日吉2015/4

小林厚彦くんに誘われ、慶応大学日吉キャンパスでのトレーニングに参加してきました。全日本前のトレーニングともあり、朝からみっちりと3試合。その中で面白かった1戦を。
 
Baba,Masahiro (2286)
Mitsuya,Naoto (2078)

日吉 2015(2)
 
1.e4 c5 2.Nf3 e6 3.d4 cxd4 4.Nxd4 a6 5.Nc3 b5 6.Bd3 Qb6 7.Nf3 Qc7 8.00 Bb7 9.Re1 Be7 10.a4 b4

11.Ne2 [つい先日のWorld TeamsFarahat - Balogh戦で白は11.Na2を選択しましたが、私は黒がキングサイドにキャスリングした場合、より黒キングに近く、アタックの可能性のあるg3へナイトを運びたいと考えていました。] 11...Nf6 12.Ng3 d6 13.Ng5!? [早めの仕掛け。白クイーンのd1-h5のラインを開きます。13...0-0には、14.Nh5で白攻勢です。] 13...h6 14.Nh3 00 15.Nh5 Nbd7

16.Nxg7!? Kxg7 17.Bxh6+!? Kxh6 [2ピースを犠牲にして黒キングを裸にする、このアイディアは前々から頭に思い描いていました。Kosic Drasko Doboj 1999なんかが、この手のサクリファイスの良いお手本でしょう。]

18.Qd2+ Kg7 19.Qg5+ Kh8 20.Qh6+? [20.Qh4+ Nh7 21.Qxe7 Rac8+ では白のアタックは続きません。20.e5 Nxe5 21.Qh6+ Kg8 22.Rxe5 dxe5 23.Qg5+= (23.Ng5? e4!) パペチュアルというのが、白のベストです。残念ながら本譜の2ピースサクリファイスはドロー以上になりません。]

20...Kg8 [黒のベストディフェンスは、20...Nh7! で、21.e5 f5 22.exf6 Ndxf6 23.Ng5としたところで23...Qc5! という強烈なカウンターがあります。

ANALYSIS  DIAGRAM
黒のアイディアは、24.Nxe6 に対して24...Qxf2+!! 25.Kxf2 Ng4+ です。この後、26.Kg1 Nxh6 27.Nxf8 Bxf8で、黒が駒割りで圧倒。お互い、23...Qc5!からの反撃が見えていませんでした] 21.Re3!? [21.Qg5+=] 21...Ng4! 22.Rg3 Nde5 23.f4 f5? [23...Ng6からちょっとした攻防のあと、ゲームはパペチュアルに落ち着きます。24.Rxg4 Qc5+ 25.Kh1 Qd4 26.e5! Be4! 27.f5! exf5 28.Rxg6+ fxg6 29.Qxg6+ =]

24.Qxe6+? [24.fxe5! Qc5+ 25.Kh1 Qxe5 26.exf5 exf5 27.Rxg4+!

ANALYSIS  DIAGRAM
私が見逃していた1手です。白クイーンがh6にいる間は、h7でのメイトの筋が残っています。] 24...Rf7 [24...Kh8! と避けるのが正着で、25.fxe5 Qc5+ 26.Kh1 Qxe5で白のアタックは続きません。] 25.fxe5 Bc8 [25...Qc5+ 26.Kh1 Qxe5 27.exf5! Qxe6 28.Rxg4+ Rg7 29.Rxg7+ Kxg7 30.fxe6+-] 26.Qg6+ Rg7 27.Qe8+ Bf8 28.exd6 Qc5+ [28...Qxd6! 29.Bc4+ Kh8 30.exf5 Bb7 31.Qh5+ Qh6 32.Qxh6+ Nxh6で、黒のチャンスのほうが良いでしょう。] 29.Kh1 f4? [29...Qxd6!]


30.Rf1!+- Nf6 31.Rxg7+ Kxg7 32.d7! Nxd7 33.Nxf4 Nf6? [33...Ne5 34.Nh5+ Kg8 35.Nf6+ Kg7 36.Qh5!] 34.Qg6+ 10

Check Mate at Tokyo 2012 @ヒカリエ

Check Mate at Tokyo 20122弾も無事、滞りなく終了。

これで今回のイベントの全行程は終了しました。

 

今日の様子を写真で振り返りましょう。



イベント開催場所は渋谷ヒカリエ11Fのシアターオーブに設けられた特設会場です。
 






対局は白黒変えての2戦。30分指し切りです。




会場をギャラリーが囲みます。




ゲーム解説は別室で。1戦目を上原くんが解説します。


2戦目は小島くんが。



VIP席にはマフィアの親分のような悪そうな人が座っていましたが、
実はこの方、駐日ギリシャ大使のニコラオス・ツァマドス氏ということです!!
熱狂的なチェスファンとのこと。


ゲームは
2ドロー。平和に終了しました。

本イベントにかかわった関係者の皆さん、お疲れ様でした。

 

Almiraさんは明日、Tel Avivで開催されるチーム選手権に出場するため、イスラエルへと飛び立ちます。


Almira Skripchenko 同時対局 -終了-



終了しました。

 

自分で言うのもなんですが、今回の同時対局は、過去に日本で開かれた同時対局に比べて全く引けを取らない成功と言えるイベントになったと思います。会場は静かであり、プレーヤーの皆さんのマナーも良く、スムーズに運営を行えました。

 

関係各位には感謝しています。ようやく肩の荷が下りた感じです。

 

さて、同時対局の様子は小島君のblogで紹介されていますので、そちらをご覧ください。

 

http://shinyakojima-blog.blogspot.jp/2012/09/almira-skripchenko-simul-at-sophia.html?spref=fb

 

結果は、Almiraさんの1756ドローでした。同時対局にしては多くポイントが削られたように見えますが、大事なのは結果ではないと思っています。参加者の皆さんとAlmiraさんが楽しく時間を過ごせたこと、これが一番ではないでしょうか?

 

同時対局の表向きの報告はこの程度にとどめておきます。後日、本イベントについてのリアルBehind the Sceneを包み隠さず書く予定です。今までかつてない生々しい内容になると思います。乞うご期待。


















Check Mate at Tokyo 2012 @スカイツリー

Check Mate at Tokyo 20121弾は無事、滞りなく終了。
昨日の様子を写真で簡単に振り返りましょう。


 

初スカイツリー!



初ソラマチ!


ステージはこんな感じ


今回、私は試合で使うセンサーボードの手配を頼まれていました。
4月のCheckmate Loungeと同様、松戸チェスクラブの田畑さんにセットを貸していただき、中村尚広くんに設定をしてもらいました。


午前中は設営。
私はセンサーボードの具合を見に行っただけですが、会場のセットも少し手伝いました。


12:00開場。ぞくぞくと観客が集まります。


チェス体験ブースもにぎわっていました。


ゲーム中。GM Vachier Lagrave2面とも黒を指すという、変わったClock Simul





会場には大型のスクリーンが用意され、ライブゲームを見ることができました。
両者の持時間と棋譜も表示することはできるのですが、スクリーンの大きさの関係上、
windowを重ねて局面のみ投影。


ゲームの進行にあわせてピノーさんとゲストのAlmiraさんが解説。


Almira Skripchenkoさん。
先日のイスタンブール・オリンピアードではフランスの
1番ボードでプレーしていました。
来週、
29日には同時対局を開催します。今回、一般のプレーヤーがAlmiraさんと触れ合う機会はここしかありません! まだ人数に余裕がありますので、早めにお申し込みを。


ピノーさんとAlmiraさんの休憩中は代打で小島くんが解説に登場。


北尾まどかさんと共に会場を沸かせてくれました。


ゲーム終了。結果はGM Vachier Lagrave2勝。
森内さんのゲームは、森内さんの時間が切れたのですが、ここから
51.a4 Na3! 52.c3 (52.Bd3? e4+) 52...Nb1で黒がポーンアップして勝ちです。私は51...Nd2+ 52.Ke3 Nxc4+ 53.bxc4のポーンエンディングしか考えていませんでした(´Д`A ```


イベント終了。夜のライトアップされたスカイツリー。


ACC40周年記念パーティー



本日は麻布学園チェス部の
40周年記念パーティーということで、久しぶりに麻布に赴きました。学園を卒業してからすでに10年。部との直接的な関係は薄れてしまいましたが、いつでもここが私(達)の原点です。

 

パーティーは講堂地下の食堂で。私が学園にいた頃はなかった場所です。ドライエリアを利用して昼光と風を取り込んだ空間は、なかなか快適でした。

 

パーティーは12時開始のはずが、準備に時間を取り、乾杯は結局13時近くになってでした。このあたりの緩さは麻布らしいところなのでしょうか。


 
                 
現部長の挨拶



               元顧問の先生の挨拶

 

乾杯の後はしばし歓談。普段、大会に出ていない方とは久しぶりの再会です。話がはずみます。



 

ある程度お腹が満たされるとチェス部ということで、チェスを指し始める人達が。。。

一度盤面に向かえば皆、真剣です。卒業してチェスから遠ざかっていた方も懐かしの青春時代の思い出にしばし浸れたのではないでしょうか。










最後に部室を訪れました。直接手渡しするタイミングがなかったのですが、チェスセットを1つ寄贈しました。現役の皆さんは使う機会があったら使ってくださいね。




西新宿11月例会

西新宿での例会は月一の恒例行事となってきました。今回の参加者は10人。9月から3回とも出ている私はだいたい基本メンバーとは当たった感じです。昨日は山本さんと大沢さんとの対戦。風邪気味で体がだるかったのですが、(山本さんも大沢さんもそんな感じでしたね?)何とか知恵を絞って指しました。

 

Baba Masahiro

Yamamoto Daisuke

西新宿 2009 (1)

 

1.d4 Nf6 2.c4 e6 3.Nc3 Bb4




Nimzo Indianは非常にヴァリエーション豊かなオープニングだ。クローズドな展開もオープンな展開もあり、はたまた白黒逆サイドにキャスリングするシャープなセットアップもある。また、dの孤立ポーンを巡る戦い、スペースの広いor狭いポジションなどなど...-Korchinoi

 

こう言われるように、Nimzo Indianは非常に面白い戦いになるため、多くのトッププレーヤーのレパートリーに必ず入っているオープニングです。しかし、私はいまいちNimzoの特徴というものが理解できていなかったので、これまでずっと手をつけてきませんでした。しかし、1.d4を指すのなら、Nimzo Indianは避けないで指してみるべきだと考えているので、実戦で少しずつ理解していこうと思って指しました。

 

4.Qc2 d5

 

Classical Variationと呼ばれている4.Qc2に対して、黒は4...d54...c54...0-03通りの戦い方を選べます。

 

5.a3 Bxc3+ 6.Qxc3 0–0

 

6...Ne4 7.Qc2 c5 8.dxc5 Nc6 9.cxd5 exd5 10.e3のゲームとしては、Carlsen-Polgar Wijk aan Zee 2008Carlsen-Adams Baku 20082つのマスターピースが有名です。

 

7.Nf3 b6

 

つい先日のTal MemorialMorozevich-Kramnikでは、7...dxc4 8.Qxc4 b6でした。本譜よりもこちらの方が黒として戦いやすいと思います。

 

8.Bg5 Bb7 9.Rc1




狙いは単純に
10.cxd5です。10...exd5 11.Qxc710...Nxd5 11.Bxd8 Nxc3 12.Bxc7も白のワンポーンアップになります。

 

9...Na6?!

 

9...h6! 10.Bxf6 (10.Bh4?! g5 11.Bg3 Ne4は黒にとって満足な反撃) Qxf6 11.cxd5 Bxd5 12.Qxc7 Bxf3 13.exf3 Qxd4なら黒十分です。

 

10.cxd5 exd5

 

10...Nxd5 11.Bxd8 Nxc3 12.Bxc7 Nxc7 (12...Nxe2? 13.Bxe2 Rac8 14.Bf4) 13.bxc3は黒にワンポーンのコンペンセーションはありません。

 

11.b4

 

これで黒のc7-c5からのカウンターを完全に抑えました。そして狙いはシンプルにb4-b5からc7取りです。

 

11...c6?!

 

ここは11...Rc8をメインに考えていました。これに対して12.b5?! と指すと12...Nb8からc7-c6で黒はcファイルを開けて満足です。そこで12.b5?!ではなく12.e3と指す予定でした。これで白にはっきりとしたポジショナル・アドヴァンテージがあると思います。

 

12.Ne5± Rc8 13.Qb2!?




アドヴァンテージを拡大するために少しひねった
1手です。この手のアイディアは2つあります。一つは14.Ng4のスレットを作ること。ここで13.Ng4?! だと、13...Ne4! があります。まずはこれを避けるため、ナイトの当たらない位置にクイーンを動かしました。もう一つはRc1-Rc3からのルークのキングサイドへの展開。この可能性を残すためにe3を突くのを最大限遅らせたのです。

 

13...h6?

 

Bxf6 Qxf6? にはNe5-Nd7のフォークがあるため、キングの前のポーンの形を崩すのは避けられません。しかし、これはさらに悪化させます。13...Qd6くらいが正着で、白には14.Bxf6 gxf6 15.Nf3でポーンストラクチャーの差で勝負するラインと、14.e3 Ne4 15.Bf4でダブルビショップをキープして戦うラインが考えられます。

 

14.Bxf6 gxf6 15.Ng4 Kg7 16.Qd2 Rh8 17.Rc3

 


 

あくまで一度描いた自分の構想を押し通そうとしました。しかし、次の黒の17...c5! からのカウンターが強いので、17.Ne3からf5にナイトを落ち着かせてしまったほうが良かったでしょう。

 

17...f5? 18.Ne5+-

 

反撃のタイミングを逃してしまったのと、e5にナイトのポストを与えてしまったため、この後は黒が苦しい展開となります。

 

18...Nb8

 

ここで黒の不安定なキングをどう攻めるか考えました。直感は19.g4だったのですが、19...f6でナイトが追い払われ失敗します。(19..f6 20 gxf5 fxe5 21.dxe5も考えましたが、決定的ではないと判断しました)そこで...f6に対してRg3+からg6のマスにナイトが入れるようにgファイルは空けておきます

 

19.h4!? Qf6 [19...Nd7 20.Qf4 +-] 20.g4!

 


 

クイーンがf6に来たので、ナイトが追い払われることはありません。キングサイドを大きく開いてアタックを仕掛けます。

 

20...c5

 

20...fxg4には21.Rg1! h5 22.Rf3! で次のRxf7+が決定的です。

 

21.Rf3 Rc7 22.Rxf5 Qd6?!

 

次のg4-g5を防ぐ22...Qe6のほうが粘り強いディフェンスでした。しかし、23.dxc5 bxc5 24.bxc5c5のポーンを取り返せないのは黒にとって痛手です。

 

23.g5! cxd4 24.Qxd4!

 


 

24...Rc1+が効果的でないことを確かめ、ポーンを取り返します。24...Rc1+ 25.Kd2で白キングがこれ以上攻められることはありません。

 

24...Nc6?

 

24...Kg8なら25.gxh6gファイルを開き、h1のルークを攻めに参加させれば白が勝つのは時間の問題です。

 

25.Nxc6+ 1–0

 

白マスビショップ、キング、h1のルークを一度も動かさなかった珍しい勝ちケースでした。


馬車道祭り

例年参加者は少なく、「お友達をお誘いの上、お越し下さい」というキャッチフレーズがぴったりなこのイベントですが、わざわざ誘わずともいましたいましたw

 

参加者の半数以上が麻布のOBで、いつもとほとんど変わらないメンバーと争うことになりました。


今回は予選
5戦(普通の盤駒で行う。15分指し切り)とエキジビション・マッチ1戦(大盤で行う。時間無制限)の形式を取り、予選は岩崎さんが5連勝で優勝、次いで南條君が31ドロー1不戦(遅刻)で2位となりました。どうやら大会自体はここで終わりだったようで、馬車道トロフィーは岩崎さんが手にしました。エキシビション・マッチははこの2人で行われ、決戦を制したのは南條君でした。


ちなみに南條君の
1不戦ですが、

 

11時開始ということだったので、それくらいに到着するつもりで出かけたら思っていたより目的地が遠くて少し遅刻。1ラウンドに出られませんでした(涙)

 

ということらしいです。みなとみらいに住んでいるのに...


 

さて、私はというと、佐藤要君と岩崎さんに負けて3/5Rで決勝進出ならず、でした。この2人に加えて桑田君にもフレンチを指しましたが、まだどうもやることが分かっていないようで、満足なポジションを得ることはできませんでした。「ラインを記憶した」のと「その定跡が指せる」というのは全く違う次元にあることを改めて感じさせられました。

 

トーナメントに目を向けると確かに良くないかもしれませんが、今日は新たな出会いがいくつかあり、非常に充実していた1日でした!


写真を何枚か載せておきます。少しでも雰囲気が伝われば幸いです。










TUCC新部室お披露目&内田さん壮行会

本日は、東京大学チェスサークル(TUCC)の新部室お披露目と、数日後にアジアンインドアゲームズのためベトナムへの出発をひかえた内田さんの壮行会を兼ねて、駒場キャンパスにて活動がありました。

 

かつてTUCCの部室が入っていた建物は老朽化が激しく、すぐに建て直されるだろうなと思っていたこともあり、今日はどう環境が変わったのか期待して駒場に向かいました。駒場キャンパスでは数年前から急激に新しく施設を造っています。さて、部室が入っている建物はどれかなあとしばし散策しましたが、どうやら場所は元の学生会館のままで、移動はしていないとのこと。学生会館は大幅に改装されたものの建物躯体は元のものを使っており、設備や内装・外装を更新したくらいだったので、ややがっかりしました。早稲田や慶応のように学生の活動の場にはもう少し予算を割いても良いのではないかと思います。

 

さて、今日は20名弱が参加しており、午後からチェス、その後18:30からキャンパス構内のフランスレストランにて懇親会&壮行会でした。アジアンインドアゲームズは1031日からスタートです。


日本チームの健闘をお祈りします!

 

P.S. TUCCの活動ブログができました。

http://tucc.jugem.jp/

ここしばらく慶応に押されて今一つ元気のなかった東大ですが、これから活発になると良いですね。






西新宿10月例会

本日の結果です。タイムコントロールは45/30+20(初手から1手ごとに15秒追加)に変更になりましたが、試合は前回と同様、2試合行いました。参加人数が9名と奇数であったため、石井さんと大沢さんは1試合ずつでした。

 

本日もアップ&ダウンや大逆転が多くありましたが、例会の目的はトレーニングであるため、参加者それぞれが何かしら得るものがあれば良いと考えています。私もオープニング・レパートリーを拡げようと考えており、このような例会はその良い機会です。もちろんTrompowskyをメインで指すことはありませんが。

 

1R

岩崎 0-1 義之  Modern

石井 1-0 石塚  QGD

馬場 1-0 星野  Pirc

吉井 ½–½ 山本  English

 

2R

義之 1-0 山本  1.e4 c6 2.c4

星野 0-1 大沢  Slav

石塚 0-1 吉井  Sicilian Accelerated Dragon

馬場 0-1 岩崎  Trompowsky Big Center


西新宿9月例会

本日(13日)の例会の結果です。60/30手+10分(1手ごとに30秒追加)のタイムコントロールで2試合行いました。

 

1R

義之 0-1 馬場

星野 1-0 吉井

大沢 0-1 上原

山本 0-1 石井

 

2R

上原 0-1 義之

吉井 0-1 馬場

石井 0-1 大沢

山本 ½–½ 星野

 

Gishi Takeshi

Baba Masahiro

西新宿 2009 (1)

 

1.e4 c5 2.Nf3 d6 3.d4 cxd4 4.Qxd4

 

おそらくメインラインでは来ないと思っていましたが、この手は驚きでした。

 

4...a6

 

過去に2ゲーム(うち一つは羽生さんと)4...Nc6を指しましたが、良い結果は得られませんでした。この手はその改善策です。

 

5.c4

 

2007年のジャパンリーグでNakamura Hikaru5.Be3!? Nc6 6.Qb6!? を指してきました。もちろん本譜の方がメインです。

 

5...Nc6 6.Qe3 Nf6 7.h3 g6 8.Be2 Bg7 9.0–0 0–0 10.Nc3 Nd7 11.Rb1?!

 

この手と次の白の手は黒のNd7-Nc5を遅らせますが、奇妙に見えました。11.Rd1のほうが良いでしょう。

 

11...a5 12.Na4?! b6 13.Bd2 Nc5 14.Nxc5 bxc5 15.Bc3 e5!




d4
をコントロールして、ここで黒やや良しと判断しました。

 

16.Qc1 Nd4

 

16...f5 17.Bd3 f4!? からのキングサイドアタックで白は厳しいのではないかというのは義之さんの意見です。確かに黒には将来的にアタックチャンスがあります。本譜はもう少し局面を開いて手を作りにいきます。

 

17.Nxd4 exd4 18.Bd2 Re8 19.Bd3 Bb7 20.Re1 Qd7 21.Qc2 a4 22.b4 axb3 23.Rxb3!? [23.axb3] 23...Bc6 24.Qb1 Qa7 25.Bf4 Bf8?!




25...Be5! 26.Bxe5 dxe5 27.Re2 Reb8
なら黒が優勢を維持できています。ビショップの働きに差があります。

 

26.Re2 Re6 27.Reb2 Rae8 28.Rb8 Kg7 29.Rxe8 Rxe8 30.f3 Be7 31.Rb6 Rc8 32.Rb2 h5

 

bファイルをコントロールされているので黒からなかなか手を作れません。しかしbファイルから突破されることはありません。こういう時は駒の位置を改善したり、32...h5のような有効な手を指したりして相手の出方をうかがいます。自分から無理にゲームを動かさないのが大切です。

 

33.Qc2 Qa5 34.Bd2 Qd8?! 35.Qc1 [35.a4!] 35...Ra8 36.Bh6+ Kh7 37.Bd2 Bf6 38.Qb1 Kg7 39.Rb6?




予想していたブランダーです。

 

39...Rxa2! 40.Rxc6 [40.Rb8 Qc7] 40...Rxd2 41.Bf1 Be5 0–1

 

白の黒マスの弱さを利用して、Qg5-Qf4などで簡単にメイトスレットが作れます。


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM