 Bxh3 33.Kxh3 Ra2 34.Rdd2 Rxc2 35.Rxc2 Qa4 36.Bc1 Bd4 37.Qd2 Kg8 38.Kg2 Qb3 39.g4 hxg4 40.h5 Re8 41.hxg6 Re6 42.Ra2 Rxg6 43.Ra7 Kh7 44.Rxb7 Rf6 45.Kh1 Bc3 46.Qg5 Qd1+ 0-1

 

Petchrongrusamee Pornpong (1795,THA)

Noguchi Koji (2021,JPN)

Bangkok 2010 (2)

 

1.Nf3 Nf6 2.g3 g6 3.Bg2 Bg7 4.O-O O-O 5.c3 d5 6.d4 c5 7.dxc5 Qc7 8.Nbd2 Qxc5 9.Nb3 Qc7 10.Bf4 Qd8 11.Qc1 Re8 12.Rd1 Nc6 13.Ne5 Nh5 14.Nxc6 bxc6 15.Bh6 Bg4 16.f3 Bd7 17.Be3 e5 18.Bf2 Qc8 19.g4 Nf4 20.Bf1 Bh6 21.e3 Ne6 22.h4 a5 23.Qc2 a4 24.Nc1 Qc7 25.g5 Bf8 26.Bg3 Bc5 27.Re1 Ng7 28.Bf2 Nh5 29.Nd3 Bf5 30.e4 Bxf2+ 31.Qxf2 Bc8 32.Nb4 Nf4 33.Kh2 Rb8 34.Qc5 Ne6 35.Qxc6 Qxc6 36.Nxc6 Rxb2+ 37.Re2 Rxe2+ 38.Bxe2 dxe4 39.fxe4 Nc5 40.Bb5 Nxe4 41.Na7 Rd8 42.Nxc8 Rxc8 43.Bxa4 Nxc3 44.Bb3 Rb8 45.Kg3 Rb4 46.Re1 Ne4+ 47.Kh3 Nf2+ 48.Kg3 Nd3 49.Rf1 Nf4 50.Rd1 Ne2+ 51.Kh3 Nd4 52.Rd3 Kg7 53.Rc3 Nf5 54.Rc4 Rb7 55.Re4 f6 56.Kg4 Rd7 57.h5 Rd3 58.h6+ Kf8 0-1


Bangkok Chess Club Open (4) Kojima reports

Kojima Shinya (2277)

Li Hanbin (2322)

Thailand Open Chess Championship 2009(7)

 

1.Nf3 d5 2.d4 c6 3.c4 Nf6 4.e3 e6 5.b3 Nbd7 6.Bb2 Bd6

7.Bd3 0-0 8.0-0

 

黒のプランとしてb6-Bb7と組むことは自然に見えますが、もう1Ne4-f5も考えられます。8.Nbd2と指せば後者のプランは消すことが出来ましたが、ストーンウォール組みの試合はいくつも見ていたので、来るなら来い!という気概でキャスリングを優先しました。

 

8...Ne4 9.Nbd2 f5 10.Ne5 Nxe5!?

 

この手は少し意外でした。いくつか見た試合の中では10...Qf6!? 11.f4 Qe7 といった手筋が印象に残っていました。

 

11.dxe5 Bc5 12.Nf3

 

白はd4が空いたのでそこにナイトを持っていきます。

 

12...Qe7 13.Nd4 Bd7 14.Qc2 Rac8 15.Rac1 Bb6

 

ここを自分は一つのチャンスと見ました。

 

16.f3 Ng5?!

 

16...Nc5とビショップに当てつつ退くほうが自然に見えます。

 

17.c5! Bc7 18.Ne2! 

 



これでやや白良しと判断できます。白にはスペースアドヴァンテージとクイーンサイドのポーンを伸ばしていくという明確なプランがあるのに対し、黒にはアクティヴかつ有効なプランが存在しません。また、黒のナイトが
e4に戻ってきてしまうため、白はすぐにf4をつきません。f4をつくのは黒のナイトがさらに退いてからです。

 

18...Rfd8 19.b4 b6 20.Bd4!

 

ナイトが退いたあとにd4を抑えるのはビショップの役目です。c5のポーンをサポートしつつ、黒がaポーンを動かすことを許しません。

 

20...Qe8 21.Rb1 Rb8

 

このようなポジションでは白が優勢であることは理解しながら、これからどう進めていけばよいか分からない、ということがしばしばあります。そういった際はあせらず、ゆっくりとピースのポジションを改善していくことが大切です。

 

22.Rfc1

 

試合中自分は22.Qa4 b5!? 23.Qxa7 Ra8 24.Qxc7 Rdc8 25.Qb6 Rcb8はクイーンを戻すことが出来ず、ドローだと考えていましたが、26.Ra1!? Rxb6 27.cxb6 Ra3 28.Nc1!というクイーンを捨てる変化をコンピューターは出しました。確かにc5がナイトの入る絶好のマスとなるため面白い変化だと思いますが、これに気づいたとしてこのような怪しい駒数にするかは疑問です。

 

22...Nf7 23.f4 b5

 

ここで黒はクイーンサイドを固めてきました。もちろん白は教科書どおりにこれを崩しにいきます。

 

24.a4 a6 25.Ra1! 

 



ちょっとしたテクニックなので覚えておくと良いでしょう。黒は自身の
aポーンが弱点として残ってしまうため、bxa4ととることができません。それに対し白はいつでもaxb5aファイルを開くことが出来ます。そのような場合白はすぐにポーンの交換をせず、開いた際に大きな優勢が得られるよう準備する(例えばあらかじめaファイルにルークを回しておく)と効果的です。これをキープテンションと呼びます。

 

25...Bc8 26.Bc3!

 

これも前述の準備の一つです。c5,e5をすでに守る必要がなくなったビショップを退き、ナイトをd4に戻します。

 

26...Nh8 27.Nd4 Ng6 28.axb5!

 

ここまで準備して白はaファイルを開きます。

 

28...axb5 29.Ra7 Rb7 30.Rca1?!

 

ここは30.Ra6! とルークをキープしながら、もう一つのルークをaファイルに回すべきでした。

 

30...Rxa7 31.Rxa7 Bb8 32.Ra3 Nf8 33.Be1!

 

ビショップのダイアゴナルを切り替えます。

 

33...Qd7 34.Bh4 Re8

 

黒からポジションを改善する術がないので白が勝負に行かなければドローは確定です。ここで自分は長考し、勝ちを目指すことを決断しました。

 

35.Bxb5!!  

 



良くある筋ですがやはり慎重に読みました。

 

35...cxb5 36.c6 Qc7 37.Nxb5 Qb6 38.Qc5!

 

b.cファイルの2コネクテッドパスポーンではなくなりますが、白として十分です。

 

38...Qxc5 39.bxc5

 

Nd6,c7,Ra8といった狙いが白にはあり、黒のディフェンスは難しいように見えます。

 

39...Nd7!?

 

白としては、ピースを返されて粘られる展開は面白くないので一気に勝負を決めてしまいたいところですが、あせりは禁物です。自分が読んでいたのは 39...Ng6 ですが、こちらも 40.Ra8! Nxh4 41.Rxb8 Rf8 42.Nd6 Ba6 43.c7 Ng6 44.c8=Q Bxc8 45.Nxc8 と進んで白の勝ちです。

 

40.Nd6!? Bxd6 41.exd6

 

異色ビショップにしても白は何の問題もなく勝つことができます。41.cxd7 Bxd7 42.exd6 Bc6 43.Ra7!

白の黒マスビショップの働きがポイントですね。

 

41...Nxc5 42.Ra7

 

これで黒はプロモーションを防ぐために2ピースを捨てざるをえないので白の勝ちとなります。

 

42...e5 43.d7 Bxd7 44.cxd7 Nxd7 45.Rxd7 exf4 46.exf4

1-0

 

 後半戦の初戦はタフなゲームでしたが、何とかものにすることができました。この後8RはドイツのGM Scheblerにドローのエンディングを時間切迫により負け、9RはマレーシアのIM Masにドローとなり、5.5/9でトーナメントを終えました。一方、上原君は最終戦でフランスの2000を相手に黒できっちりと勝ち4.5/9、パフォーマンスも2121と初海外トーナメントとして十分すぎる戦績です。

 トップ陣はと言えば、Xiu Deshun7,8Rも連勝し、最後はScheblerとドローで8/9Moradiabadi1敗のまま食いついていましたが、最終戦でShortとドローで7.5/9、細かくドローをとられポイントを削られていったShort7/9という結果で1,2,3位が決まりました。

Xiu Deshunは昨年に引き続きGM2ドローしかポイントを落とさない完璧ともいえる戦績での優勝です。彼が今年中に2500台に乗ることは間違いないでしょう。また他の中国勢も、Zhang Ziyangが前半崩れながらも、最後に4連勝で6.5/9, Shen Siyuanが最後に連敗したものの5.5/9IMノーム獲得、女子のZhou GuijueMas,Zhang Ziyangらに勝ってベストレディーとIMノームの獲得です。なんと彼女はまだ2100台です!ここ数年でアジアどころか世界のトップにのし上がってきた中国のレベルの高さを改めて思い知るトーナメントでした。

来年はバンコクでの開催(と言っていたような気がします)ですので当然来年も行きたいと私は考えています。

FIDEレート2100未満のチャレンジャークラスも同時開催ですので、どんなレベルのプレーヤーでも楽しめると思います。興味のある方は是非私に声をかけて下さい。

 

2009410日 小島慎也


Bangkok Chess Club Open (3) Kojima reports

Thailand Open Chess Championship 2009

 

 
http://www.bangkokchess.com/

 3
31日〜47日まで上原君と共に、タイで行われたThailand Open Chess Championship 2009 に参加してきました。9Rスイス式で、41,2,3,5日が12R4日は試合なしでブリッツトーナメントがあり、最終日6日だけ1R+閉会式といったスケジュールでした。この大会は毎年Bangkok Chess Club が主催するもので、年によって開催場所が異なります。昨年はタイの首都バンコクでしたが、今年は人気のリゾート地、パタヤでの開催です。そのパタヤの高級リゾートホテルに200名近いチェスプレーヤーが38カ国から集結しました。

今大会の最大の目玉はなんといってもイングランドのNo.2 GMであるNigel Shortの参戦、そして昨年このトーナメントで国際舞台デビュー戦でありながら、8/9という驚異的な数字を残して優勝した中国のXiu Deshun が今年はどういった戦績を叩き出すか、の2点だったと思います。しかし昨年はRicard Bitoonたった1人だけだった2400台が今年は14人、2500以上も6人とトーナメントのレベルが非常に上がったため、Xiu Deshunの連覇は厳しいだろう、との見方が私を含め大方の意見だと思っていたのですが・・・

いざ試合が始めれば今年もXiu Deshunが飛び出します。格下に3連勝後、4Rで同国のGao Ruiを瞬殺、イランのNo.2 Moradiabadiも倒し、Shortはドローでかわします。51敗のMoradiabadi0.5P差で前半を終え、休憩日を迎えました。

私たち日本人はといえば、上原君は初海外でありながらノルウェーの2100台を2人倒し、好調ぶりをアピールします。最近日本でもレートを伸ばしているので今後も期待が持てそうです。ただ本人はオーストラリアのFM ReillyインドのIM Shetty に負けたのが気に食わなかったようで、ふてくされていました。そこで昨年の井上さん、坂井さんの戦績を見せて、初めての大会としては十分な結果であることを納得してもらいましたw 井上さん、坂井さん、すみません。私は2RでインドのGM Bakreに勝ち、IM2ドローとかなり良い戦績で前半を終えました。

4日のブリッツ大会は参加者を10数名の4グループに分け、ラウンドロビン(総当り)で予選を行って上位3名が決勝に進むという形式でした。私は4Rで負けたインドのIM Laxman、昨年のマレーシアで負けた中国のZhang Ziyang、因縁の相手たちと同じグループに入れられましたが、幸運なことに2人ともに勝つことが出来、グループトップの戦績で決勝へと進みました。しかし決勝の厳しさは予選の比ではありませんでした。

決勝グループの面子はGao Rui, Xiu Deshun, Li Hanbin,と中国の若手がそろい(GM Li Shilong は予選トップ通過ながら 決勝は辞退)そこにLaxmanやフィリピンのIM Yap Kim Stevenが加わります。私は5.5/11と半分取るのがやっとで12人中8位に終わりました。また、その決勝トーナメントの中でLi Hanbinに白で当たると分かった時、私は心の中で(やめてくれ!)と叫びました。なぜならば翌日7Rの相手がLi Hanbinであり、しかも色まで同じです。ちなみにブリッツでのゲームは以下のような結末を迎えました。

 

                Kojima Shinya-Li Hanbin
                             Blitz Tournament


1...Bxb3! 2.Kxb3 Kxf4 (=)  1/2-1/2

 

もちろん私は続けようとしましたがアービターを呼ばれ、ドローが確定しました。このとき相手の持ち時間は残り6秒で、私は非常に悔しい思いをしました。そしてこのブリッツで指したデータを用い、翌日の対策を練りました。


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM