Kojima Shinya: "Nanjo is just like Einstein"

オリンピアードの公式サイトに小島君のインタビューが載りました。しかも南條君についてのインタビューです。以下、私がかなり砕いて訳したものになります。マトリックスのところは良く分からなかったので、一部、函館の山田さんの訳を使わせていただきました。

 

======================================

 

日本チーム1番ボードの小島慎也と我々ジャーナリストは、共に彼のチームメイトである南條遼介の誕生日を祝いました。

 

南條に初めて会ったのは10年前、学校のチェスクラブです。当時すでに彼は他の人とは違いました。ある日、土砂降りの雨に降られたとき、みんなは普通にしていたのに、彼はマトリックスの主人公を演じて、『見よ、この雨粒を私が止めてみせよう!』などと叫び始めたのです。そんな行動を、最初は奇妙だと思っていましたが、そのうち慣れっこになりました。天才というものはときとして変な行動をするものですあり、彼は本当に天才なんです。まるでアインシュタインですよ。他にもあります。南條は携帯電話を持たなくても平気な珍しい人種です。一度携帯をなくした時、彼に新しいのを買うよう、6ヶ月も言い続けましたよ。だけど断られました。『携帯なくてもいつでも連絡つくから』と。こちらから連絡してもなかなか連絡がつかないなんていう主張は全く通じませんでしたね。

 

“南條は日本生まれでないと聞きましたが。”

 

そうです。南條はアメリカで生まれ、そこでチェスを始めました。9歳からアメリカのトーナメントに出始め、2年後、家族で日本に戻ってきました。今回は彼にとって4回目のオリンピアードです。

 

“彼はチェスプレーヤーとしてどんな相手?”

 

強い相手です。彼からはいつも多くを学んでいます。

 

“他に南條の特徴を挙げるとしたら?”

 

チームの雰囲気を盛り上げることができます。そしていつもジョークを飛ばし、知性を見せびらかします。女性といるときは特に!

 

“古い世代のプレーヤーは、若い世代はコンピューターのように手を読むと言っています。南條のスタイルはどうですか?”

 

そういう時もありますが、南條は独創的なアプローチもお得意です。

 

“南條はチェス以外のスポーツはやりますか?”

 

柔道を5年間やっていました。師は有名な金坂茂です。(注:元麻布学園教論 残念ながら今年、他界されました)

 

ご存知かもしれませんが、柔道のような日本の武術はただのスポーツではありません。精神を鍛錬するためのものでもあります。柔道はプロフェッショナルなチェスプレーヤーにとって必要な、集中力と自信を学ばせてくれます。

 

“日本文化は、特に西欧の人間の目には独特で奇妙に映ります。南條もアニメやマンガが好き?”

 

もちろん!

 

“最近の南條の活躍として特筆すべきものは?”

 

今年、日本チャンピオンになりました。すぐにFIDEマスターにもなると思います。

 

“レストデーは何をして過ごしました?”

 

チームメンバーみんなでKhanty-Mansiyskの街を観光しました。Khanty-Mansiyskはとても小さな街だと分かりましたが、居心地は良いです。南條はマンモスの像がある遺跡公園にはしゃいでいましたかね。

 

“南條の誕生日はどう祝うつもり?”

 

ゲーム終了後、ケーキを買い、プレゼントを渡します。チェスの本ですが。また、付き添いの可愛いアンナと一緒に祝います。彼女はスタッフとしてもお祝いしてくれるでしょう。

 

“誕生日に、あなたがたが南條に願うことは?”

 

日本チャンピオンになってくれるよう願ったのは去年ですからね。今年は何か他のことを願いましょう。日本のチェスを輝かせるとか!

 

南條はこの先成功すると思います。私たちは健康、幸福といった人生において一番重要なところもうまくいくよう、願っています。もちろんあちらのほうも!


Collins’ Interview @Youtube

昨日の記事のコメント欄に真鍋さんがコメントを書かれているように、SamへのインタビューがYoutubeにアップされました。


 

http://www.youtube.com/watch?v=Vw5mD-JFwVk

 

簡単にですが、内容をまとめてみました。

 

GMノームについて

Sam「今回、2度目のGMノームを達成しました。初めてGMノームを達成したのは数年前、ブダペストでのことです。」

注:200810月のFirst Saturdayでのものです。Dresden Olympiadの直前!

 

最終戦について

Sam「最終ラウンド、白だったにもかかわらず苦しみましたが、1ポーンダウンのルークエンディングに持ち込み、何とかドローを取りました。」

 

最近までどうしていたか

Sam「最近まで日本にいて、日本国内の大会にのみ参加していました。日本ではGMノームの取れる大会はありませんでした。」

 

プロのプレーヤーか

Sam「いえいえ。私は“Lawyerであり、それが日々の仕事です。もしプロであったらとても”残念な“プロプレーヤーでしょうね。」

 

ノームを達成するには

Sam「ノームを達成するには幸運であることが必要です。そして厳しい局面から巻き返す力が必要です。例えば4RAbbasovとのゲームでは、私のブランダーでバックランクメイトの危機がありました。」

 


     Abbasov F.(
2549) Collins S.(2408)

             Position after 19…Re8-e6?

 

注:ここで20.Qxd5! が可能です。20…Qxd5 21.Rxd5 Rxd5 22.Rc8+からメイトです。しかし、白はこれを逃し、結局ドローになりました。

 

Samまた、Burmakinとのゲームは終始厳しかったものの、最後で逆転しました。」

 

最後に

「大きく成功するトーナメントには23の大きな幸運がつきものです。」


2010全日本チャンピオンインタビュー

優勝者2名へのインタビューです。質問事項はとりあえず思いついたまま書いてみたので、これ以外に聞きたいことがありましたらコメント欄にでも書き込んでください。

 

======================================

1.いつも通り、まず優勝についてのコメントを一言お願いします。

 

何か変わったということは特に無いですが、嬉しいです。(南條)

 

昨年Samに奪われたタイトルの奪還が今年の目標でしたので、無事達成することができ、安心しています。今年はオリンピアードとアジア大会が開催されますので、このまま良い流れを保って2010年の後半戦に臨みたいですね。(小島)

 

2.ベストゲームはどれですか?また、ワーストゲームは?

 

ベストゲームはいくつか候補がありますが、やはり一番シードの渡辺暁さんとの試合でしょうか。

ワーストゲームは大きなミスをした試合は結構ありますが、指していて楽しかったですし得るものが大きかったのでそこまで気になっていません。あえてあげるなら阿部真大くんとの試合でしょうか。過去の思考をなぞるだけでの試合だったので。(南條)

 

ベストゲームは9Rの龍二さんとの試合か、11Rの礼二さんとの試合です。一方には絞れませんね。両方とも黒で勝たなければいけない試合で、集中して指すことができたと思います。この2試合は解説を書くことになるでしょう。ワーストゲームは強いて挙げれば三阪さんとの試合でしょうか。内容はそこまで悪くありませんが、まったく集中できず早々にドローを受けました。(小島)

 

3.今大会に向けて何か特別な対策や戦略を練りましたか?あったら具体的に教えてください。

 

きちんと3食とってよく寝たことくらいでしょうか。試合直前や試合中に指したい定跡が変わることもありますし、オープニングプレパレーションはしていません。(南條)

 

特別なことはしていません。いつもの習慣通り、多くの棋譜を眺め、好きなオープニングを指しました。ただ、タイから帰国後に何を血迷ったか、カロカンを指したくなってしまったのには焦りました。全日本でも2試合指しましたが、負けなくて良かったです。(小島)

 

カロカンはびっくりでしたよ。(馬場)

 

4.お二人は3位以下に2P以上の大差をつけて勝ったわけですが、自分達以外のプレーヤーの戦いぶりをどう見ましたか?

 

自分の試合に必死であまり見る余裕はありませんでしたね。トップを走っていて当たるような相手が弱いはずがないので偵察する必要はなかったとも思います。全力で勝ちに行くしかないわけですし。(南條)

 

私もまずい指し方が多かったのであまり偉そうには言えませんが、ちょっとした基本を守らなかったり、時間を使うべき局面ですぐに指してしまったりすることで、試合を崩してしまうプレーヤーが多かったように思えます。(小島)

 

5.今年はオリンピックイヤーです。他の代表者と今後どのように準備を進めるつもりでしょう?

 

序盤、特に白が穴だらけなので、がんばって埋めていきたいと思います。他の代表者のために自分に何ができるかは正直わかりませんが、やれることがあったら色々したいと思います。(南條)

 

間違いなく私が一番時間を取ることができると思いますので、他のメンバーのスケジュールと調整して会う時間を作り、トレーニングを行いたいと考えています。オープニングのプリパレーションは私の得意とするところですので、他のメンバーは遠慮なく私のことを利用していただきたいと思います。(小島)

 

メンバー以外にも相談してもらえるとよいと思います。もちろん、私も全力でサポートします(馬場)

続きを読む >>

Road to Khanty-Mansiysk −山田弘平−

今回は全日本で5位という成績を収めた伸び盛りの山田弘平君へのインタビュー企画です。



 

1.最終ラウンド、ドローで惜しくも入賞を逃しましたね。今回の全日本選手権での5位という結果についてコメントをひとことお願いします。

 

入賞を狙うには勝つのが絶対条件でしたが、桑田君の指しまわしが上手く入賞を諦めてこちらからドローをオファーしました。ただ、最後まで入賞争いに絡めたことには満足しています。

 

来年は入賞しないといけませんねw

 

2.今回の全日本でのベストゲームはどれですか?また、ワーストゲームは?また、その理由は?

 

ベストゲームはSamとのゲーム。現役のIMと真剣に読み合い勝負ができ、指していて楽しかったです。

ワーストは内田さん、小島君とのゲーム。内田さんとのゲームは、勝ちはしたもののとても胸を張れるチェスではありません。小島君とのゲームはあっさり土俵を割ってしまい反省の多い一局です。

 

3.IMからの初ドローは大きな収穫だったと思います。このゲームについての感想は?

 

最初から堅く指して勝ちに来る相手を叩く、というのが前日に立てた方針でした。抑え込まれそうなチェスでしたが、カウンターを作りながらエンドゲームに持ち込み、難しい勝負にすることができました。

感想戦でいろいろ教えてもらいましたが、やはりマスターは深く読んでいると思いました。特に中終盤にかけての読み方は非常に参考になりました。

 

4.南條君からなかなかポイントを取れないようですが、何か苦手意識があるのでしょうか?

 

そもそも実力が違うとは思いますが、確かに相性は良くありません。ただ、内容は悪くないゲームも多いので、ポイントはそのうち取れると思っています。

 

では次の対戦に期待しています。

 

5.今回の全日本ではラウンド数、タイムコントロールの変更がありましたが、前回までの全日本と比べて何か変わった点、またはもっとこうあればいいという点がありましたら具体的にお答えください。

 

僕は時間があればあるだけ使うので持ち時間は長いほうがいいですが、ラウンド数が短くなった点に関しては良い判断だったと思います。その方が参加者も日程が合わせやすいし、消化試合のような試合も少なくなるでしょうから。

 

ラウンド数は11で十分だったと私も思います。上位3名がきちんと力の差を見せた結果となりました。

 

6.弘平君は大学入学以降、東京に来てから棋力が急激に上がったと思います。その理由は?

 

大会が多いのでクラシカルなチェスが多くさせたこと、それから日本のトッププレイヤーたちがどのように勉強し、どのように考え、どのように指し、どのようにトーナメントを戦っていくか、という部分を吸収できたこと。この二点が大きな要因ではないかと、自分では思っています。

 

棋力を上げるにはやはりライバルと競い合うことが重要だと思います。幸い弘平君と同い年には二人のビッグネームがいますから、その点は問題ありませんね。

 

7.おそらく2010年のオリンピアード代表の資格を得たと思いますが、今のところオリンピアードへの参加は考えていますか?もしそうであればオリンピアードまでの今後のプランをお聞かせ下さい。

 

参加できるのならば、間違いなく参加するでしょう。北京の時もそうでしたが、国際大会でチェスを指す経験は負担も大きいですが、プラスになる部分の方が大きいように感じます。オリンピアードに参加してどれだけ自分のチェスが変わるかという興味もありますし。

今後はエンドゲームの勉強を中心に、それからオープニングのレパートリーも少しずつ増やしていこうかなと考えています。

 

オリンピアードに参加すると自分のチェスが変わるのもありますし、チェスに対する考え方そのものも変わると思います。ぜひ、レイティング2200を超えて(理想は2300+)オリンピアードの舞台で活躍する姿を見せてください!

 

8.尊敬するプレーヤーを一人あげてください。

 

Kasparov。ポジショナルなポイントを積み重ね、華麗なタクティクスで決めるという、僕の理想のチェススタイルです

 

非常にノーマルなアンサーですね。でもいいと思います。

 

9.今まで見たゲームの中で最も印象的だったものは?

 

84年にモスクワで行われた世界選手権マッチ27局目のKarpov-Kasparov戦はよく並べました。あのような地味な?プレーは僕の苦手な部分なので、ポジショナルな感覚も磨いていきたいと思います。

 

10.最後に、今の日本チェス界についての率直な感想をどうぞ。

 

小島君や上杉君らの活躍で日本チェス界もレベルは上がりましたが、あくまで一部のレベルが上がっただけのように思います。全体の底上げを図るためにもジュニアなど若い世代が頑張らなければなりません。僕たちの世代がその先駆けになれればいいと思っています。

 

ぜひぜひ頑張って下さい。私もできる限りのことをします。

長々と答えてくれてどうもありがとうございます!


百傑優勝者インタビュー

ここまで百傑戦についてはゲーム、結果中心で、プレーヤーの心理面等はお伝えできなかったので、ここで百傑戦優勝者にインタビューしてみました。

 

======================================

1.まず優勝についてのコメントを一言お願いします。

 

小島:

最終戦で負けたのは残念ですが、なんとか連覇できて嬉しいです。森内さん、南條、龍二さんとの試合をしっかり勝ちにいったことが良い結果に結びついたと思います。

 

野口:

狙っていたわけではないので、驚いた。前日から期間中、毎晩誰かと飲んでいて、リラックスできていたのが大きいと思う。ドレスデンの後、Samとの会食に呼んでもらってなかったら、そのままチェス辞めていたと思うので、みなさんありがとう。

 

野口さんがチェスを続けるきっかけを作れたのを嬉しく思います。

 

2.ベストゲームはどれですか?また、ワーストゲームは?

 

小島:

ベストゲームは森内さんか龍二さんで迷いますね。森内さんとの試合は馬場さんがコメントを付けて紹介しているので、チェス通信の棋譜解説は龍二さんとの試合にするつもりです。ワーストゲームはSamとの試合でしょうね。最後しっかりドローをとらないと駄目でした。

 

野口:

ベスト:権田、杉本、南條戦の3つ。1つには絞れない。内容はともかく、相手を気にせず、最後まで集中が切れなかった。ワースト:小島戦。最後の読み抜けはひどい。

 

トーナメントの戦略上、小島戦をドローにしておいたことは結果的には最終成績にうまくはたらきましたね。

 

3.二人とも森内さんと当たっていますが、森内さんとのゲームはどうでしたか?

 

小島:

序盤は少し間違えて苦しかったですが、中盤以降うまく指せたと思います。終盤ではこちらのキングも多少危険で、時間も少なかったので学生選手権での馬場さんとの試合のようにならないか、ひやひやしました。

 

野口:

相当強いと感じた。内容も時間も負けていたが、何故か最後にはどちらも逆転していた。運を感じる。

 

内容には差があるとはいえ、お二人とも大きな勝利だったと思います。

 

4.大会の進行はスムーズでしたか?何か運営に関して不満な点はありましたか?

 

小島:

試合開始の合図をきちんとして、静かに揃って始められると良いですね。それと最終戦のペアリングがどうしてあのようになったのか、誰か説明して欲しいです。

 

オーガナイザー側の演出でしょうw

その組み合わせがないとつまらないですしね。

 

野口:

入賞に絡む時しか思わないのだが、しっかりしたアービターが常時会場にいてほしい。出来れば1日コースと会場を分けてほしい。騒音が気になるので。また、上位ボードだけでいいので、もう少しスペースがあると有難い。

 

そうですね。やはり大田区産業プラザのほうがチェスの大会には適した会場だということでしょうか。

 

5.今回、私(馬場)が出ませんでしたが、もし私が出ていたら二人の順位は変わっていたと思いますか?

 

小島:

馬場さんならば私とはドローで野口さんには勝つでしょう。よって私の単独優勝になります。

こういうコメントを期待しているんですよねw

 

当然私にも勝つから関係ないとのコメントを予想していましたw

 

野口:

影響はあると思うが、自分のコンディションのほうが大切。改めて同じメンバーで同じ大会をしたとして、自分が同じ結果を出せるとは思えない。

 

6.ドレスデン・オリンピアード後、ご自身のチェスに対する考え方や気持は変わりましたか?

 

小島:

特に大きな変化はないですが、やはり自分はチェスから離れられないのだということは分かりました。

 

野口:

意外に、チェス以外の知り合いからの反響が大きかったので驚いた。陰で見ていてくれた方々に、今回少しいい報告が出来るので嬉しい。

 

胸を張って報告してください!

 

7.百傑に参加された方々へ、何かアドバイスでもありましたらご自由にどうぞ

 

小島:

指し回しに関してはいくらでも言いたいことはあります。むやみに弱点を作らないこと、あせって駒を交換することばかり考えず丁寧に指していくこと、相手が何をやりたいのかきちんと考えること、小さなチャンスを見逃さないこと。そしてこれらを自然に理解していくために、少しずつでもチェスとのふれあいを増やしていくのが良いでしょう。

 

野口:

12月から2月まで全くチェスをやってなくて、ちょうどチェスをやりたくなった時期に大会が重なって幸運だった。精神状態って重要だなと実感した。

 

======================================

以上です。お二人とも、どうもありがとうございました!



calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM